年尾句碑


年尾の句

『年尾句集』 ・ 『句 帖』

大正4年

   子規居士の墓に詣る

蟻物をくはへて上る墓石かな

大正9年

吹雪来れば早薄き物の色かたち

遠き家の氷柱落ちたる光かな

   病院通ひ

曳く人の足見ながらに橇の我

大正10年

雪崩にまじりて氷柱落ちたる光かな

昭和9年

小春日や昔のままの神の庭

昭和10年

なつかしき父の故郷月もよし

かげり来て廠内見学やや涼し

昭和11年

土佐の人今朝寒しとか言ひ居りぬ

土器に浸みゆく神酒や初詣

きちきちといふ羽音立て鳩の冬

昭和12年

初富士は枯木林をぬきん出たり

枯桑はほのぼのとして色ありぬ

田の畔は雪を重ねて高まれる

みづほ高きに素十低きに門松を

帰路となる雪の越路に名残あり

此のあたり深雪漸く人あらず

昭和13年

秋風や竹林一幹より動く

お遍路の美しければあはれなり

八栗嶺の松尾根の遍路みち

近みちのあるらし遍路畦行けり

夕遍路お茶所に掛けていつまでも

芽立つもの欅楢などたくましき

手をかざす我に藤房揺れ応へ

鵯の来てゐる参道ななかまど

結綿の娘が春めけるこゝは木場

芽立つもの欅楢などたくましき

昭和14年

傷兵の妻らし子負ひ秋の雨

わが橇の馬が大きく町かくす

野遊の心足らへり雲とあり

遊船や阿寒二岳を左右の窓

昭和15年

冬耕の水城といへる野をいそぐ

鰊群来たちはだかれる浜びとら

昭和16年

一水の緑蔭に入るところかな

昭和19年

われらにも一菜の膳遍路宿

お遍路の静かに去つて行く桜

ふりかへる面輪やさしき遍路かな

昭和21年

みちのくは稻刈終へて末枯れて

ふんばつて稻杭を押す女かな

見えわたる稲城の山の八郎潟

昭和22年

こゝに見る由布の雄岳や蕨狩

   北海道旅行

船員が又物捨てに夜光蟲

梅雨雲の四方に垂れたりひたに航く

甲板はや灯りぬ梅雨の航つゞく

月の出は淋しきものよ船の上

船中の句会がすめば昼寝せん

昭和24年

   旅 吟

よき家に泊り重ねて朝桜

わが旅路こゝより能登や桃の花

冬は憂しといひし七尾の花に来し

昭和26年

六甲の端山に遊び春隣

子規忌へと須磨にはじまる旅の秋

昭和27年

   九州への旅中、久米三汀氏の訃を聞く

雪解くる音の大きく覚えたり

彼の丘にトラピストあり夕焼けて

鍔広の麦藁帽の修道尼

阿波踊ぼろ三味線を弾く女

踊子の笠のうちこそ見まほしく

踊三味つま先に立て憩ひをり

潮風の海女の墓にも切子かな

昭和28年

めぐまれしこの秋晴に句碑除幕

すゞらんに憩ひ雄阿寒まのあたり

鈴蘭の旅よ阿寒へみち急ぐ

遊船の水尾島かげに曲りゆく

噴煙の雌阿寒にして残る雪

昭和29年

冬ぬくし熔岩を屏風として住まふ

熔岩のみち急に落ち枇杷咲くところ

熔岩色を重ねて古りて冬ざれて

踊れよと呼びかけられて旅の我

小さき子が殊に上手で阿波踊

戻りゆく踊疲れの三味抱いて

昭和30年

締切の雨戸に窓や雪籠

柳川は芽柳に又時雨来る

柳川の柳のみどり松のみどり

春水の縦横城内村といふ

この池のやがて引くべき鴨ならめ

やがて引くべき鴨鳴く夜を泊りかな

『句 帖』へ。

年尾句碑に戻る