2018年奈 良

氷室神社〜仁徳天皇の歌碑〜
indexにもどる

奈良市春日野町に氷室神社(HP)がある。

四脚門


四脚門の手前左手に大伴家持の歌碑があった。


   うらうらに
照れる春日にひばり
      あがり情悲
   しもひとりし
      おもへば

『万葉集』(巻十九)に収録の歌。

平成14年(2002年)4月、奈良市に万葉歌碑を建てる会建立。

本殿の右手に仁徳天皇の歌碑があった。


      高き屋に
   のほりて見れは
煙立つ民の竈ハ
   にきはひにけり

『新古今和歌集』(巻第七 賀歌)に収録の歌。

 藤原時平の歌に「高殿に上りて見れば天の下四方に開りて今ぞ富みぬる」がある。

平成8年(1996年)9月、寺島富郷・キヨコ奉献。

昭和37年(1962年)、高野素十は氷室神社を訪れている。

   奈良、氷室神社 二句

打ち重ね打ち重ねたる浮葉かな

円座つみ重ねてありし暮春かな

『芹』

2018年奈 良