2007年静 岡

爪木崎〜水 仙〜
indexにもどる

下田の町から爪木崎へ。


昭和44年(1969年)4月1日、水原秋桜子は爪木崎を訪れている。

 十時出発。南へ下って爪木崎まで行ってみる。下田港の入口から東の方へ突き出ている岬で、水仙が多いらしく、そこで詠まれた句を沢山みているので、一度見学しておきたかったからである。しかし着いてみると、実にはげしい風で、波しぶきが霧のように立っている。結局私としづ子は車にのこり、若い三人だけが磯を歩いて帰って来た。水仙は花季をすぎたので全く見られず、木苺の花だけが咲いていた。

「日記抄」

爪木崎は水仙の群生地。


昭和50年(1975年)1月3日、高浜年尾は爪木崎へ。

   一月三日 白浜爪木崎へ行く

岬の宮茅の輪もありて初詣

岩に依り野水仙咲く岬の宮

桜貝拾ひしことも昔かな

初春の浜に遊ぶも伊豆なれや

渚行くわが足跡に初日かげ

著ぶくれし児を枯芝に遊ばする


句碑があった。


抱かねば水仙の揺れやまざるよ   眸

 昭和3年(1928年)1月6日 、岡本眸は東京に生まれる。本名曽根朝子。富安風生に師事。『朝』創刊・主宰。

平成30年(2018年)9月15日、没。

(白亜の爪木崎灯台


昭和12年(1937年)4月1日、設置。

爪木島


伊豆七島が展望できるはずだが、今日は見えない。

10q沖合に神子元島(みこもとじま)が見えるはずだが、それも見えない。

爪木崎灯台遠望


浜薊(はまあざみ)が咲いていた。


恵比寿島へ。

2007年静 岡に戻る