芭蕉の句碑


春もやゝ氣色とゝのふ月と梅

焼津市東小川に海蔵寺という寺がある。


宝城山海蔵寺


時宗の寺である。

小泉八雲が度々訪れた寺だそうだ。

海蔵寺の片隅に芭蕉の句碑があった。


春もやゝ氣色とゝのふ月と梅

出典は『薦獅子集』(巴水編)。

 元禄6年(1693年)1月20日、深川芭蕉庵から大垣の木因に宛てた書簡にある。

木因は岐阜大垣の廻船問屋の主人。

嘉永7年(1854年)1月、紀伊一祷齋志貴麿建立。伊豆七十翁野馬堂書。

芭蕉の句碑に戻る