幾暁庵雲蝶

『俳諧百合野集』(幾暁編)

indexにもどる

寛延2年(1749年)、幾暁は金沢に入り希因を訪ねる。高岡で越年。
寛延3年(1750年)、再び金沢に赴き、師麦林(乙由)の十三回忌法会興行。
寛延4年(1751年)、『俳諧百合野集』(幾暁編)刊。希因序。

   歌仙

姫百合の鬼もあるじや草枕
  麦林

 月照ながら若葉おり敷
   春波



   名録

物いはぬ人揃ふたり秋の暮
   麦林

かくれ家や桃の朧につゝまるゝ
   曽北

   内外の宮に首途のぬさ奉て

霜のさく杉や朝日にすくむ袖
   幾暁

   錦渓舎の探題に

あと一羽まだ都なりかへる雁
   幾暁

   一夜に生ぜしといふ松原にて

是もまだ一夜の花や雪の松
   仝

   常宮にまふでゝ

鐘青し誘ふあらしも一つ色
   仝

   金津   有隣亭

葉にも猶薫る風あり宿の梅
   幾暁

 耳にちなみの空に蝉の音
   我六

   菊図亭の閑窓に一夜やどりて

夜語の四方八方(ヨモヤマ)青しひとつ蚊帳
   幾暁

   全昌禅寺はむかし祖翁の杖とめられし
   古跡にして庭はいて出ばやの柳ぞ
   今にありときくものから、いざとて
   まふでけるが、こゝろなくも梢などみな
   打伐つて、其木とばかり淋うたてる
   に、葉と覚へて一筋二筋のこれる
   など、此道の糸筋を伝ひてと、祖翁の
   常語もおもひ合せて、変化のさま哀
   なりけり。

蝉うたふ枝に糸なし鉈のあと
   幾暁

   山中

   武矩主は貞室叟に教へ、桃妖主は
   祖翁に習ふ。

松高き風にさらすや蝉の衣
   幾暁

      画賛

人も鷺も捨て涼しき小舟かな
   仝

   此地五十余章脱之

雪とふらば一谷うづめ山ざくら
   桃妖

   松任   人々に旅情をかたる、

干瓜に并ぶ皺あり旅ごろも   幾暁

   此地六十余章不録之

松の葉もよみ尽すほど涼けり
 女 千代

   千代婦に対して

風も月もほそき扇に任せけり
   幾暁

   金城  みな月十八日に入る。

   暮柳舎即興

人のよる清水がもとの硯かな
   幾暁

   此日幾暁法師をむかへて

待得たり団扇の顔にあたるまで
   暮柳

 問るゝ峯を雲に指さす
   幾暁

   葉月五日金城を去て、津幡駅

   雪燈下に夜話す。

竹過る雨の数とや虫の声
   幾暁

 月まちて肌のあかるき夜寒かな
   見風

   此地往来八十余章あり。

鐘つゐて猶おもしろき柳かな
   見風

幾暁庵雲蝶に戻る