山口誓子



山口誓子の句

   『凍港』

昭和3年(1928年)

   三月堂

天邪気夜番の柝にめつぶれる

   『七曜』

昭和14年(1939年)

   鹿児島

七高の正月休む城の垣

造士館城にして寒夜燈をともす

城山は寒夜犬吠え樹樹の深さ

兵起す喇叭ぞ鹿児島に雪降れり

   櫻 島

外套の釦あたらし溶岩(らば)に落ち

   『激浪』

昭和18年(1943年)

   白鳳城

城壘や咲かむとしつつ藤白し

伊賀上野蘇枋の花を以て古ぶ

花蘇枋逢ふは他郷の人ばかり

   愛染院

牡丹なほ蕾かたしや復も來む

鰤を割く店みてここや伊賀上野

暮遅し鞴(ふいご)動かす町も過ぎ

   赤坂町

春惜しむここも短かき坂の町

   簔蟲庵

緋毛氈われ等がために春の暮

鷹の羽を拾ひて持てば風集ふ

   『晩刻』

昭和21年(1946年)

夕燒けて西の十萬億土透く

   『構橋』

昭和29年(1954年)

   伊良湖

ここも親不知眞近くに鴨浮び

寒の早潮燈臺の胴に倚る

昭和30年(1955年)

大和また新たなる國田を鋤けば

   桂 濱

燈臺光椿林にあたり散らす

燈臺の轉光椿林潛る

冬の夜を燈臺競ふ南國は

冬凪ぎて龍馬着袴の後姿

何を手握(たにぎ)る銅像も懐手

   紀貫之宅址

冬の土佐配流されて來しならず

寒鴉飛ぶ室戸岬巖ばかりの上

冬の七彩燈臺のレンズのよさ

燈臺と同じ眼高冬涯(はて)なし

この床几吾も休めど遍路のもの

遍路白くてかたまるはかく哀れ

遍路負ふ米の重たき膨らみを

逆遍路室戸の岬をひとり過ぐ

海道を暮れて歩ける遍路ひとり

遍路夜明す岸壁の洞窟に

   琴 平

信仰は高きへ登る冬霞

   『方位』

昭和31年(1956年)

   鳴門行

湧きかへる春潮船と淡路の隙(ひま)

(いはほ)動かず渦潮の自在境

渦潮の底を思へば悲しさ滿つ

渦潮を兩國(ふたくに)の岬(さき)立ちて見る

鵜篝の早瀬を過ぐる大炎上

   小諸城址

手に挟み牡丹の面(おも)をまざと見る

梅雨の霧浮彫の詩を指に撫づ

   潮 岬

低咲きの岬の薊大海原

太陽の出でて没(い)るまで青岬

   津 山

蝉の城深井の底をわあと呼ぶ

昭和32年(1957年)

   足 摺

毒消賣土佐歩けるを追ひ越しゆく

春月に水飢饉なる足摺よ

若妻を伴(つ)れて遍路も酷からず

   醒ヶ井

櫻滿開雪折れの枝のまま

病める鱒落花に尾鰭動かしづめ

大露頭赭くてそこは雪積まず

   眞別處

高野より雲加はりて鰯雲

昭和34年(1959年)

   松 江

白魚火岸の燈明くなりし代に

   日の御碕

明治に初點今日の寒暮に燈臺點く

   鳥取砂丘

大物量砂丘を雪の覆ひたり

寒風の砂丘今日見る今日のかたち

   和歌山城

虎杖(いたどり)は城壘の花石の花

   『青銅』

昭和35年(1960年)

   唐招提寺

永き日を千の手載せる握る垂らす

開山忌盲(めしい)鑑眞起ちて出づ

   藥師寺

塔の巣の羽落ち落ちて地に達す

直立塔そこに雀の親の聲

近づくにつれ塔重き春の暮

   唐招提寺觀月

月の夜に開扉三處の三體佛

指さきにざらざらの香月に燻ぶ

奈良の月山出て寺の上に來る

   永平寺

禪の天藤房暗く懸りたり

萬緑に藥石板を打ち減らす

   松山行

寒曉の汽笛行手の海祓ふ

伊豫霙海渡らねば歸られず

止り木に孔雀城東落葉して

昭和36年(1961年)

   禄剛崎

ひぐらしが鳴く奥能登のゆきどまり

燈臺の陰涼む陰他になし

   白米の千枚田

千枚の稲田陥ちゆく裾亂し

   下 關

海峡に足向けて寢る長き夜を

門司の燈の長き夜長を減りもせず

春帆樓王者の犬が夜長吠ゆ

昭和37年(1962年)

   尾 道

寒曉に鳴る指弾せしかの鐘か

   南御堂

芭蕉忌の選して御堂筋が見ゆ

昭和38年(1963年)

   金瓶村

具足飾る茂吉疎開の家なりしよ

   筑波山

重なりて男峯一峯青きのみ

   『一隅』

昭和40年(1965年)

   奥の細道ところどころ

   裏見瀧

凍るべき瀧を見るいまならずばと

   殺生石

殺生石雪もこの世のものならず

   松 島

飛び立つて十字絣の海の鴨

大景の中飛ぶ鴨の粉微塵

船窓に貼りつく雪の大きな花

   平 泉

みちのくの馬に湯氣立つ雪に濡れ

   高 館

高館に雪その雪を握り潰す

   尾花澤

豪雪に寝て髪の毛の白くなる

   山 寺

卒塔婆もて雪除となす奥の院

   最上川

高きより雪崩れて最上川塞ぐ

   羽黒山

降る雪に貝吹く頬をふくらませ

   象 潟

象潟よ水田となりて島となれ

   奥の細道ところどころ(2)

   親不知

親不知雪嶺下り來てここに落つ

   倶利伽羅峠

越中の雪嶺芭蕉の高さなる

   色の濱

北海の清き渚に花水母

   上高地

燒岳の燒に今年の草青む

昭和41年(1966年)

   吉備町は犬養木堂出身の地

天寒くして木堂の細身の像

   知恩院

滿開の花揺すぶれど落花せず

金泥の雲屏風出て花の雲

眼に捉ふ落花途中の花びらを

透くことは慰め枯木透くことも

昭和42年(1967年)

佐鳴湖に下りゐて鴨は畝をなす

   谷 汲

笈摺を置く紫のげんげ田に

げんげ田を見盡くし遍路滿願寺

   南御堂

大阪の薫風ここの御堂より

香焚きて薫風の薫濃からしむ

   戸 隱

青田より直ぐに高嶽信濃なり

天高き戸隱屏を八つ折りに

   一茶終焉の土藏

これ以上土藏に秋の日を入れず

   姨 捨

姨捨へせり上り來し青棚田

   福 山

枯洲より見る南面の福山城

   

寒潮に入りて電纜四國へ行く

昭和43年(1968年)

   那 智

鳥居立つ大白瀧を敬へと

瀧落ちてゆくみづからを追ひ抜きて

大瀧は裾の亂れをつくろはず

   鳴 門

生きて吾在り渦潮の中に在り

歸らなんいざ渦潮の中を出て

   高野山

青蓮が銅蓮に見え佛も見ゆ

   乗鞍行

山腹の雪溪落ちずして殘る

海を行く妙義生れの虎落笛

   小豆島

放哉と僧墓似たり凍も似る

   觀音寺

遍路みな大師の麺と思ひ食ふ

   『不動』

昭和44年(1969年)

   本隆寺

吾が知るは雪圍ひせる寺ならず

   高松栗林公園

遠き世の如く遠くに蓮の華

廻遊の万緑吾に蹤き來る

燃えさかり筆太となる大文字

   南御堂

芭蕉忌にビルのガラスの絶壁よ

芭蕉忌に垂らす大福山水畫

   竹 内

千里の家壊して焚ける火にあたる

昭和45年(1970年)

   一乘谷

放哉に倣ひて「咳をしても雪崩」

   九 州

青牧の牛馬に「火山活動中」

   赤間神宮

龍宮の門南風を奉る

   嚴 島

涼しくて椅る海廊の朱の柱

大鳥居より直撃の涼風よ

   土 佐

氷挽く鋸土佐の大魚の牙

透明の氷塊四つ部屋に伐る

月と吾が飛行機他に何も無し

   余呉湖

秋晴に湖の自噴を想ひみる

   久遠寺

曼珠沙華願ひを蕊に擴げたる

   伊賀上野 天神祭

秋祭鬼面をかぶり心も鬼

白面の爲朝笑止秋祭

昭和46年(1971年)

   東尋坊

盆の荒れ三方岩の壁の海

   郡 山

城跡の窪は落葉の寄合場

   江の島

寒鴉その他辨財天配下

寒鴉いま辨財天と吾とのみ

昭和47年(1972年)

かんかんと鴨鳴く聲す浮御堂

浮御堂浮寢の鴨に燭消さず

   恐 山

硫氣孔虻蜂どもが何か舐む

殘る蠹無間地獄に鳴きひそむ

湖澄むに地獄より血の流れ來る

   犬山城

絨毯を敷きて冷えきる天守閣

   天神祭

中之島劍先祭川を切る

船渡御の水尾の八の字目出度き字

神輿船鳳凰外し橋潛る

   永平寺

大雪を冠りて木々も低頭す

大雪が押す禪堂の雪圍ひ

禪堂の屋根落ちし雪砦なす

雪の七堂雪の棟雪の棟

   『雪嶽』

昭和49年(1974年)

   奈 良

放生の善爲し終へて氷張る

アンテナはホテルの九輪霜光る

山口誓子に戻る