虚子の句碑

睡蓮も河骨も花過ぎたるか


 昭和21年(1946年)9月23日、高浜虚子は『ホトトギス』六百号記念能代俳句会で能代を訪れている。

秋晴や寒風山の瘤一つ

秋晴や陸羽境の山低し

      九月二十三日 秋田より能代へ行く。『ホトトギス』六百号
      記念能代俳句会。金勇倶楽部。竹田旅館泊。

『六百五十句』

ふんばつて稻杭を押す女かな

見えわたる稲城の山の八郎潟


能代市柳町に八幡神社がある。


社殿の右手に高濱虚子と高濱年尾の句碑が並んで建っていた。

高濱虚子先生
 
高濱年尾先生

 

睡蓮も河骨も花過ぎたるか
 
締切の雨戸に窓や雪籠
昭和21年9月、当八幡神社池畔にての作
 
昭和30年2月、能代市京五紅宅にての作

昭和34年(1959年)4月8日、虚子は85歳で没。

昭和52年(1977年)5月20日、京五紅建立。

昭和54年(1979年)10月26日、年尾は78歳で没。

京五紅は京病院長。ホトトギス同人。

句 碑