2004年千 葉

真間山弘法寺〜句碑巡り〜
indexにもどる

亀井院の裏山が真間山で、真間山弘法寺(ぐほうじ)がある。


日蓮宗本山である。

真間山弘法寺

 天平の昔、行基菩薩が来錫(らいしゃく)し、真間の地に語り伝わる手児奈の霊を供養して一宇を建て、「求法寺(ぐほうじ)」と称したが、その後、空海(弘法大師)によって七堂伽藍が造営され、「真間山弘法寺」と改められたが、本寺の起こりと伝えている。

境内には、水原秋桜子富安風生の句碑等が存する。

石段を登ると、仁王門がある。


眞間寺や枯木の中に仁王門

『寒山落木』(明治二十八年 冬)

 安永7年(1778年)8月14日、横田柳几は関東三社詣での途次、弘法寺に参詣している。

日蓮宗真間山弘経(ママ)寺へ詣庭前に古樹三株あり所謂真間のもみち是なり枝の内一茎二葉稀に有外の樹より紅葉遅しと云

見出スにも二葉はまゝのもみち哉
   柳

秋もまた青葉のまゝの紅葉哉
   篁


仁王門の右に小林一茶の句碑があった。



真間寺で斯う拾ひしよ散紅葉

真間の弘法寺は紅葉の名所

   真間行

落葉たく祖父ハ若木も寺紅葉

鈴木荘丹『能静草』

 文化14年(1817年)8月27日、国学者高田与清は弘法寺に詣でている。

○石坂をのぼりて眞間山弘法寺にまうづ。庭に青葉の楓といふがあり。


左には水原秋桜子(1892−1981)の句碑


梨咲くと葛飾の野はとのぐもり

『葛飾』(昭和5年)

祖師堂


 明治21年(1888年)、火災のため諸堂が焼失、明治23年諸堂が完成し、昭和47年には本堂を鉄筋コンクリート造りに改築した。

大正7年(1918年)、吉植庄亮は市川市真間の別荘に移り住む。

真間山に登り来にけり弘法寺の庭のかたすみの唐黍の花

『寂光』(真間山附近其二)

 昭和8年(1933年)7月2日、高浜虚子は武蔵野探勝会で弘法寺へ。

 山門を潜つて日頂上人開基といふ弘法寺の本堂に詣り、正面の阿弥陀如来を拝して、今日の会場としたお堂の畳敷の上に各々陣取つた。が、大きな堂でありながら風通しがよくなくて、却々(なかなか)暑い。一と足遅れて到着された虚子先生も一寸座につかれたが、これは堪らないからと、水竹居氏の発議で山門前の茶店に移転することになり一同本堂を辞した。

『武蔵野探勝』(涼風の弘法寺)

七月二日、武蔵野探勝会。国府台、弘法寺茶店。

 木々の根の左右より迫る木下闇

 干魃のの池のほとりの百姓家


 祖師堂の前に伏姫桜(ふせひめざくら)と呼ばれる樹齢推定400年の枝垂れ桜があるが、訪れたのは3月中旬のことで、まだ早かった。

 昭和12年(1637年)4月3日、高浜虚子は武蔵野探勝会の吟行で真間山弘法寺を訪れる。富安風生等同行。

伏姫桜の下に富安風生の句碑がある。


まさをなる空よりしだれざくらかな

『松籟』(昭和12年)

富安風生(1885〜1979)は愛知県生まれ。高浜虚子門下。

 昭和22年(1947年)3月18日、永井荷風は弘法寺を訪れた。

晴。春風依然として暖ならず松籟鬼哭の如し。晝餉の後眞間川の流に沿ひ歩みて手古奈堂の畔に至る。後方の岡に聳る石級を登れば弘法寺の山門なり。本堂の傍に老梅三四株ありて花雪の如し。別に龜井院と云ふ寺あり。


 昭和23年(1948年)4月7日、永井荷風は弘法寺の伏姫桜を見ている。

午下小瀧氏來話。共に出でゝ眞間川の櫻花を看る。滿開の花未散るに至らず正に見頃なり。弘法寺の石級を登るに本堂の傍に年古りたる垂絲櫻ありてこれも花爛漫たり。


 昭和37年(1962年)9月30日、高浜年尾はホトトギス吟行で弘法寺へ。

   九月三十日 ホトトギス吟行 真間山弘法寺

大枝垂桜の紅葉見えそめし

秋の蝶叢をゆく迅しと思ふ

爽やかに一歩木かげに入りて立つ


伏姫桜は咲いていなかったが、白い桜の花が咲いていた。


サクランボの花だそうだ。

弘法寺の隣の千葉商科大学には河津桜が咲いていた。


河津桜を河津以外で見るのは初めてだ。

里見公園へ。

2004年千 葉〜に戻る