千代尼

『千代尼句集』(既白編)
indexにもどる

宝暦14年(1764年)1月、藤松因序。
宝暦14年(1764年)6月2日、明和に改元。
明和元年(1764年)10月、半化闌更跋。
明和元年(1764年)、『千代尼句集』(既白編)刊。

   対加陽千代女
  麦林
国の名の笠に芳ばし花の雪

とを(ほ)き日影も水ぬるむころ
   千代



   千代女の許にやどりて

おしむなよ芙蓉の陰の雨舎り
   蓮二

   もとよしの道すがら、千代女とつ
   れだちて。

紅茸や老人茸も杖の友
   廬元坊

   千代女の許にて

凉風の配りや萩の亭主ぶり

   千代女の許にて
  暮柳舎
鬢水の手染もはやし庭の蔦
   希因



 千代尼句集 乾

   歳 旦

福わらや塵さへ今朝のうつくしき

よき事の目にもあまるや花の春

鶴のあそび雲井にかなふ初日哉

梅か香や鳥は寐させてよもすがら

   仇を恩にて報ずるといふ事を

手折らるゝ人に薫るや梅花

   追 悼

梅ちるやまつのゆふ辺も秋の声

   梅花仏手向

なごりなごり散までは見ず梅の花

梅がゝや朝々氷る花の陰

鴬や声からすとも富士の雪

手折らるゝ花から見ては柳かな

吹々(ふきふけ)ど花に欲なし鳳巾

見て戻る人には逢ず初桜

女子どし押てのぼるや山ざくら

   雲 雀

ふたつみつ夜に入そうな雲雀哉

   祖師五百年御忌法会

地も雲に染らぬはなきすみれ哉

(かけ)出る駒も足嗅ぐすみれ哉

   諫鼓鳥

淋しさは聞人にこそかんこどり

分入ば風さへきえて諫鼓鳥

   笋 若竹

竹の子やその日のうちにひとり立

   百 合

姫ゆりやあかるい事をあちら向

ゆふがほや物のかくれてうつくしき

唐崎の昼は涼しき雫かな

   八十の賀

百とせに最(もう)一眠り柳かな

   桑名のわたしにて

見るうちにわすれて仕廻(しま)ふ柳哉

つれよりも跡へ跡へと田うへ(ゑ)かな

   送 別

若くさや帰り路はその花にまつ

   納 涼

松の葉もよみつくすほど涼けり

涼しさやはずかしいほど行きもどり

   八十の賀

涼しさやことに八十路の松の声

   白雨 越の日和山にて

ゆふだちの道よりもなし日和山

山のすそ野ゝ裾むすぶ清水かな

近道によき事ふたつ清水哉

 千代尼句集 坤

秋立やきのふのむかし有のまゝ

朝がほや起したものは花も見ず

牽牛子やをのが蔓かと蔦に咲

朝顔に釣瓶とられてもらひ水

いなづまの裾をぬらすや水の上

月見にも陰ほしがるや女子達

名月や眼に置ながら遠歩行(ありき)

   十六夜

いざよひや今あそこにて見ゆる雁

はつ雁や山配れば野に足らず

   三界唯心

百生(ひゃくなり)や蔓一すじの心より

朝々の露にもはげず菊の花

   時 雨

降さしてまた幾所か初しぐれ

   帰 花

みよし野やよ所の春ほど帰り華

   尼になりし時

髪を結ふ手の隙明て巨(炬)燵哉

池の雪鴨やあそべと明て有

雪の有ものにきかすな松の声

   五百回御忌
   東御門跡へ上ル

葉も塵もひとつ台(うてな)や雪の花

   煤 払

けふばかり背高からばや煤払

千代尼に戻る