旅のあれこれ文 学


松根東洋城ゆかりの地

 本名根豊次郎。宮内省に勤務、父は宇和島藩城代家老。

 明治11年(1878年)2月25日、東京の築地に生まれる。

 明治23年(1890年)10月、父権六が大洲区裁判所判事として大洲に赴任するのに伴い大洲尋常高等小学校に転校。

 明治25年(1892年)、松山の愛媛県尋常中学校(のちの松山中学校)に入学。

 明治28年(1892年)、夏目漱石が英語教師として松山中学校に赴任。

 明治43年(1910年)8月6日、夏目漱石は門下生松根東洋城の案内で修善寺温泉の菊屋旅館(別荘)を訪れた。

 大正8年(1919年)、俳誌『渋柿』を創刊。

 昭和39年(1964年)10月28日、87歳で死去。

春雨や王朝の詩タ(うた)今昔

太山寺(愛媛県松山市)

鶴飛久や丹頂雲越やぶりつゝ

円明寺(愛媛県松山市)

一畳庵

(愛媛県東温市)

いつくしめば叱るときける寒さかな

県道53号(愛媛県伊予郡砥部町)

大洲旧居

大洲城(愛媛県大洲市)

う多は連天孤高をかしや樓二月

諏訪神社(愛媛県南宇和郡愛南町)

旅のあれこれ文 学に戻る