2017年福 岡

元「金本旅館」〜碑巡り〜
indexにもどる

 飯塚市西町の故金本冬雲宅に芭蕉の句碑があるというので、訪ねてみた。

金本氏宅の庭の草木に埋もれるように芭蕉の句碑があった。


春もやゝけしきとゝのふ月と梅

出典は『薦獅子集』(巴水編)。

 元禄6年(1693年)1月20日、深川芭蕉庵から大垣の木因に宛てた書簡にある。

『続猿蓑』(沾圃編)に収録。

『蕉翁句集』は「元禄五甲(ママ)ノとし」とする。

芭蕉の句碑の後ろに河野静雲の句碑があった。


仏壇にちゝはゝ在す冬ごもり

河野静雲は福岡市出身の時宗の僧。

昭和24年(1949年)、大宰府に花鳥山佛心寺を創建。

昭和49年(1974年)、86歳で死去。

駐車場には金本冬雲の句碑があった。


蕾まだ何の色とも花菖蒲

故金本冬雲宅は元「金本旅館」。

 正岡子規「水音のまくらに落つる寒さ哉」の句碑などもあったようだが、近くのお寺に移されたそうだ。

2017年福 岡〜に戻る