歌 碑


古歌碑

須佐之男命



八雲たつ出雲八重垣つまこみに八重垣つくるその八重垣を

八雲町役場(北海道二海郡八雲町)



八雲立つ出雲八重垣妻籠に八重垣つくるその八重垣を

八重垣神社(島根県松江市)

倭武尊



鳴海浦を見やれば遠し火高地にこの夕潮に渡らへむかも

天神社(愛知県名古屋市)

仁徳天皇



高き屋にのぼりて見れば煙立つ民の竃はにぎはひにけり

氷室神社(奈良県奈良市)

行基菩薩



山鳥のほろほろとなく声きけば父かとぞ思ふ母かとぞ思ふ

昆陽寺(兵庫県伊丹市)

僧正遍昭



さとはあれて人はふりにしやどなれや庭もまがきも秋ののらなる

石上神宮(奈良県天理市)

在原行平



我世をは今日か明日かと待つ甲斐の涙の滝といつれ高けむ



こきちらすたきのしら玉拾ひおきて世のうきときのなみだにぞかる

布引の滝(兵庫県神戸市)



わくらばに問ふ人あらば須磨の浦に藻塩たれつつわぶと答へよ

立ち別れいなばの山の峰に生ふるまつとし聞かば今帰り求む

須磨海浜公園(兵庫県神戸市)

在原業平



ぬきみたる人こそあるらし白たまのまなくもちるかそての狭きに

布引の滝(兵庫県神戸市)

小野小町



みるめ刈る海人の往来の湊路に勿来の関もわが据なくに

勿来の関(福島県いわき市)



あやしくも慰めがたき心かな姨捨山の月もみなくに

万葉公園(長野県千曲市)

紀貫之



月影はあかず見るとも更科の山の麓になが居すな君

万葉公園(長野県千曲市)



逢坂の関のしみずに影みえていまやひくらん望月の駒

関蝉丸神社(滋賀県大津市)



松の音琴に調ふる山風は滝の糸をやすけて弾くらむ

布引の滝(兵庫県神戸市)



年ごろをすみし所の名にしおへば来よる浪をもあはれとぞ見る

潮明寺(徳島県鳴門市)

紀友則



東路のさやの中山なかなかになにしか人を思ひそめけむ

壬生忠岑



あづまぢのさやの中山さやかにも見えぬ雲居に世をや尽くさん

小夜の中山(静岡県掛川市)

菅原道真



海ならすたゝよふ水のそこまても清きこゝろを月そ照らさむ

種田天満宮(岩手県花巻市)



東風吹かば匂おこせよ梅の花主なしとて春な忘れそ

綱敷天満宮(兵庫県神戸市)



東風吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ

津田天満神社御旅所(兵庫県姫路市)



海ならずたたへる水の底までにきよき心は月ぞてらさむ

古熊神社(山口県山口市)



つくしにも紫生ふる野辺はあれどなき名悲しむ人ぞ聞えぬ

紫駅(福岡県筑紫野市)

東 歌


をぐろ崎みつの小島の人ならば都のつとにいざといはましを

美豆の小島(宮城県大崎市)

読人知らず


もがみがはのぼればくだるいなふねのいなにはあらずこのつきばかり

日和山公園(山形県酒田市)

讀人しらず


しほの山さしての磯にすむ千鳥きみかみよをはやちよとそなく

塩山駅(山梨県甲州市)

平兼盛



みちのくのあたちか原の黒塚に鬼こもれりと聞くはまことか

黒塚(福島県二本松市)

源重之



思ひやるよその村雲しぐれつつ安達の原に紅葉しぬらむ

安達ヶ原ふるさと村(福島県二本松市)



いづる湯のわくに懸れる白糸はくる人絶えぬものにぞありける

薬師堂(長野県松本市)

和泉式部



秋風はすこし吹くとも葛の葉のうらみがほにはみへじとぞおもふ

信太森葛葉稲荷神社(大阪府和泉市)

赤染衛門



賤の男のたねほすといふ春の田を作りますだの神にまかせん

真清田神社(愛知県一宮市)

紫式部



ふるさとに帰る山路のそれならば心やゆくとゆきも見てまし

蔵の辻(福井県越前市)



春なれどしらねのみゆきいやつもりとくべきほどのいつとなきかな



こゝにかく日野の杉むら埋む雪小塩の松にけふやまがへる



身のうさは心のうちにしたひきていま九重に思ひみだるゝ

紫式部公園(福井県越前市)



三尾の海に網引く民のてまもなく立ち居につけて都恋しも

白鬚神社(滋賀県高島市)

藤原俊成


いかなれや雲間も見えぬ五月雨にさらし添らむ布引の滝

布引の滝(兵庫県神戸市)

源義家


陸奥国にまかりける時、勿来の関にて花の散りければよめる。

吹く風をなこその関と思へども道もせに散る山桜かな

『千載集』

勿来の関(福島県いわき市)

慈鎮和尚


おほけなくうき世の民におほふかなわがたつ杣に墨染の袖

延暦寺(滋賀県大津市)

能因法師



ゆふされは汐風越て陸奥の野田の玉河千鳥なくなり

野田の玉川(宮城県塩竈市)



都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関

白河の関(福島県白河市)

慈 円



ゑにかきて今唐土の人に見せむ霞渡れる昆陽の松原

ふるさと小径(兵庫県伊丹市)

藤原定家



来ぬ人をまつほの浦の夕なぎに焼くやもしほの身もこがれつつ

小倉百人一首文芸苑(京都府京都市)



布引の滝のしらいとなつくれは絶えすそ人の山ちたつぬる

布引の滝(兵庫県神戸市)

藤原家隆



ふるさとに聞きしあらしの声もにず忘れね人をさやの中山

小夜の中山(静岡県掛川市)



風そよぐならの小川の夕暮れはみそぎぞ夏のしるしなりける

小倉百人一首文芸苑(京都府京都市)



たちかへりみちあるみよにあはむとやをなじこやののまつむしのこゑ

伊丹市民病院(兵庫県伊丹市)



幾世とも知られぬものは白雲の上より落つる布引の滝

布引の滝(兵庫県神戸市)

蓮生法師



甲斐が嶺ははや雪しろし神無月しぐれてこゆるさやの中山

小夜の中山(静岡県掛川市)

鴨長明



津の国のこやの芦手ぞしどろなる難波さしたるあまの住ひぞ

首切地蔵(兵庫県伊丹市)

詠み人知らず


千早振る香椎のみやの綾杉は神のみそぎにたてる也けり

香椎宮(福岡県福岡市)

古歌碑


便りあらばいかで都につけやらむ今日白川の関はこえぬと
   平兼盛

都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関
   能因法師

秋風に草木の露をはらわせて君がこゆれば関守もなし
   梶原影季

白河関跡(福島県白河市)

歌 碑


宇恵し登きち起里やしけ舞多計久満の
     松をふたたびあ飛見つ留嘉那
   藤原元良

堂希久満の松八二木越美屋古人
     い可ゞと問ハゞみ起とたたへ舞
   橘 季通

二木の松史跡公園(宮城県岩沼市)

古歌之碑


甲斐かねに咲にけらしな足引の山梨岡の山奈しの花
   能因法師

足曳の山なし岡に行く水のたえすそ君を恋わたるへき
   詠人不知

神垣の御室の山の榊葉は神の御前に茂り合ひけり
   詠人不知

山梨岡神社(山梨県笛吹市)

道元禅師御歌


峯の色溪の響もみなながら我が釋迦牟尼の聲と姿と

玄空寺(山口県下関市)

阿仏尼



雲かかるさやの中山越えぬとは都に告げよ有明の月

小夜の中山(静岡県掛川市)



かりの世のゆきゝとみるもはかなしや身をうき舟の浮き橋にして

墨俣一夜城(岐阜県大垣市)

日野資朝


秋たけし檀の梢吹く風に澤田の里は紅葉しにけり

妙宣寺(新潟県佐渡市)

後醍醐天皇


命あれば昆陽の軒端の月も見つ又いかならんゆく末の空

昆陽寺(兵庫県伊丹市)

飛鳥井曽衣


かきま久禮うらみて帰る浜千鳥眞砂の数や涙なるらん

久礼八幡宮(兵庫県伊丹市)

細川幽斎


いにしへに誰か言ひけん桜島つくしの海に富土をうつして

古里公園(鹿児島県鹿児島市)

清水宗治


浮世をば今こそ渡れ武士の名を高松の苔に残して

高松城跡(岡山県岡山市)

松平定信



   白川の関のあととふていきしおりの歌のうちに

関もあらは冬の日さしをととめ置きてふりしむかしのあとやとはまし

山ち行てふりさけみれは関の海や打ちよする波は只まつのかせ

関山満願寺(福島県白川市)

戸田茂睡



哀れとは夕越えて行く人も見よ待乳の山に残す言の葉

待乳山聖天(東京都台東区)



あはれおもへむかしの秋のそれならてしきたつ沢にのこすわか名を

鴫立庵(神奈川県中郡大磯町)

本居宣長



敷島の大和心を人問はゞ朝日ににほふ山桜花

高野山(和歌山県伊都郡高野町)

平田篤胤


寅吉が山にし入らば幽世(かくりよ)の知らえぬ道を誰にか問はむ
いく度も千里の山よありかよひ言(こと)をしへてよ寅吉の子や
神習ふわが万齢(よろづよ)を祈りたべと山人たちに言伝(ことづて)をせよ
万齢を祈り給はむ礼代(いやしろ)は我が身のほどに月ごとにせむ
神の道に惜しくこそあれ然(さ)もなくばさしも命のをしけくもなし

愛宕神社(茨城県笠間市)

井伊直弼



あふみの海磯うつ波のいく度か御世にこころをくだきぬるかな

彦根城(滋賀県彦根市)

吉田松陰



身ハたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも留置まし大和魂

十思公園(東京都中央区)



親思ふこゝろにまさる親こゝろけふの音つれ何ときくらん

松陰神社(山口県萩市)



帰らしと思ひさためし旅なれはひとしほぬるゝ涙松かな

涙松遺跡(山口県萩市)

坂本龍馬


君がため捨つる命は惜しまねど心にかかる国の行く末

由利公正宅跡(福井県福井市)

高杉晋作(東行)の歌碑


おくれてもおくれても又君たちに誓ひしことをあに忘れめや

東行庵(山口県下関市)

歌 碑に戻る