加舎白雄



『文くるま』

 延享3年(1746年)7月、白井鳥酔は松阪を訪れ、呉扇の世話で一葉庵に入る。

 明和6年(1769年)4月4日、鳥酔は69歳で没。

 明和8年(1771年)秋、白雄は古慊を伴って松阪を訪れ、鳥酔の遺跡一葉庵に入る。

 明和9年(1772年)2月、『文くるま』(白雄編)。竹雨舘呉扇序。涵月楼滄波跋。春興句集。

杉の木や今春たてる神路やま
   しら尾坊

枝高く神のはつ鶏うたひけり
   古慊



   一葉庵初会
   鳥酔翁

梅が香に春さだまりぬ庵の窓

かく先師の遺章を壁にたれつゝをのをのこれにつぐ。

 朝開ひまなく雪のしたゝり
しら尾



   春興

寐過さじあまりにふかき
呉扇

うめひと木ひと木づゝあり谷の寮
滄波

梅咲てものあたらしや杉の箸
しら尾

   鶯

榛の木にうぐひす啼や真昼中
しら尾

わかな野や立出てみれば春の空
如思

ふりし世の瓦を出る若菜哉
呉扇

さりやとてどちらむかふぞ朧月
古慊

梅さくや笘屋のくれの人出入
梅輦



   文通 四季混雑

雨そゝぐ花屋の門の柳かな
   江戸 門瑟

火とぼしの袖もかざゝず春の雨
   秋瓜

礒際を家鴨のあゆむ春日かな
   柴居

   卜居吟

朝顔やかりそめながら花のぬし
   尺五

芦の芽をふみわけて啼蛙かな
   敲氷

朧月川には鳥の声もせず
   京 蝶夢

まことらしき木ずゑも見ゆる小春哉
諸九

はつ秋やひとり起する小僧ども
   文下

鴬や棹を寐させるわたし守
   二日坊

鼻あぶる火鉢はひまぞ梅の花
   坐秋

山岨や栞さびしきかれ野かな
   伊賀 桐雨

水鳥やわかれて通す蕪ひとつ
   武蔵 書橋

やゝあつて鷹のたちけりぬくめ鳥
   平居

水鳥やうき木にねぐら定まらず
   文郷

暮る迄傘に風なし春の雨
   魚生

来て見ればたしかなものや藤の花
   柳几

掌に塩辛寒しむめの花
   信濃 柴雨

蓮咲て乞食のめしのしらげ哉
鳥奴

碓の音は隣かふゆの月
鳥瀾

わか竹や木挽が小家の薄ぐもり
   相模 鳥秋

むらむらと深山桜にのぼり哉
   尾張 蝶羅

うぐひすの跡もありげに初音哉
   加賀 見風

きじ啼て山は朝寐のわかれかな
   尼 素園

浅川や田螺ふまえた啼烏
仏仙

冬三月門さす寺の落葉かな
   播磨 山李

かや葺や板屋のこだま初しぐれ
   安芸 風律

松かさの落てひさしき氷かな
雨什

昼中の日に丸々と柳かな
   上総 雨林

鶯にあるじあるじの静なり
木の女

蝙蝠の遊ぶ貴船の鳥居かな
   下総 弄船

すこやかに松風うごく枯野哉
百井

蓮の香や明行池にこぼれもの
烏朝

冬に似た山の端もあり桜ばな
 みちのく 也寥

夜あらしや藪をちからに梅の花
烏黒

しら壁に添ふて故(胡)蝶の行衛哉
   信濃 其明

まくら迄新茶になりて郭公
鶏山

梅が香のたちもどるべく薫けり
大梁

朧夜やさだめ兼たる桔槹
   下総 兎石

鉢たゝき傘持添し夜はいかに
   信濃 雨石

朧夜鷺追たてゝ遊びけり
巨計

   木曾にて

水音にふけて寐覚の夜寒かな
   普成

おなじ田に田螺の声も夜半哉
春江

雪の夜や鉄炮みがく兄おとゝ
   信濃 麦二

海苔粥の香もなつかしや冬ごもり
   三机

めりめりと亀うく春の氷かな
   雲帯

春の雨炭に鋸(のこぎり)いればやな
   如毛

夜をこめて桶屋のたゝく師走哉
   左十

きさらぎやもの喰そめて啼蛙
百卉

   四時

雪解や雨を催す昼さがり
百明

きじ啼や朝日のわたる西近江
烏明



爰に菴あり。一葉庵と呼ぶ、これ也。烏翁延享のはじめ長途の遊袋をときてあるじしたまふ。其折にふれし名なりとぞ。


加舎白雄に戻る