2022年東 京

日比谷高校〜文学者〜
indexにもどる

山王神社から日比谷高校へ。

日比谷高校正門


 明治11年(1878年)、本郷元町に東京府第一中学創立。神田一ツ橋に移転。

 明治11年(1878年)、幸田露伴尾崎紅葉は東京府第一中学正則科に入学する。

 明治12年(1879年)、夏目漱石は東京府第一中学正則科に入学。

 此の中学というのは、今の完備した中学などとは全然異っていて、その制度も正則と、変則との二つに分れていたのである。

 正則というのは日本語許(ばか)りで、普通学の総(すべ)てを教授されたものであるが、その代り英語は更にやらなかった。変則の方はこれと異って、ただ英語のみを教えるというに止っていた。それで、私は何(ど)れに居たかと云えば、此の正則の方であったから、英語は些(すこ)しも習わなかったのである。英語を修めていぬから、当時の予備門に入ることが六カ敷(むずかし)い。これではつまらぬ、今まで自分の抱いていた、志望が達せられぬことになるから、是非廃(よ)そうという考を起したのであるが、却々(なかなか)親が承知して呉(く)れぬ。そこで、拠(よんどころ)なく毎日々々弁当を吊(つ)るして家は出るが、学校には往かずに、その儘(まま)途中で道草を食って遊んで居た。その中(うち)に、親にも私が学校を退(ひ)きたいという考が解ったのだろう、間もなく正則の方は退くことになったというわけである。

「私の経過した学生時代」

 明治32年(1899年)、東京府中学校と改称、日比谷に移転。

 明治33年(1900年)4月、吉井勇は東京府立第一中学校に入学。

 明治34年(1901年)、谷崎潤一郎は東京府立第一中学校に入学。

 昭和4年(1929年)、日比谷から永田町(旧:村井吉兵衛邸宅)に移転。

日比谷高校の北側にメキシコ大使館がある。


 梁田貞は明治45年(1912年)から昭和24年(1949年)まで、東京府立第一中学校(現:日比谷高校)で教えた。同校合唱祭の「梁田賞」は梁田氏を讃えて制定されたもの。

日比谷高校


教室から国会議事堂が見える高校である。

 昭和21年(1946年)、篠沢秀夫は東京都立第一中学校入学。

 昭和25年(1950年)、東京都立日比谷高等学校と改称。男女共学へ移行。

 昭和28年(1953年)、篠沢秀夫は東京都立日比谷高等学校卒業。

学習院大学で篠沢教授にお会いしたことがある。

平成29年(2017年)10月26日、篠沢教授は肺炎で死去。享年84。

日比谷高校前の新坂(遅刻坂)


「ザ・キャピトルホテル東急」に戻る。

2022年東 京〜に戻る