夏目漱石の句碑
indexにもどる
熊本の漱石

明治29年(1896年)

 4月10日、東京へ行く高浜虚子三津浜港を出発。宮島「岩惣」に泊まる。

 4月12日、広島で虚子と別れ、門司に向かう。

 4月13日、熊本に到着。

 6月、熊本市下通町(通称・光琳寺町)に家を借りる。

 6月9日、自宅で中根鏡子と結婚式が行われた。

 9月、鏡子を伴って北九州旅行。

明治30年(1897年)

 3月、久留米に旅行し、高良山に登る。

 12月、小天温泉に出掛ける。

明治31年(1898年)

 1月4日頃、小天温泉より帰宅。

 7月、内坪井町に転居。

明治32年(1899年)

 1月1日、宇佐耶馬渓から日田・吉井に至る旅行に出発。

 5月31日、長女筆子誕生

安々と海鼠の如き子を産めり

 8月29日、阿蘇に出掛ける。

明治33年(1900年)

 6月12日、文部省より英国留学の辞令が下る。

 7月、留学準備のため上京。

西厳殿寺

(熊本県阿蘇市)

行けと萩ゆけとすゝきの原広し

山王閣(熊本県阿蘇市)

温泉や水なめらかに去年の垢

那古井館(熊本県玉名市)

すみれ程小さき人に生れたし

漱石記念緑道(熊本県熊本市)

夏目漱石の銅像

上熊本駅(熊本県熊本市)

五高記念館

(熊本県熊本市)

夏目漱石旧居(5番目の家)

(熊本県熊本市)

涼しさやうらは鉦うつ光琳寺

松本外科内科医院(熊本県熊本市)

夏目漱石旧居(第3の家)

(熊本県熊本市)

ふるひ寄せて白魚崩れんばかりなり

水前寺江津湖公園(熊本県熊本市)

このページのトップへ

夏目漱石の句碑に戻る