句 碑



幸田露伴



塩鮭のあ幾と風ふく寒さかな

中央水産試験場(北海道余市郡余市町)



里遠しいざ露と寝ん草まくら

亀谷坂(福島県二本松市)



春霞邦のへだてはなかりけり

物見塚公園(静岡県伊東市)

尾崎放哉



こんなよい月をひとりで見て寝る

須磨寺(兵庫県神戸市)



眼の前魚がとんで見せる

  島の夕陽に来て居る

土庄港緑地公園(香川県小豆郡土庄町)



咳をしても一人
  放哉

その松の木のゆふ風ふきだした
  山頭火

西光寺(香川県小豆郡土庄町)



障子あけて置く海も暮れきる



いれものがない両手でうける



翌は元日がくる仏とわたくし
   放哉

為ることはこれ松の葉を掃く
   井泉水

尾崎放哉記念館(香川県小豆郡土庄町)

大須賀乙字



木揺れなき夜の一時や霜の聲

本納寺(東京都豊島区)

中塚一碧楼



夏めく心あり水平ならば家郷のごとし

水月公園(長野県諏訪郡下諏訪町)

杉田久女



あぢさいに秋冷いたる信濃かな

城山公園(長野県松本市)



花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ



谺して山ほとゝぎすほしいまゝ

英彦山神宮(福岡県田川郡添田町)

中村汀女



落花濃し三滝のお山父母恋へば

三滝寺(広島県広島市)



秋風に向ひ投げしむ運の石

鵜戸神宮(宮崎県日南市)



とゞまればあたりにふゆる蜻蛉かな

水前寺江津湖公園(熊本県熊本市)

森澄雄



秋の淡海かすみ誰にもたよりせず

祥瑞寺(滋賀県大津市)



山門は隠元自筆鳥雲に

興福寺(長崎県長崎市)

川本臥風



すすきの葉みなす支(き)とほり月の空

船木神社(愛媛県新居浜市)



柿の実能中より光りさすごとし

済美高等学校(愛媛県松山市)