2018年山 口

玄空寺〜碑巡り〜
indexにもどる

安岡八幡宮から玄空寺まで歩く

。 玄空寺の石段


左手の参道に「道元禅師御歌」の碑があった。


峯の色溪の響もみなながら我が釋迦牟尼の聲と姿と

平成17年(2005年)9月、参道竣工記念に建立。

玄空寺本堂


曹洞宗の寺である。

本堂手前の植え込みに波多雲遊の句碑があった。


雲水の米櫃ひろき青田かな

 明治7年(1874年)9月9日、雲遊は生まれる。本名道隆。玄空寺二十一代住職。

 明治39年(1906年)6月、寒梅吟社二世宗匠となる。

 明治42年(1908年)3月、庭園修築を記念して芭蕉の句碑を建立。

 大正7年(1918年)、玄空寺を去る時に弟子等が雲遊の句碑を建立。

 昭和33年(1958年)1月23日、85歳で没。

本堂の裏に芭蕉の句碑があった。


古池や蛙飛こむ水のをと

出典は『蛙合』(仙化編)。

貞亨3年(1686年)春、深川芭蕉庵で詠まれた句。

芭蕉43歳の時である。

本堂の裏の庭園


池がある。

2018年山 口に戻る