芭蕉の句碑群 馬


春もやゝけしき調ふ月と梅

伊勢崎市境に長光寺という寺がある。


長光寺山門


天台宗の寺である。

小柴山長光寺


左手に芭蕉の句碑があった。


春もやゝけしき調ふ月と梅

出典は『薦獅子集』(巴水編)。

 元禄6年(1693年)1月20日、深川芭蕉庵から大垣の木因に宛てた書簡にある。

『蕉翁句集』は「元禄五甲(ママ)ノとし」とする。

天保12年(1841年)3月、其日庵有物社中建立。仁井田碓嶺筆。

『はせをつか』(楓幻亜編)に収録されている。

当初は境町諏訪町の三夜堂境内に建てられたそうだ。

 宝暦11年(1761年)、石原有物は上淵名村(現・伊勢崎市)に生まれる。江戸の小簑庵碓嶺に師事。其日庵と号した。

天保13年(1842年)春、81歳で他界。

碑の裏には有物の辞世に続いて、21名の追悼句が刻まれている。

是ほどの花に別れて法の旅
   有物

風ふくとおもふは花の散日かな
   碓嶺

高野素十(すじゅう)の句碑があった。


空をゆく一とかたまりの花吹雪

昭和27年(1952年)、吉野で詠まれた句。『野花集』初秋。

素十の句碑は全国で64基あるそうだが、私は初めて見た。

 明治26年(1893年)、高野素十は茨城県北相馬郡山王村(現・取手市神住)に生まれる。本名は高野与巳(よしみ)。医学博士。

 山口誓子阿波野青畝水原秋桜子と共に『ホトトギス』の四Sと称された。

芭蕉の句碑群 馬〜に戻る