秋桜子の句碑


〜筑波山神社〜

筑波山から筑波山神社に戻る。

筑波山縁起の碑があった。


単なる「筑波山縁起」の碑だと思ったら、水原秋桜子の連句碑だった。

筑波山縁起

わだなかや鵜の鳥むるゝ島二つ

天霧らひ男峰は立てり望の夜を

いづみわく女峰の萱の小春かな

国原や野火の走り火よもすから

(こ)の宮居端山霞に立てり見ゆ

昭和54年11月喜雨道人時歳八十又八

喜雨道人は水原秋桜子のこと。昭和54年(1979年)11月で、数え年88歳。

 昭和2年(1927年)11月、水原秋桜子は筑波山神社を訪ね、神社の「筑波山縁起」をみて五連句俳句を詠んだそうだ。

 昭和3年(1928年)、『破魔弓』を『馬酔木』に改題。

 昭和4年(1929年)、『ホトトギス』同人。

 昭和5年(1930年)、『葛飾』刊行。

 昭和56年(1981年)7月17日、水原秋桜子は満88歳で亡くなる。

 昭和63年(1988年)4月24日、しづ未亡人と句碑建設委員会約250名余りの参列のもと除幕式が行われた。

『秋桜子句碑順礼』(久野治著)によれば100番目の句碑である。

伝正寺温泉へ。

秋桜子の句碑に戻る