2019年京 都

知恩院〜高浜虚子の句碑〜
indexにもどる

京都市東山区林下町に知恩院がある。

知恩院

 浄土宗の総本山で、法然上人を開祖とする。この地は法然上人が比叡山から下り、草庵(吉水の草庵という)を結び、初めて浄土の教えを宣布した所である。法然の死後、文歴元年(1234年)に弟子勢観房源智が廟所を整えて華頂山知恩教院大谷寺と号し、自ら当寺第二世となった。

 応仁の乱の時には一時兵火を近江に避けたが、のち徳川家康の手厚い帰依を受け、広大な寺地の寄進を受けて寺観を整えた。三門は徳川秀忠が 元和7年(1621年)に建立した宏壮雄麗な大楼門で、国宝に指定されている。このほか、本堂(御影堂・国宝)は寛永16年(1639年)、大方丈・小方丈(いずれも重要文化財)は寛永18年(1641年)の建築で、本堂と集会堂と大方丈をつなぐ三角間の長廊は、知恩院七不思議の一つに数えられる「鶯張りの廊下」として有名である。寺宝として阿弥陀二十五菩薩来迎図(国宝)ほか多数を蔵する。

京都市

三 門


人が多いので、写真を撮るのも大変だ。

 安永6年(1777年)、乙二は修験道本山聖護院に赴く。知恩院を訪れている。

   知恩院

御法会の埒もとらぬに春の雨


知恩院三門の右手に「師弟愛之像」がある。

智恵の道


 昭和11年(1936年)3月19日、種田山頭火は芭蕉堂、西行庵へ歩いた。

 三月十九日 晴。

朝は寒く昼は暖か。

どこといふあてもなく、歩きたい方へ歩きたいだけ歩いた。――

八坂の塔、芭蕉堂、西行庵、智恩院、南禅寺、永観堂銀閣寺、本願寺、等々等。


念ずれば花ひらく


宝佛殿


蓮の花が咲いていた。


捩花


御影堂(みえいどう)


 昭和32年(1957年)2月、句誌「東山」創刊の折に高浜虚子から村田橙重に句が贈られた。

「東山」新発行所を得、橙重に贈る

 東山西山こめて花の京


宝物収蔵庫の横に高浜虚子の句碑があった。


東山西山こめて花の京

昭和32年(1957年)5月、村田橙重建立。

「東山」といふ俳句雑誌が京都に生れた。それに贈つた句である。この年の秋に知恩院にこの句碑が村田橙重さんの手によつて建てられた。私の好きな句碑の一つである。

『虚子一日一句』(星野立子編)

10月2日、虚子は立子と共に句碑を見ている。

十月二日 京都東山橙重居 知恩院の句碑を見、橙重庵の句碑を見る 立子と共に

 秋晴や京の町行く京女

 秋の雲浮みて過ぎて見せにけり

 敷石のつゞく限りや萩の散る

 青竹の手摺が出来て水を打ち


   十月二十七日 知恩院 虚子句碑除幕

善男善女行く木負ふ女行く

『芹』(12月)

昭和34年(1959年)4月8日、虚子は85歳で没。

   四月三日 京都ホトトギス同人会、虚子一周忌法
   要句会 知恩院

紅しだれ桜と句碑と対応す

花人の句碑とも知らず通り行く


昭和41年(1966年)、山口誓子は知恩院を訪れている。

   知恩院

滿開の花揺すぶれど落花せず

金泥の雲屏風出て花の雲

眼に捉ふ落花途中の花びらを

透くことは慰め枯木透くことも

『一隅』

円山公園へ。

2019年京 都〜に戻る