歌 碑


晶子歌碑  ・ 牧水歌碑  ・ 茂吉歌碑  ・ 『万葉集』  ・ 古歌碑

尾上柴舟



つけすてし野火のけむりのあかあかとみえゆくころぞ山はかなしき

物見塚公園(静岡県伊東市)



生ぬくきにほひみたせて山さくら咲ききはめれは雨よふらしも

鶴山公園(岡山県津山市)



わかことくこえなつみつゝ人やありしふみすへしたり山かけのくさ

三滝寺(広島県広島市)

与謝野鉄幹



その奥に谷川岳の雪ひかり半ば若葉に隠れたる橋

湯桧曽温泉(群馬県利根郡みなかみ町)



磯寺の竹の林を通す雨しづかに聞けばまじる浪音

宝専寺(静岡県伊東市)



朝の富士晴れて雲無し何者か大いなる手に掃へるごとし

ふるさとを偲ぶ散歩道(福井県越前市)



松山の渓を埋むるあさ霧にわが立つ城の四方しろくなる

備中松山城(岡山県高梁市)



ほの白く木山の城の石垣のたそがれそめて秋風ぞふく

人吉温泉(熊本県人吉市)

山川登美子



髪なかき少女とうまれしろ百合に額は伏せつゝ君をこそ思へ



いく尋のなみはほをこすくもにゑみ北國人とうたはれにけり

小浜公園(福井県小浜市)

九條武子



たぎつ波ましろう白う岩にちる神居古潭のくもれる真昼

神居古譚(北海道旭川市)



おほいなるものゝちからにひかれゆくわかあしあとのおほつかなしや

本願寺富山別院(富山県富山市)

土屋文明



青き上に榛名を永久の幻に出でて歸らぬ我のみにあらじ

土屋文明記念文学館(群馬県高崎市)

島木赤彦



伊豆の湯に男女ら共に浴めり山深く来て疑ふものなし

船原温泉(静岡県伊豆市)



土肥の海漕出てゝ見れは白雲を天に懸けたり不二の高根は

松原公園(静岡県伊豆市)



いさゝかの水にうつろふ夕映に菜洗ふ手もと明るみにけり

塩尻歌碑公園(長野県塩尻市)



高槻の木末にありて頬白のさへつる春となりにけるかも

津島神社(長野県諏訪郡下諏訪町)



水海之冰者等計而尚寒志三日月乃影波爾映呂布

富士見公園(長野県諏訪郡富士見町)



虫まれに月も曇れるほのやみの野路をたどる吾が影もあやに
いにしへの事を思ひつゝさび家を暗き林をかへりみるかも
家作りものものしきを煤さびて蚕飼に暗し世の移りかも

太田水穂生家跡(長野県塩尻市)

高村光太郎



黒潮は親潮をうつ親潮はさ霧をたてゝ船にせまれり

御崎園地(宮城県気仙沼市)

窪田空穂の歌碑



下野の高原山に月澄めりゆくりなくしも心かなしき

川治温泉(栃木県塩谷郡藤原町)



老の眼に観る日のありぬ別所なる唐風八角三重塔

安楽寺(長野県上田市)



あき空の日に照るみとりにほひ出て見まはす四方にあふれなむとす

塩尻歌碑公園(長野県塩尻市)

太田水穂の歌碑



命ひとつ露にまみれて野をそゆくはてなきものを追ふことくにも

塩尻歌碑公園(長野県塩尻市)

太田水穂・五郎・青丘の歌碑


たゝかひは何處にありし山川やかく静けくて雲を遊はす
   水穂

乗鞍の雪を染めゐし朝茜まぶしき光今も身に添う
   五郎

ふもとに村家々にわらへのあることを夕日の丘に佇ちておもへり
   青丘

太田水穂生家跡(長野県塩尻市)

女流三歌人の歌碑


鉢伏の山を大きく野にすゑて秋年々のつゆくさの花
   四賀光子

春鳥のいかるかの声うらかなし芽ふきけふらふ木立の中に
   若山喜志子

いく重やまみやまの奥の山ざくら松にまじりて咲きいでにけり
   潮みどり

塩尻歌碑公園(長野県塩尻市)

長塚節の歌碑



手を当てゝ鐘はたふとき冷たさに爪叩き聴くそのかそけきを

観世音寺(福岡県太宰府市)



霧島に馬の蹄にたててゆく埃のなかに遠ぞきにけり

大塚原公園(宮崎県小林市)

会津八一の歌碑



かぎりなきみそらのはてをゆくゝものいかにかなしきこゝろなるらむ

山田温泉(長野県上高井郡高山村)



ちとせあまりみたひめくれるももとせをひとひのことくたてるこのたふ

法隆寺(奈良県生駒郡斑鳩町)

山崎斌の歌碑



筑紫なる遠の御門の趾どころかんぜおん寺の鐘けさも鳴る

観世音寺(福岡県太宰府市)

大悟法利雄の歌碑



み社を箭山をうつすこの池にめばえたるわが歌ごころとも

薦神社(大分県中津市)