年尾句碑


年尾の句

『年尾句集』 ・ 『句 帖』

   『句日記』(第一巻)

昭和34年

   八月九日 幡多中村市へ向ふ。花屋旅館

湾港を出水濁りの沖へのぶ

茶屋あれば樗下かげ為すところ

四万十川の出水の土手のきりぎりす

京の名の山あり幡多の春秋を

   十月十四日 虚子分骨埋葬 叡山横川

はらからに深きゆかりの露の塔

叡山に時雨るゝ墓となりにけり

   同日 飯塚 曩祖八幡宮

虚子植ゑし銀杏も紅葉して落葉

冬もなほ青き銀杏を不思議と見

   十二月一日 虚子、句一歩句碑除幕記念句会 高崎市
   成田山

句碑の辺はになたぼこりも恰好な

僧俗の句碑成り銀杏散る下に

昭和35年

   四月三日 京都ホトトギス同人会、虚子一周忌法
   要句会 知恩院

紅しだれ桜と句碑と対応す

花人の句碑とも知らず通り行く

   四月十六日 徳島霊山寺吟行 志摩源旅館

正御影供一日遍路の夥し

双杖の遍路が町の中を行く

女等が一日遍路の藁草履

堂縁を杖突く音の遍路かな

蒲団積みあるがあらはの遍路宿

   七月九日 筑前二日市温泉玉泉閣玄関に虚子句碑除幕
   同所泊り

温泉に汗を落す間もなき人出入

温泉上りの冷房に先づ落著きぬ

   七月十日 小集 福岡、渡辺満峰居

水蓮の蕾水切り半ばなり

庭滝の流れに蛙鳴きゐたり

飾山笠見る約束に集ひけり

   同日 午後博多櫛田神社参詣、山笠を見る 片山片々子
   居にて句会

飾山笠木々抽んでて建てらるゝ

一と通り飾山笠見て行くとせん

子も赤きふどしあらはに山笠法被

   九月十一日 八雲旧居虚子句碑除幕 公会堂

八雲忌は近し虚子句碑成ることも

咲きつゞく花の命の瑠璃柳

宍道湖は秋も蜆をとるところ

   十月十六日 白雨会 砥部、稲荷予士

句碑すでに庭に馴染みて秋風に

陶房の庭とびとびに帚草

陶房に働く夫婦帚草

鵙鳴いて崩れんとする天気なり

   十一月一日 空路板附著。唐津に向ひ名護屋城址吟行
   壱岐島を隔て対馬も見ゆ。呼子泊り

本丸の桜は既に枯木にて

行秋の城址に木々の風を聞く

船音の呼子の夜長杯重ね

壱岐対馬見え行秋の城址かな

昭和36年

   三月十日 空路板附著 鳥市にて昼食仏心寺の虚子
   句碑除幕式に列す

おきうとに白魚のせて出されたり

白魚をかく料理してみてなして

女来て生簀の白魚買うて行く

帯塚に対して咲けり藪椿

   三月十三日 町田駅着、竜門滝に遊ぶ 三日月滝も見
   る 九重町、足立山彦方泊

十人で鹿一頭の猟話

春光や竜門の滝裳裾曳く

竜門の滝へ湧き立つ木の芽かな

春の滝白き裳裾を岩に伸べ

竜門の滝壺に鴨来て遊ぶ

川ここに滝となり落ち川鴉

   七月十日、小樽より旭川へ 春光台吟行 旭館泊り

郭公の丘より巷見降ろしに

雪渓を目路に大雪山指さされ

指さして山の名を問ふ丘涼し

面白く囀る鳥や蝦夷の夏

日盛りの思ひひと時過ぎて涼し

   十月二十三日 飯塚ホトトギス会 曩祖八幡社務所

行秋のなほ蚊のいづる泊りかな

昭和37年

   五月十四日 前夜宇佐神八幡宮宮司到津氏方に泊 足立
   山彦氏より八幡宮の句を求められ

みやしろや茂りの中に光ります

薫風や国を護りの神として

   七月八日 仙台より山形県山寺へ 虚子年尾句碑除幕
   上の山温泉泊り

山越えて来て羽の国は梅雨もなく

峠路の雨に色濃き額の花

山寺に篠の子飯もまたよろし

昭和38年

   三月十七日 ホトトギス吟行会 犬吠崎暁鶏館

礁辺を春潮騒ぐたゞならず

灯台は太しく立てり強東風に

強東風のしぶき岩頭迄は来ず

   足立山彦寄進の私の句碑除幕の為、宇佐神宮へ向ふ
   記念句会 神社社務所

下闇の向ふが見えて人通る

梅雨上る気配蜻蛉沈む草

   『句日記』(第二巻)

昭和39年

   飯塚の田中斐川三月三十日逝去、悼句

すさまじき春の嵐にすべもなく

   四月十六日 みくまのめぐり第二日 瀞八丁をプロペ
   ラ船にて下る 勝浦中の島ホテル泊り

乱鶯と瀬音に峡の温泉の夜明け

大滝の巫女たち帰る花の夕

旅半ば春行く那智の大滝に

   八月十七日 足摺岬及竜串旅吟

海底の海胆の生態見しことも

めづらしく蚊帳吊る宿に一泊す

昭和40年

   五月九日 祖谷句会 眉山吟行 ホテル眉山

一と年をけみし句碑なり五月晴

樟若葉その下蔭のあさみどり

   五月十二日 芦屋勉強会 大津坂本西教寺

囀と常念仏の鉦とあり

行春の御堂常念仏の鉦

どうだんのかゝる大木や深山寺

   十一月八日 鹿児島へ向ひ桜島に渡り袴腰熔岩の虚子
   句碑に遊び、鴨池の錦港旅館で句会 東条樹々邸泊り

かくすべうなき旅疲れ蜜柑むく

末枯るゝ熔岩原外れてある祠

熔岩原にももみぢするものあまたあり

昭和41年

   同日 四月十日午前七時七分、川端竜子画伯逝去

花嵐そのたゞ中の御姿

   六月十四日 竹敷より壱岐中継にて板付へ 直ちに太
   宰府文書館にて俳句大会

島の旅より帰り来て花菖蒲

紫は水に写らず花菖蒲

   六月十七日 羽田十時半発千歳へ 有志と石狩河口

胸に挿す鈴蘭の香に旅つゞ

札幌の夜の楽しさの生ビール

   六月十九日 虚子来道記念第八回大会 古平小学校

わが蝦夷の旅夏潮の忍路過ぐ

落葉松のみどり落つき蝦夷暑し

   十月三十日 琴平合田丁字路句碑除幕祝句

菊の香に心ゆたかに君とあらん

昭和42年

   四月十四日 能登行大阪発十一時 中島町大森積翠
   泊り

春宵の句会能登路の旅はじまる

尼寺に分宿もして花の旅

花の旅田打終へたる能登に入る

   午後二時半国民宿舎出発 バスにて和倉加賀屋へ四時
   十五分著 一泊

宿豪華春燈柱なして点く

   四月二十二日 上野発十二時十分、秋田県横手著十九
   時三十六分 横手平源旅館

行春の旅の車窓に虹を見し

   四月二十三日 横手かまくら吟社大会 横手酒業会館

行春の梅見といふも羽にあれば

羽の国の花冷殊にすさまじく

   五月十六日 秋爽会 二日市温泉玉泉館
   サングラス伊達にはあらず病む故に

鳥蝶水際の砂に水を吸ふ

   同日 琴幸 合田丁字路句集『花の宿』祝賀

炎暑にも負けず次の歩更に踏み

   十月三日 福岡ホトトギス勉強会 大平山より島原に
   渡り雲仙を周遊、ゴルフ場の虚子句碑移転されたるも
   見て島原へ戻り、米屋旅館泊り

島間ひの早潮を打ち冬鴎

なほ盛んなる冬紅葉点綴す

雲仙を隔て眉山粧へり

   十一月十一日 備後ホトトギス会 福山市明王院

銀杏散るもとに墳あり五十余り

堂塔の朱ケのしづまり寺小春

   十二月十四日 高松市仏生山吟行 琴平さくらや

枯れ竝めてメタセコイヤの皆高木

古寺に鵯鳴く冬に行き合ひし

   十二月十五日 琴平ホトトギス大会 さくらや

外は寒し宿に残りてゐるばかり

   十二月十日 琴平ホトトギス会 琴平神宮神饌田を見
   る 桜屋旅館広間

畦手入神饌田は冬の姿かな

野菊畦に枯れ残り居る神饌田かな

旅人の目を惹く神の冬紅葉

神馬塚へは畦づたひ時雨れつゝ

   『句日記』(第三巻)

昭和43年

   三月三十一日、ホトトギス吟行会 埼玉川口グリー
   ンセンター

木の芽立ち細やかに枝細やかに

残り鴨汀の土をせせりもす

   六月十日 虚子句碑除幕 原鶴小野屋

梅雨晴の九十九峰はよき嶺々

よべ雨の鵜川は出水にごりして

梅雨晴や温泉宿の昼の客なき時

   十二月七日 高松城吟行 合田丁字路他十数名と共に

汐入りの城濠もまた小春風

城址小春松手入など捗りて

枯芝の広き桜の馬場といふ

潮錆びてめぐる城趾や小六月

   十二月八日 琴平ホトトギス会 琴平さくら屋

夜中起きして一と仕事露の宿

葉牡丹を自ら育て冬籠

柿のへた残る枯枝のてりかげり

昭和44年

   五月十日 観音崎燈台、虚子、橙青句碑除幕 燈
   台官舎下ヒュッテ会場

燈台の径行くみんな夏姿

初夏の日の更に照り映え句碑除幕

   九月二十七日 二十二日に長谷川かな女死去の報、門
   司岡崎旅館にて知る。その葬儀に参列 浦和円蔵寺

旅先に聞く訃はかなし秋の風

昭和45年

   五月十七日 年尾句碑除幕 那智神社

宿院の朝霧の中滝遠音

   六月二十二日 石狩河口に遊び、午後帰京

目まとひに立つて居られず歩くのみ

はまなすを庭木としたり浜館

   七月六日 高知へ 紀貫之邸址国分寺 三重史居

槇一と木句碑に添ひ立ち青田風

日盛りの墓訪ふことも旅の暇

来べかりし牡丹の頃を失ひし

   原城址へ廻る

古城址の水も豊かに豊の秋

からいもといふ島原の甘藷畑

古老来て城址の話返り花

昭和46年

   一月四日 那智大滝を拝し勝浦を午後二時の列車で帰宅

枯滝にして拝まるゝ那智の冬

   同日 有志で塩原温泉へ 福渡戸和泉屋

雪残る山を見上げて峡の温泉へ

これよりの楓芽立ち如何ならん

   三月二十八日 坂東札所巡り 滑川観音

気がついて土筆いよいよ多かりし

   三月二十九日 同前 銚子観音清水観音をめぐる

初花と見極めしこと誰も彼も

本堂の前に池古り目高棲む

   同日 ホトトギス同人会 北条市鹿島国民宿舎

春潮に遊船とばし島めぐる

鈴の音や遍路の磴を登る時

   四月二十日 宇和町より久万を経て高知へ 四十四番
   札所大宝寺

紅枝垂ざくら札所の春進む

行春を親み話す修道女

   六月二十日 洞爺湖畔より室蘭へ 昭和新山を見、
   球岬吟行 室蘭市文化センター四階

火の山に登る軽装蝦夷の夏

室蘭は丘陵の都市青葉燃え

   十月二十四日 虚子年男句碑除幕 犀川畔鰐甚

川霧の或は句碑を包む日も

時雨るゝか否やは知らず加賀日和

   十一月十九日 坂東札所巡り 第三十番高蔵寺、第三
   十三番那古寺

蜜柑生る裏山控へ札所寺

那古寺は南房札所小春凪

寺打ちて帰路は海路や小春凪

   十一月二十二日 偶会 二日市温泉玉泉館

初冬の旅の一と日を筑紫の湯

境内に冬の滝あり寺静か

   『句日記』(第四巻)

昭和47年

   同日 一月八日 酒井黙禅逝去 追悼す

東風吹くを待たざりしこと悔まるゝ

   六月十日 岡山市高松 最上稲荷

松籟を城址に聞くも田植どき

客殿に昼寐の刻を得たりけり

涌井ありほとりの岩に滴れり

楠銀杏何れも新樹門に竝め

   同日 山上洗心閣にて稲荷記念の句

松涼し鎮みまつりし法の宮

   六月十一日 洗心閣に一泊す

ほとゝぎす鳴く頃眠り深かりき

   十一月四日、熊本より二日市を経て仏心寺

峠越え稻刈どきの野を走る

降るまゝに柿落葉して菩薩あり

秋もなほかく薔薇育て佳人住む

穴惑落葉の上を辷り落つ

藪中の落葉にまぎれ穴惑

   十一月五日 二日市玉泉館にて朝句会

温泉の宿の朝日の軒の照紅葉

筑紫野の小春諸鳥かく多き

石庭の石にかげなき小春かな

   十一月十九日 松山市万翠荘 句碑除幕 道後中村泊り

時もよし菊薫る辺に句碑除幕

城山の木の実降る日の今もなほ

   十一月二十日、道後九時半発南予宇和島へ 途中義農神
   に子規、極堂、虚子句碑を見、白滝へ立寄る

そばを干す二十五枚の筵敷く

登り行く滝の高さを落葉みち

初冬なほ紅葉に遊ぶ人等かな

   十二月二日 広島ホトトギス会 前夜句会 宮島岩惣

宮島の残る紅葉に遊ばんと

雪のあと小春日和となりゐたり

鹿の糞落葉まみれにかたまりて

冬紅葉玻璃戸の外を鹿がゆく

   十二月二十一日 坂東札所巡拝 千葉笠森寺

冬ざくら散るがあはれやはらはらと

昭和48年

   五月十二日 四国ホトトギス同人会 讃岐大窪寺

新緑の谷戸深く来て札所寺

おへんろの墓ありといふ蛇も出て

三ケ寺を逆遍路して賽しもす

   六月三十日 岡山最上稲荷句碑除幕 稲荷客殿

出水荒れして岨道に蟻多し

   十一月二十六日 八代春光寺 句碑除幕

わが為によき今日の日の冬紅葉

昭和49年

   一月二十六日 河野静雲師死去を弔ふ 二日市玉泉館
   泊り

飛梅は二た木なりけり一と木咲く

春近き飛び梅の咲きそめしこと

   静雲師を悼む

探梅の心よみ路を辿らるゝ

   五月十二日 高知ホトトギス大会 三翠園 途中三十
   四番種間寺へ詣る

遍路杖持つゆゑそれと知られけり

   六月十二日 高松稲荷報恩忌句会 岡山最上稲荷

忌を修す有縁無縁に経涼し

親しさの句碑への道や時鳥

   同日 九州同人会 平尾台マルワランドより和布刈神
   、関門橋、赤間宮、山口銀行四階

岬宮の末社は一社石蕗盛り

七盛の墳やうつろに秋深し

   十二月十四日 高松市仏生山吟行 琴平さくらや

枯れ竝めてメタセコイヤの皆高木

古寺に鵯鳴く冬に行き合ひし

   十二月十五日 琴平ホトトギス大会 さくらや

外は寒し宿に残りてゐるばかり

昭和50年

   二月六日 曾我梅林虚子句碑二月十一日に除幕す

梅林に虚子句碑建てり集ふ人

   二月十五日 高知県足摺岬行 パシフィックホテル

春潮の騒立つ礁見下ろしに

早春の雪や土佐路の山脈に

梅ケ香に上座を与へられてをり

足摺にはじまる土佐の春かとも

椿かざし椿まつりの踊子等

   六月九日 報恩忌最上稲荷句会 岡山高松妙教寺

朝の間に聞きしといへる時鳥

二三子は聞きしといへり時鳥

   十月十二日 筑後吉井町、若宮八幡宮の虚子句碑を見る

晩秋の雨の冷たし車降り

   『病床百吟』

昭和54年

   富安風生氏を悼む

水鳥の水尾の静かに広かりし

昭和54年(1979年)10月26日、年尾は78歳で没。

年尾句碑に戻る