句 碑


秋桜子

秋桜子ゆかりの地 ・ 秋桜子の句



葛しげる霧のいづこぞ然別

然別湖(北海道河東郡鹿追町)



水漬きつゝ新樹の楊ましろなり

五色沼(福島県耶麻郡北塩原村)



わだなかや鵜の鳥むるゝ島二つ
天霧らひ男峰は立てり望の夜を
いづみわく女峰の萱の小春かな
国原や野火の走り火よもすから
(こ)の宮居端山霞に立てり見ゆ

筑波山神社(茨城県つくば市)



人と村同し名もてりすみれ咲く

石橋小学校(栃木県下野市)



礎はゆるがず雲雀あがりけり



花の下にやまひを救ふ手を組まむ



生誕の夜の寒星を仰くへし

独協医科大学(栃木県下都賀郡壬生町)



啄木鳥や落葉をいそく牧の木々

句碑の道(群馬県前橋市)



簗のうへ峠の雷のとゝろける

磯部温泉(群馬県安中市)



胸像は永久に日本の秋日和

西の河原公園(群馬県吾妻郡草津町)



草紅葉草加煎餅を干しにけり

百代橋(埼玉県草加市)



むさし野の空真青なる落葉かな

観音寺(埼玉県飯能市)



木々ぬらし石うかちつひに春の海

帝釈天(東京都葛飾区)



羽子板や子はまぼろしのすみだ川

隅田公園(東京都台東区)



胸像をぬらす日本の花の雨

東京大学医学部(東京都文京区)



木々ぬらし石うかちつひに春の海

長命寺(東京都練馬区)



初日さす松はむさし野にのこる松

根川緑道(東京都立川市)


 

冬菊のまとふはおのかひかりのみ
 
遠世よりつたへしわさをまつる秋

名綱神社(東京都八王子市)



梨咲くと葛飾の野はとのぐもり

真間山弘法寺(千葉県市川市)



柴漬や古利根けふの日を沈む

甚兵衛橋(千葉県印旛郡栄町)



巌毎に怒濤をあけぬ春の
虹立つや雨雲ひくき波の列
鶺鴒も千鳥も飛ふよ初あらし
冬凪きて岩壁映ゆる夕焼雲

仁右衛門島(千葉県鴨川市)



ほとゝぎす朝は童女も草を負う

頼朝の井戸(静岡県裾野市)



磯魚の笠子もあかし山椿

城ヶ崎海岸(静岡県伊東市)



いまみしを月下の石蕗(つわ)に時雨来る

いしかわ四高記念公園(石川県金沢市)



流水や落鮎しげきあらしあと

平岩橋(石川県加賀市)



菊にほふ国に大医の名をとゝむ

西明寺(愛知県豊川市)



ひくらしやここにいませし茶の聖

高山寺(京都府京都市)



滝落ちて群青世界とどろけり

青岸渡寺(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)



渦群れて暮春海景あらたまる

孫埼灯台(徳島県鳴門市)



石橋にあつまる橋のみなすゝし

鳴門市ドイツ館(徳島県鳴門市)



かけわたす学ひの橋そ春乃虹

徳島大学医学部(徳島県徳島市)



ものゝふのほまれの岩に鯊ひとつ

与一公園(香川県高松市)



茶ところときかねと新茶たくひなし

大水上神社(香川県三豊市)



樗咲けり古郷波郷の邑かすむ

出合橋(愛媛県松山市)



岩は皆渦潮白し十三夜

足摺岬(高知県土佐清水市)



醫学こゝに興りて高し棕梠の花

長崎大学医学部(長崎県長崎市)



薔薇の坂にきくは浦上の鐘ならすや

長崎原爆資料館(長崎県長崎市)



天国の夕日を見ずや地は枯れても

西坂公園(長崎県長崎市)



走り梅雨水聲町をつらぬける

武家屋敷(長崎県島原市)



高千穂の霧来てひゝく鵯のこゑ

霧島高原乗馬クラブ(鹿児島県霧島市)



火の山を負い立つ碑なり草紅葉

古里公園(鹿児島県鹿児島市)



さくら島とどろき噴けり旧端午

なぎさ遊歩道(鹿児島県鹿児島市)



かつを船来そめ坊の津の春深し

坊津支所(鹿児島県南さつま市)

その他の句碑