2007年神奈川

材木座海岸〜夏目漱石『こころ』〜
indexにもどる

由比ヶ浜から滑川を越えると材木座海岸。


逗子マリーナが見える。


犬と戯れる少女


稲村ヶ崎


稲村ヶ崎の先が七里ヶ浜。

夏目漱石の『こころ』で、「私」が「先生」と出会うのは鎌倉の海水浴場である。

 私が先生と知り合いになったのは鎌倉である。その時私はまだ若々しい書生であった。暑中休暇を利用して海水浴に行った友達からぜひ来いという端書を受け取ったので、私は多少の金を工面して、出掛ける事にした。

(上 先生と私 一)

 私がその掛茶屋で先生を見た時は、先生がちょうど着物を脱いでこれから海へ入ろうとするところであった。私はその時反対に濡れた身体(からだ)を風に吹かして水から上がって来た。二人の間には目を遮る幾多の黒い頭が動いていた。特別の事情のない限り、私はついに先生を見逃したかも知れなかった。それほど浜辺が混雑し、それほど私の頭が放漫であったにもかかわらず、私がすぐ先生を見付け出したのは、先生が一人の西洋人を伴(つ)れていたからである。

(上 先生と私 二)

 記憶して下さい。私はこんな風にして生きて来たのです。始めてあなたに鎌倉で会った時も、あなたといっしょに郊外を散歩した時も、私の気分に大した変りはなかったのです。

(下 先生と遺書 五十五)

2007年神奈川