夏目漱石の句碑
indexにもどる
松山の漱石

明治28年(1895年)

4月7日、松山に向け東京を発つ。

4月9日、松山に到着。

6月下旬、松山市二番町上野義方邸内の二階建の離れに移った。

8月28日、子規が愚陀仏庵に同居。

10月12日、子規を送る句会。



お立ちやるかお立ちやれ新酒菊の花

10月19日、子規は帰京。

11月2日、白猪唐岬の滝を見る。

石手寺

(松山市石手)

愚陀佛庵

子規記念博物館(松山市道後)

漱石坊つちゃん之碑

(松山市道後湯之町)

道後温泉

(松山市道後湯之町)

松山中学校跡

(松山市一番町)

夏目漱石書簡碑

萬翠荘(松山市一番町)

愚陀仏庵跡

(松山市二番町)

夏目漱石の像

正宗寺(松山市末広)

「ターナー島」

(松山市高浜町)

「汽船乗り場」

(松山市三津)

村上霽月邸跡

(松山市西垣生町)

このページのトップへ

句 碑に戻る