旅のあれこれ



夏目漱石ゆかりの地

漱石の句碑  ・ 漱石の句

東京の漱石  ・ 松山の漱石  ・ 福岡の漱石  ・ 熊本の漱石

 慶応3年(1867年)1月5日(陽暦2月9日)、江戸牛込馬場下横町(新宿区喜久井町一)名主夏目小兵衛直克の末子として生まれる。

 明治25年(1892年)4月5日、本籍を東京より吹上町浅岡仁三郎方に移す。

 大正3年(1914年)6月2日、本籍を早稲田南町七番地に移す。

文豪夏目漱石在籍地

(北海道岩内郡岩内町)

大梅寺〜『草枕』の文学碑〜

(宮城県仙台市)

大宮公園

(埼玉県さいたま市)

誕生寺

(千葉県鴨川市)

鋸 山

(千葉県富津市)

保田海岸

(千葉県安房郡鋸南町)

東慶寺〜夏目漱石参禅百年祈念碑〜

(神奈川県鎌倉市)

光則寺

(神奈川県鎌倉市)

材木座海岸〜『こころ』〜

(神奈川県鎌倉市)

修禅寺

(静岡県伊豆市)

上林温泉

(長野県下高井郡山ノ内町)

漱石の三四郎ゆかりの宿

旅館「角屋」の跡地(愛知県名古屋市)

羅漢寺

(大分県中津市)

このページのトップへ

旅のあれこれに戻る