歌 碑


古歌碑

須佐之男命



八雲たつ出雲八重垣つまこみに八重垣つくるその八重垣を

八雲町役場(北海道二海郡八雲町)



八雲立つ出雲八重垣妻籠に八重垣つくるその八重垣を

八重垣神社(島根県松江市)

倭武尊



鳴海浦を見やれば遠し火高地にこの夕潮に渡らへむかも

天神社(愛知県名古屋市)

仁徳天皇



高き屋にのぼりて見れば煙立つ民の竃はにぎはひにけり

氷室神社(奈良県奈良市)

小野小町



みるめ刈る海人の往来の湊路に勿来の関もわが据なくに

勿来の関(福島県いわき市)



あやしくも慰めがたき心かな姨捨山の月もみなくに

万葉公園(長野県千曲市)

紀貫之



月影はあかず見るとも更科の山の麓になが居すな君

万葉公園(長野県千曲市)



松の音琴に調ふる山風は滝の糸をやすけて弾くらむ

布引の滝(兵庫県神戸市)



年ごろをすみし所の名にしおへば来よる浪をもあはれとぞ見る

潮明寺(徳島県鳴門市)

紀友則



東路のさやの中山なかなかになにしか人を思ひそめけむ

壬生忠岑



あづまぢのさやの中山さやかにも見えぬ雲居に世をや尽くさん

小夜の中山(静岡県掛川市)

僧正遍昭



さとはあれて人はふりにしやどなれや庭もまがきも秋ののらなる

石上神宮(奈良県天理市)

源重之



いづる湯のわくに懸れる白糸はくる人絶えぬものにぞありける

薬師堂(長野県松本市)

和泉式部



秋風はすこし吹くとも葛の葉のうらみがほにはみへじとぞおもふ

信太森葛葉稲荷神社(大阪府和泉市)

赤染衛門



賤の男のたねほすといふ春の田を作りますだの神にまかせん

真清田神社(愛知県一宮市)

紫式部



ふるさとに帰る山路のそれならば心やゆくとゆきも見てまし

蔵の辻(福井県越前市)



春なれどしらねのみゆきいやつもりとくべきほどのいつとなきかな



こゝにかく日野の杉むら埋む雪小塩の松にけふやまがへる



身のうさは心のうちにしたひきていま九重に思ひみだるゝ

紫式部公園(福井県越前市)



三尾の海に網引く民のてまもなく立ち居につけて都恋しも

白鬚神社(滋賀県高島市)

藤原俊成


いかなれや雲間も見えぬ五月雨にさらし添らむ布引の滝

布引の滝(兵庫県神戸市)

源義家


陸奥国にまかりける時、勿来の関にて花の散りければよめる。

吹く風をなこその関と思へども道もせに散る山桜かな

『千載集』

勿来の関(福島県いわき市)

能因法師



ゆふされは汐風越て陸奥の野田の玉河千鳥なくなり

野田の玉川(宮城県塩竈市)



都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関

白河の関(福島県白河市)

藤原定家



来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くやもしほの身もこがれつつ

小倉百人一首文芸苑(京都府京都市)



布引の滝のしらいとなつくれは絶えすそ人の山ちたつぬる

布引の滝(兵庫県神戸市)

藤原家隆



ふるさとに聞きしあらしの声もにず忘れね人をさやの中山

小夜の中山(静岡県掛川市)



風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける

小倉百人一首文芸苑(京都府京都市)



幾世とも知られぬものは白雲の上より落つる布引の滝

布引の滝(兵庫県神戸市)

源実朝

武士の矢並みつくろふ籠手の上に霰たばしる那須の篠原



玉藻稲荷神社(栃木県那須郡黒羽町)

山はさけうみはあせなむ世なりとも君ふた心わがあらめやも



白旗神社(神奈川県鎌倉市)



箱根路をわが越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄る見ゆ

十国峠(静岡県田方郡函南町)



箱根路をわが越えくれば伊豆の海や沖の小島に波の寄る見ゆ

初島(静岡県熱海市)



都より巽にあたり出湯あり名はあづま路の熱海といふ

湯前神社(静岡県熱海市)



世の中はつねにもがもな渚こぐあまの小舟の綱手かなしも

小倉百人一首文芸苑(京都府京都市)

阿仏尼



雲かかるさやの中山越えぬとは都に告げよ有明の月

小夜の中山(静岡県掛川市)



かりの世のゆきゝとみるもはかなしや身をうき舟の浮き橋にして

墨俣一夜城(岐阜県大垣市)

詠み人知らず


千早振る香椎のみやの綾杉は神のみそぎにたてる也けり

香椎宮(福岡県福岡市)

古歌碑


便りあらばいかで都につけやらむ今日白川の関はこえぬと
   平兼盛

都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関
   能因法師

秋風に草木の露をはらわせて君がこゆれば関守もなし
   梶原影季

白河関跡(福島県白河市)

歌 碑に戻る