俳 人

千代尼
indexにもどる

各務支考仙石廬元坊の門人。素園。

 元禄16年(1703年)、加賀国松任町の表具屋福増屋六左衛門の女として生まれる。

 享保4年(1719年)8月24日、支考は福増屋に千代女を訪れた。

 享保6年(1721年)、露川は門人燕説を伴って北越地方を行脚。

池の雪鴨あそべ迚明てあり


 享保6年(1721年)18歳の頃、結婚。

 享保7年(1722年)、夫と子に死別、実家に帰ったといわれている。

   子をうしなひて

蜻蛉釣りけふはどこ迄行た事か


   我子を失ひける時

蜻蛉釣けふハ何處まていつたやら

増補加賀千代尼發句集』

 享保10年(1725年)、京の東本願寺に参詣。伊勢の中川乙由を訪ね入門。

   対加陽千代女
  麦林
国の名の笠に芳ばし花の雪

とを(ほ)き日影も水ぬるむころ
   千代


 享保11年(1726年)、魯九は北陸から陸奥へ旅立つ途中、千代女を訪ねている。

   同松任 千代女を尋て

旅人に落馬なさせそ美人草
   魯九


 享保12年(1727年)4月1日、里紅は美濃から越前・加賀・能登・越中に俳諧行脚。

晝顔の行義に夜は痩にけり
   千代女

 瓜の盛を兒の里をり
   里紅

繕りも大工の下手に長ひきて
   若推


 享保17年(1732年)30歳の時、京都で中川乙由に逢う。

   加賀の千代女に洛にめぐり逢て

九重を一重で歩行(ありく)小百合かな


延享2年(1745年)、麦林七回忌。

淋しさは聞人にこそかんこどり


 延享3年(1746年)6月、凉袋は金沢から伊勢に赴く途中千代女を訪ねた。

松任の里なるちよ女を問ふ。風雅の妙所はいまさら云はじ、市中に婦人の産をわすれざるを感じて、

染かへて住ぬはふかし紅畑
    都因

   御あいさつに、

松はなしあふぎの風をひゞく迄
    ちよ

 寛延2年(1749年)、幾暁は千代女を訪ねた。

   千代婦に対して

風も月もほそき扇に任せけり
   幾暁


 寛延3年(1750年)6月12日、麦浪は小松を出て松任の千代女を訪ねた。

水無月十二日は小松を出て松任に至る。千代女を訪ふに其日は他にあり、机上の硯をたづねて

夕顔やもの読捨た留守の窓
   麦浪

麦浪の旅館を訪ねて

雲の峰見上げて近ふなりにけり
   千代女

『夏の白根』

 宝暦3年(1753年)10月、三井親和の書で梅輦は梅斧と「芭蕉塚」を建立。

蕣やおのが蔓かと蔦に咲

『千ひろの陰』

 宝暦4年(1754年)10月、出家して素園と号した。

   尼になりし時

髪を結ふ手の隙明て巨(炬)燵哉


既白は素園尼を訪ねている。

   冬日素園尼を訪て

水仙やものにそまらぬはなごゝろ
   既白

 見え透まゝに冬の枝折戸
   素園尼

よめかねる事を使に問あてゝ
   ゝ


 宝暦9年(1759年)、既白の奥羽行脚を送る。

既白法師あづまのかたへおもむき給ふをことふきて、

若草や帰り路はその花に待
   素園

 宝暦10年(1760年)9月、千代尼は越中井波御坊の親鸞上人五百回忌法要に参詣。

 宝暦12年(1762年)、千代尼は吉崎御坊に参詣。

   けふといふけふはじめてよし崎の御忌に詣
   でける有かたさのあまりまづ御場よりはい
   したてまつりて

うつむいた所が台やすみれ草

 宝暦13年(1763年)8月、61歳まで詠んできた句の中から21句を厳選して幕府に納めた。



 明和元年(1764年)、『千代尼句集』(既白編)刊。藤松因序・半化闌更跋。

 明和6年(1769年)4月15日、田中千梅は江戸深川で没。享年84歳。千代尼は追悼の句を寄せている。

   いたみ
加賀松任
かなしからんその夏の日のゆきあたり
  千代尼

『なつぼうず』

 明和8年(1771年)、加舎白雄は北陸行脚の途上、加賀の千代尼を訪れている。

其名芳しき千代尼を訪ふ。長途いたわりもてなしせき也。殊さら病中のもどかしかりけんと思ふものから

、    薬はさまし心づくしを蚊遣り種


明和8年(1771年)、俳諧松の聲』(既白編)序。

安永4年(1775年)9月8日、73歳で没。

素園尼の身まかり給ひける行年に、任口上人の月をめでて七十三と老襄の吟を思ひ出て、

月をめでて花を見つくし七十三   康工

『津守船(初編)

金沢の専光寺に遺骨を納める。

 天明2年(1782年)、田上菊舎は千代尼の跡を訪ねている。

松任なる千代尼の跡を訪ふに、白烏といへるぬし出逢て、千代尼在世の事抔物語一夜舎りぬ。

   花見せる心にそよげ夏木立

   破れし蚊帳に移る月影   白烏


 寛政11年(1799年)、二十五回忌に千代尼塚建立。



辞世 月も見て我はこの世をかしく哉 千代尼塚

 文化8年(1811年)、金沢の念西寺に千代尼塚建立。



 文化12年(1815年)、千代尼塚標石建立。



千代尼塚在此境内

百なりやつるひとすじの心より

埼玉県本庄市の本庄市立図書館の標柱に加賀千代女の句が刻まれている。



朝顔に釣瓶とられて貰ひ水

石川県白山市の松任ふるさと館に千代女の句碑がある。


   

朝顔やつるへとられてもらひ水
   
紫陽花に雫あつめて朝日かな

白山市立松任博物館に千代女の句碑がある。


梅咲くや何が降っても春ははる

白山市の「蓮如の松」にある道標に千代尼の句が刻まれている。


うら道のよきことふたつ清水かな

愛知県犬山市の尾張冨士大宮浅間神社に千代女の句碑がある。



朝顔につるべとられてもらひ水

大阪府吹田市の千里南公園に千代女の句碑がある。



あさがほに釣瓶とられてもらひ水

千代尼の句

けふはかり背高からはや煤拂ひ


雪のある松に聞すな風の音


涼風やたもとにしめて寝入まて


松の葉もよみ尽すほど涼けり


三吉野や与所の春程かへり花


十六夜や今あそこにて見える雁


夜に入そうな雲雀哉


眼をふさぐ道もわすれて山ざくら


初しくれ水にしむほと降にけり


ころぶ人を笑ふて転ぶ雪見哉


落鮎や日に日に水のおそろしき


初しくれ京にはぬれす瀬田の橋


水仙やよくよく冬にうまれつき


落鮎や日に日に水のおそろしき

秋立やきのふのむかし有のまゝ


似た事の三つよつはなし小六月


このページのトップに戻る

俳 人に戻る