2017年福 岡

虚子堂佛心寺〜碑巡り〜
indexにもどる

大宰府展示館の東側に仏心寺がある。

花鳥山佛心寺


勝手口のようである。

昭和30年(1955年)5月21日、高浜虚子は佛心寺を訪れている。

 靜雲和尚の花鳥山佛心寺に行く。そこに建ちたる虚子堂といふのを見る。

   虚子堂と名づけしことよ萩芒   立子

 帶塚も一見。この裏山は昔太宰府の時を打つ太鼓のあつたところであつて、それをなまつて今は月山といつてゐるさうである。

   帶塚は月山裾に明易き      虚子

 以上句碑、虚子堂、帶塚を見る事も一昨年來の宿題なりし。


昭和32年(1957年)、高浜年尾は仏心寺を訪れている。

帯塚はすでに古りたり木の実降る


左手に高浜年尾の句碑があった。


冬耕の水城といへる野を急ぎ

『年尾句集』(昭和15年)収録の句。

昭和47年(1972年)11月4日、静雲建立。

高浜年尾は高浜虚子の長男。

昭和54年(1979年)10月26日、78歳で死去。

虚子堂佛心寺縁起

昭和24年ホトトギス同人で時宗の僧河野静雲は、此の月山の敷地を柳川の同人木下三丘子の嗣子木下潤氏から俳句の道場を建立せんものと提供されて、この地に庵を結んだ。

河野静雲の師である高浜虚子は太宰府をこよなく愛し道場建立に尽力、多くの掛軸用の句を揮毫されて、その浄財と全俳人の貧者の一燈を捧げて、この寺を建立される。

高浜虚子により寺名は「花鳥山佛心寺」と名付けられ、又御堂を虚子堂とされた。

松尾芭蕉、正岡子規、高浜虚子との流れを汲む西日本唯一の俳句の道場であり、またホトトギス派の本山としてその名を留めている。

高浜虚子愛用の帯をこの地に埋め帯塚としており、俳人たちの崇敬を集めております。

星野立子の句碑


虚子堂と名つけしことよ萩芒

昭和47年(1972年)11月4日、静雲建立。

星野立子は高浜虚子の次女。星野吉人に嫁す。

昭和59年(1984年)3月3日、80才で歿。

稲畑汀子の句碑


あたゝかき旅の出逢ひとなりしこと

稲畑汀子は高浜年尾の次女。稲畑順三と結婚。

河野静雲の句碑


あかつきの清気真白の醉芙蓉

河野静雲の「病中吟」三句


スースーとめぐみの味や林檎汁
尚生きるよろこび胸に林檎汁
寒に堪え老妻(ばば)が手摺の林檎汁

河野静雲は時宗総本山遊行寺の執事を務める。

昭和49年(1974年)、86才で寂。

本堂の左手に高浜虚子の句碑があった。


帯塚は刻山裾に明易き

昭和34年(1959年)3月、阿波野青畝は九州周遊の折太宰府を訪ねている。

帯塚にあるべかりける落椿

『甲子園』

正面から写真は撮れない。

 虚子翁の「わびの旅」には、

五月廿一日、汽車にて博多へ。

都府楼址の句碑を見る。

天の川の下に天智天皇と臣虚子と   虚子

これも一昨年私の行くのを待って除幕するはずであつたもの。観世音寺も近く、花鳥山佛心寺もすぐそこにある。

とあった。俳僧静雲和尚の創建に成るその佛心寺の横に虚子堂が造営され、床には富永朝堂氏作木彫一尺四寸の虚子翁寿像が安置されて居る。鎌倉の虚子翁邸に在るものと同木同寸の一体である。尚、虚子堂の後ろの椎の林の中にはホトトギスや玉藻誌上にそのいきさつを書かれた虚子翁の古帯を埋めて、「帯塚」が建てられた。


昭和34年(1959年)4月8日、虚子は85歳で没。

   三月十日 空路板附著 鳥市にて昼食仏心寺の虚子
   句碑除幕式に列す

おきうとに白魚のせて出されたり

白魚をかく料理してみてなして

女来て生簀の白魚買うて行く

帯塚に対して咲けり藪椿


その奥に高木晴子の句碑があった。


刻惜み刻山裾の椎拾ふ

高木晴子は高浜虚子の五女。高木餅花と結婚。

平成12年(2000年)10月22日、85歳で死去。

皆、長寿である。

昭和47年(1972年)11月4日、高浜年尾は仏心寺を訪れている。

   十一月四日、熊本より二日市を経て仏心寺へ

峠越え稻刈どきの野を走る

降るまゝに柿落葉して菩薩あり

秋もなほかく薔薇育て佳人住む

穴惑落葉の上を辷り落つ

藪中の落葉にまぎれ穴惑


スズメバチに気をつけてと言われた。

2017年福 岡〜に戻る