芭蕉の句


春もやや気色ととのふ月と梅

出典は『薦獅子集』(巴水編)。

 元禄6年(1693年)1月20日、深川芭蕉庵から大垣の木因に宛てた書簡にある。

木因は岐阜大垣の廻船問屋の主人。

『続猿蓑』(沾圃編)に収録。

『蕉翁句集』は「元禄五甲(ママ)ノとし」とする。

   「春もやゝけしきとゝのふ」と申残さ
   れし句意を味へ侍て

此梅を遥に月のにほひかな
   嵐雪


 おぼろに霞む月の光と梅の花のほころびに春の気配が次第にととのってくることだ。

 「春」、「梅」と季語が重なり、更に「月」まで加わっていて、季語が3つあると言われる句である

 加藤楸邨は「春のほのかな充実への推移がたしかな観照の眼で捉へられてゐる句だ。冬の気分から、実に丹念に見据ゑられてゐた季節の呼吸が感ぜられてくる。これは自然へ感合し、滲透(しんとう)しうる眼を充分具へた作家でなくては敢えてなしえないものと思ふ。」と評しているそうだ。難しい鑑賞文である。

青森県黒石市の黒石神社

岩手県大船渡市の天照御祖神社に新・旧2基

秋田県仙北市の西覚寺、秋田市の菅原神社

宮城県気仙沼市の北野神社、仙台市の滝沢神社

福島県会津若松市上町の旧家

茨城県小美玉市の修善院、土浦市の小松廿三夜尊、潮来市の三熊野神社

群馬県伊勢崎市の赤城神社長光寺、高崎市の妙見寺、藤岡市の戸塚神社

埼玉県羽生市の毘沙門堂、行田市藤原町2丁目、寄居町の不動寺

 嵐山町の路傍、小川町の八幡神社、滑川町の伊古乃速御玉比売神社

東京都足立区の千住本氷川神社足立区立郷土博物館

 墨田区の向島百花園

 中央区の築地本願寺、渋谷区の龍巖寺

 福生市の福生神明社、日野市の百草園

千葉県館山市の補陀落山那古寺

神奈川県横浜市の飯田家住宅、鎌倉市の千手院「らい亭」

静岡県伊豆市の道路沿い、焼津市の海蔵寺、浜松市の金刀比羅神社

山梨県甲府市の遊亀公園、山梨市の圓通寺、大月市の北野三社大神

 身延町の久保公民館光子沢の路上

長野県佐久市の火の見櫓下、上田市の信濃国分寺、長野市の地蔵堂

 飯田市の愛宕稲荷神社光明寺

新潟県阿賀野市の水原八幡宮、新潟市の石動神社、燕市の本久寺

 十日町市の聖聚院

石川県穴水町の来迎寺

三重県松阪市の菅相寺

鳥取県鳥取市の北野神社

山口県下関市の龍王神社安岡八幡宮小月神社嚴島神社

香川県土庄町の天神神社

愛媛県松山市の法然寺阿沼美神社、八幡浜市の八幡神社

高知県須崎市の圓龍寺

福岡県飯塚市の元「金本旅館」、久留米市の玉垂宮、八女市の平田稲荷神社

大分県大分市の柞原八幡宮

佐賀県唐津市の近松寺、伊万里市の淀姫神社、嬉野市の本應寺

熊本県阿蘇市の満徳寺、山鹿市の長源寺、御船町の東禅寺

鹿児島県鹿児島市の吉野公園に句碑がある。

黒石神社の句碑
   
西覚寺の句碑

   


北野神社の句碑
   
滝沢神社の句碑

   


修善院の句碑



小松廿三夜尊の句碑
   
三熊野神社の句碑

   


赤城神社の句碑
   
長光寺の句碑

   


不動寺の句碑
   
嵐山町の句碑
   
八幡神社の句碑

   

   


向島百花園の句碑



千住本氷川神社の句碑



百草園の句碑
   
補陀落山那古寺の句碑

   


千手院の句碑
   
「らい亭」の句碑
   
飯田家住宅の句碑

   

   


伊豆市の句碑
   
海蔵寺の句碑

   


遊亀公園の句碑
   
光子沢の句碑

   


火の見櫓下の句碑
   
地蔵堂の句碑

   


石動神社の句碑
   
本久寺の句碑

   


菅相寺の句碑



龍王神社の句碑



龍王神社の句碑
   
安岡八幡宮の句碑

   


小月神社の句碑
   
嚴島神社の句碑

   


法然寺の句碑
   
八幡神社の句碑

   


圓龍寺の句碑



淀姫神社の句碑



埼玉県越生町の黒岩五大尊にある古帳庵句碑にも此の句が刻まれている。



芭蕉の句に戻る