小林一茶



『おらが春』

文政2年(1819年)元旦から歳末まで、長女さとの死を中心に記している。

 嘉永5年(1852年)春、中野の白井一之が出板。飄隠居逸淵序。瓢界四山人・惺庵西馬跋。

白井一之は中野の人。白井彦兵衛正規。明治17年、64歳で没。

飄隠居逸淵は上州高崎の人。川村碩布門。

瓢界四山人は出雲国母里藩主。名は直興。俳諧を田川鳳朗に学ぶ。

惺庵西馬は高崎出身、春秋庵久米逸淵の高弟。

 こたび同国の一之、家に伝へし坊が遺稿をその儘上木して、追慕のこゝろざしを尽す。予も亦旧知己をわすれず、坊が命終の年、柏原の旧里を訪ひて往時をかたるに、あるひ(い)は泣、あるひ(い)はわらひてわかれぬ。其俤まぼろしに見えて、扨こそこの集の序者にたてるも、これ又因縁によれるべらし。

   嘉永壬子春涅槃日

東都 飄隠居逸淵

 それとはいさゝか替りて、おのれらは、俗塵に埋れて世渡る境界ながら、鶴亀にたぐへての祝尽しも、厄払ひの口上めきてそらぞらしく思ふからに、から風の吹けばとぶ屑家は、くづ屋のあるべきやうに、門松立てず煤はかず、雪の山路の曲り形(な)りに、ことしの春もあなた任せになんむかへける。

目出度さもちう位也おらが春
   一茶

   こぞの五月生れたる娘に一人前の雑煮膳を据
   (ゑ)

這へ笑へ二つになるぞ今朝からは

み仏や寝ておはしても花と銭
   一茶

雀の子そこのけそこのけ御馬が通る
   ゝ

   島原

入口のあいそになびく柳かな
   ゝ

   人形町

人形に茶をはこばせて門涼み
   ゝ

一つ蚊のだまつてしくりしくりかな
   ゝ

   独楽坊

寝所見る程は卯花明りかな
   ゝ

法の山蛇もうき世を捨衣
   ゝ

   童唄

三度掻て蜻蛉とまるや夏座敷   希杖

   田中川原如意湯に昼浴みして

なほ[を]暑し今来た山を寝てみれば
   一茶

 わが友魚淵といふ人の所に、天が下にたぐひなき牡丹咲きたりとて、いひつぎ、きゝ伝へて、界隈はさら也、よそ国の人も、足を労して、わざわざ見に来るもの、日々多かりき。おのれもけふ通がけに立より侍りけるに、五間ばかりに花園をしつらひ、雨覆ひの蔀など今様めかしてりゝしく、しろ・紅ゐ・紫、はなのさま透間もなく開き揃ひたり。其中に黒と黄なるは、いひしに違はず、目をおどろかす程めづらしく妙なるが、心をしづめてふたゝび花のありさまを思ふに、ばさばさとして、何となく見すぼらしく、外の花にたくらぶれば、今を盛りのたをやめの側に、むなしき屍を粧ひ立て、並べおきたるやうにて、さらさら色つやなし。是主人のわざくれに紙もて作りて、葉がくれにくゝりつけて、人を化すにぞありける。 されど腰かけ台の価をむさぼるためにもあらで、たゞ日々の群集(ぐんじゆ)に酒・茶つひやしてたのしむ主の心、おもひやられてしきりにをかしくなん。

紙屑もぼたん顏ぞよ葉がくれに
   一茶

 此もの、諸越の仙人に飛行自在の術ををしへ、我朝天王寺には大たゝ(か)ひに、ゆゝしき武名を殘しき。それは昔々のことにして、今此治れる御代に隨ひ、ともに和らぎつゝ、夏の夕暮せどに莚を廣げて、「福よ福よ。」と呼べば、やがて隅の藪よりのさのさ這ひよりて、人と同じく凉む、其つら魂ひ一句いひたげにぞありける、さる物から長嘯子の蟲合に、歌の判者にゑ[え]らまれしは、汝が生涯のほまれなるべし。

[い]うぜんとして山を見る蛙哉
   一茶

鶯にまかり出たよ引蟾
   其角

 しなのゝ国墨坂といふ所に、中村なにがしといふ医師(くすし)ありけり、其父のわざくれに、蛇のつるみたるを打殺したりけるが、其夜かくれ所のものづきづき痛み出して、つひにくされて、ころりとおちて死けるとかや。

魚どもや桶ともしらで門凉み
   一茶

彼岸の蚊釈迦のまねして喰れけり
   大江丸

   浅間山

昼顔やぽつぽつと燃る石ころへ
   一茶

   江戸住居

青草も錢だけそよぐ門凉
   ゝ

なでしこに二文が水を浴せけり
   ゝ

   小金原

母馬が番して呑ます清水哉
   一茶

   茂林寺

蝶々のふはりと飛んだ茶釜かな
   一茶

 我又さの通り、梅の魁(さきがけ)に生れながら、茨の遲生へ(え)に地をせばめられつゝ、鬼ばゝ山の山おろしに吹折れ吹折れて、晴れ晴れしき世界に芽を出す日は一日もなく、ことし五十七年、露の玉の緒の今まで切れざるもふしぎ也。しかるに、おのれが不運を科(とが)なき草木に及すことの不便也けり。

なでしこやまゝはゝ木々の日陰花
   一茶
  山崎
子ばかりの蒲団に芦の穂綿哉
   宗鑑

 「親のない子はどこでも知れる。爪を咥へて門に立。」と子どもらに唄はるゝも心細く、大かたの人交りもせずして、うらの畠に木・萱など積たる片陰に跼(かがま)りて、長の日をくらしぬ、我身ながらも哀也けり。

   六才
我と来て遊べや親のない雀
   弥太

其うちばかり母は正月と思ひ、飯焚そこら掃きかたづけて、団扇ひらひら汗をさまして、閨に泣声のするを目の覚る相図とさだめ、手かしこく抱き起して、うらの畠に尿やりて、乳房あてがえ(へ)ば、すはすは吸ひながら、むな板のあたりをうちたゝきて、にこにこ笑ひ顏を作るに、母は長々胎内のくるしびも、日々襁褓の穢らしきも、ほとほと忘れて、衣のうらの玉を得たるやうに、なでさすりて、一入よろこぶありさまなりけらし。

蚤の跡かぞへながらに添乳哉
   一茶

 よりより思ひ寄せたる小児をも、遊び連にもと爰に集ぬ。

   小児の行末を祝して

たのもしやてんつるてんの初袷
   ゝ

名月を取てくれろとなく子哉
   ゝ

あゝ立たひとり立たることし哉
   貞徳

子にあくと申人には花もなし
   芭蕉

折とても花の木の間のせがれ哉
   其角

   はしとり初たる日

鵙鳴や赤子の頬をすふ時に
   同

 所有(あらゆる)畜類是世々親族ナリとなん。親をしたひ、子を慈む情、何ぞへだてのあるべきや。

人の親の烏追けり雀の子
   鬼貫

夏山や子にあらはれて鹿の鳴
   五明

 樂しみ極りて愁ひ起るは、うき世のならひなれど、いまだたのしびも半ならざる、千代の小松の、二葉ばかりの笑ひ盛りなる緑り子を、寝耳に水のおし來るごとき、あらあらしき痘(いも)の神に見込れつゝ、今水膿のさなかなれば、やをら咲ける初花の泥雨にしを(ほ)れたるに等しく、側に見る目さへくるしげにぞありける。 是も二三日經たれば、痘はかせぐちにて、雪解の峽土(かいつち)のほろほろ落るやうに瘡蓋(かさぶた)といふもの取れば、祝ひはやして、さん俵法師(だらぼうし)といふを作りて、笹湯浴せる眞似かたして、神は送り出したれど、益々よわ(は)りて、きのふよりけふは頼みすくなく、 終に六月二十一日の蕣(あさがお)の花と共に、此世をしぼみぬ。母は死顏にすがりてよゝよゝと泣もむべなるかな。 この期に及んでは、行(ゆく)水のふたゝび歸らず、散る花の梢にもどらぬくい(ひ)事などゝ、あきらめ顏しても、思ひ切がたきは恩愛のきづな也けり。

露の世はつゆの世ながらさりながら
   一茶

 去四月十六日、みちのくにまからんと、善光寺迄歩みけるを、さはる事ありて止みぬるも、かゝる不幸あらんとて、道祖神のとゞめ給ふならん。

   子におくれたるころ

似た顔もあらば出て見ん一踊
   落梧

   母におくれたる子の哀さに

(を)さな子やひとり飯くふ秋の暮
   尚白

   娘を葬りける夜

夜の鶴土に蒲団も着せられず
   其角

   孫娘におくれて、三月三日野外に遊ぶ

宿を出て雛忘れば桃の花
   猿雖

   娘身まかりけるに

十六夜や我身にしれと月の欠
   杉風

   子をうしなひて
  かが
蜻蛉釣りけふはどこ迄行た事か
   千代

 紫の里近きあたり、とある門に炭団程なる黒き巣鳥をとりて、籠伏せして有けるに、其夜親鳥らしく、夜すがら其家の上に鳴ける哀さに

子を思ふ闇やかはゆいかはゆいと

   声を鳥の鳴あかすらん
   一茶

 おのれ住る郷は、おく信濃黒姫山のだらだら下りの小隅なれば、雪は夏きへて、霜は秋降る物から、橘のからたちとなるのみならで、万木千草、上々国よりうつし植るに、ことごとく変じざるはなかりけり。

九輪草四五りん草で仕廻けり
   一茶

 老翁岩に腰かけて、一軸をさづくる図に、

我汝を待こと久しほとゝぎす
   ゝ

 成蹊子、こぞの冬つひに不言(ものいはぬ)人と成りしとなん。鶯笠のもとより此ころ申おこせたりしを、

つの国の何を申も枯木立
   ゝ

まかり出たるは此藪の蟇にて候
   一茶

雲を吐く口つきしたり引蟇
   ゝ

   連にはぐれて

一人通ると壁に書く秋の暮
   ゝ

   七月七日墓詣

一念仏(ひとねぶつ)申だけしく芒哉
   一茶

 立よらば大木の下とて、大家(たいけ)には貧しき者の腰をかゞめて、おはむきいふもことはりになん。爰(ここ)の諏訪宮に、大きさ牛をかくす栗の古木ありて、うち見たる所は、菓(このみ)一ツもあらざりけるに、其下をゆきゝする人、日々とり得ざるはなかりけり。

 十五夜は、高井野梨本氏にありて、

古郷の留守居も一人月見かな
   一茶

   月蝕皆既
   亥七刻右方ヨリ欠、子六刻甚ク、丑ノ五刻左終。

人数は月より先へ欠にけり
   ゝ

人の世は月もなやませ給ひけり
   ゝ

   九月十六日、正風院菊会

桑さげて神農顔や菊の花
   ゝ

   さと女笑顔して夢に見えけるまゝに

頬べたにあてなどしたる真瓜(まくわ)
   一茶

   高井野の高みに上りて

秋風や磁石にあてる古郷山
   ゝ

   東に下らんとして中途迄出たるに

椋鳥と人に呼るゝ寒かな
   ゝ

   兩國橋

寒垢離にせなかの龍の披露かな
   ゝ

   かも川をわたらじとちかひし人さへあるに、
   ひと度籠りし深山を下りて、しら髪つむりを
   吹れつゝ、名利の地に交る。

恥かしやまかり出てとる江戸のとし

其迹は子どもの声や鬼やらひ
   一茶

 坊守り、朝とく起て飯を焚ける折から、東隣の園右衛門といふ者の餅搗なれば、「例之通り来たるべし。冷てはあしかりなん。ほかほか湯けぶりの立うち賞翫せよ」といふからに、今や今やと待にまちて、飯は氷りのごとく冷へ(え)て、餅はつひに来ずなりぬ。

我門へ来さうにしたり配餅
   一茶

 如斯決定(けつじょう)しての上には、「なむあみだ仏。」といふ口の下より、欲の網をはるの野に、手長蜘の行ひして、人の目を霞め、世渡る雁のかりそめにも、我田へ水を引く盗み心をゆめゆめ持べからず、しかる時は、あながち作り声して念仏申に不及。ねがはずとも仏は守り玉ふべし、是則、当流の安心(あんじん)とは申也。穴かしこ。

五十七齡
ともかくもあなた任せのとしのくれ
   一茶

文政二年十二月廿九日

 此一巻や、しなのゝ俳諧寺一茶なるものゝ草稿にして、風調晒(洒)々落々と杜をなす。こや寸毫も晒(洒)落にあらず、しかもよく仏離(籬)祖室をうかゞひ、さる法師がつれづれもあやからず、一休・白隱は猶しかなり。手ぶりはおのれが手ぶりにして、あが翁の細みをたどり、敢て世塵を厭ず、人情またやるかたなし、悪(いづくんぞ)我此外に何をかいはむ。

嘉永四辛の亥春彼岸仲日
   瓢界四山人しるす

かの岸もさくら咲日となりにけり

  
見おろした柳見あぐる泊りかな
   梅室
  ナニハ
雪も地におかぬ往来や若夷
   鼎左
  ヲハリ
咲ぬ樹も大分見えて山ざくら
   而后
  オク
浪に手を洗ふ(う)て帰る子日かな
   舎用

老たちの出る夜となれば朧月
   多よ女

うきいでゝみゆる月夜のさくら哉
   茶山

身のぬくみ雨にうたせて帰る雁
   梅人

はる雨や人につき来る野の匂ひ
   竹煙

懸鯛のめにさへはるのひかり哉
   卓丈
  江戸
夕だちにぬれぬ処や春の雨
   四山

ひとすぢにかぎらぬ道や御忌詣
   南々

たい(ひ)らみのあれば山路も揚雲雀
  五八九



知り安(易)き人のこゝろや春の花
   一具

柴垣やほかまでもなし初霞
   由誓

まぼろしやまだ見ぬ方の花を添
   抱儀

引替て降るを庵の梅見哉
   見外

黄鳥にとゝのふ睦月ごゝろかな
   等栽

苔むせど香のたしか也磯の梅
   卓郎

遠しともせぬ海山や着衣(きそ)はじめ
   松什

ながれ来る柴にも海苔のつく日也
   万古

月と日に起ふしかはる巣鳥かな
   弘湖

はつ花のうつぶきがちに咲にけり
   半湖

   田家眺望

雉子なくやみどりをふくむ朝煙り
   梅笠

   隅田漫興

夜のはるのさかりになりぬ朧月
   西馬

   去年をゝしみことしをまつに、誰々も
   枕を忘れて、元日の夜は殊にいぎ
   たなければ

人は寝てそちがはるなり嫁が君
   逸淵



  
若水や手早にくむもあとおもひ
   葛古

はるの夜とおもふに寒し庵の月
   都久裳
  
春の水遊びがてらにながれけり
   蘭膓

永き日のみゆる机のこり哉
   梅堂

雪とけて世に憂事もなかりけり
   其秋

   老 懐

草萌もよそにのみ見てたつ日哉
   梅塵

眼にみゆる風のひかりや東窓
   一之

 惟然坊は元録(禄)の一畸人にして、一茶坊は今世の一奇人也。そが発句のをかしみは人々の口碑に残りて、世のかたり草になるといへども、たゞに俳諧の皮肉にして、此坊が本旨にはあらざるべし。中野のさと一之が家に秘めおける一巻物や、ざれ言に淋しみをふくみ、可笑みにあはれを尽して、人情・世態・無常・観想残す処なし。もし百六十年のむかしに在て、祖翁の過眼を得むには、惟然の兄とやのたまはんか、弟とや申し玉(給)はむか。

惺庵 西馬

小林一茶に戻る