歌 碑


万葉歌碑

群 馬 ・ 山上憶良 ・ 柿本人麻呂

『万葉集』の歌



安積山影さへ見ゆる山の井の浅き心を吾が思はなくに

安積山(福島県郡山市)



橘の下吹く風のかぐはしき筑波の山を恋ひずあらめかも

筑波神社(茨城県つくば市)



霰降り鹿島の神を祈りつつ皇御軍(すめらみいくさ)に我は来にしを

鹿島神宮(茨城県鹿嶋市)



まくらがの許我の渡りのからかじの音高しもな寝なへ児ゆえに

逢はずして行かば惜しけむまくらがの許我こぐ船に君も逢はぬかも

古河駅西口(茨城県古河市)



下毛野みかもの山のこ楢のすまぐはし児ろは誰が笥か持たむ

三毳山(栃木県佐野市)



武蔵野乃久佐波母呂武吉可毛可久母伎美我麻尓末尓吾者余利尓思乎

けやき並木(東京都府中市)



勝鹿(かつしか)の真間の井見れば立ち平(なら)し水汲ましけむ手児名し思ほゆ

手児奈霊堂(千葉県市川市)



(あ)の音せず行かむ駒(こま)もが葛飾の真間の継橋やまず通はむ

真間の継橋(千葉県市川市)



田子のうらゆうちてゝみれはまし楼にそ富士の高嶺に雪は降りける



足柄(あしがり)の土肥(とひ)の河内(かふち)に出づる湯の世にもたよらに子ろが言はなくに

万葉公園(神奈川県足柄下郡湯河原町)



佐可故要弖阿倍乃田能毛尓為流多豆乃等毛思吉伎美波安須左倍母我毛

大井川河川敷(静岡県島田市)



八千種(やちくさ)に草木を植ゑて時ごとに咲かむ花をし見つゝ賞(しの)はな

千曲市役所戸倉庁舎(長野県千曲市)



信濃道は今の墾り道刈りばねに足ふましむな沓はけわが背

千曲川万葉公園(長野県千曲市)



信濃なる千曲の川の細石も君し踏みてば玉と拾はむ

戸倉上山田温泉(長野県千曲市)



ちはやふる神のみ坂に幣まつり斎(いは)ふ命は母(おも)父がため

会地早雄神社(長野県埴科郡坂城町)



信濃なる須我の荒野に霍公鳥(ほととぎす)鳴く声聞けば時過ぎにけり

菅平高原自然館(長野県小県郡真田町)



いやひこ神の麓に今日らもか鹿の伏すらむ皮服(かはごろも)着て角つきながら

彌彦神社(新潟県西蒲原郡弥彦村)



玉桙の道の神たち幣よせむ我が思ふ君をなつかしみせよ



うら恋し我が夫の君は瞿麦が花にもがもな朝な朝な見む

倶利伽羅峠(富山県射水市)

大伴家持の歌碑



東風いたく吹くらし奈呉の海人の釣する小舟漕ぎ隠る見ゆ

放生津八幡宮(富山県射水市)



うつせみのいのちををしみなみにぬれいらこのしまのたまもかりをす

伊良湖岬(愛知県田原市)



白真弓石部の山の常盤なる命なれやも恋ひつゝ居らむ

草津線石部駅(滋賀県湖南市)



楽浪乃国都美神乃浦佐備而荒有京見者悲毛

近江神宮(滋賀県大津市)



わが背子と二人見ませば幾許かこの降る雪のうれしからまし

東大寺(奈良県奈良市)



秋萩の散りのまがひに呼び立て鳴くなる鹿の聲の遥けさ

手向山八幡宮(奈良県奈良市)

大伴家持の歌碑



うらうらに照れる春日にひばりあがり情悲しもひとりしおもへば

氷室神社(奈良県奈良市)

大伴家持の歌碑



沫雪のほどろほどろに降りしけば平城(なら)の京師(みやこ)し思ほゆるかも

秋篠川沿い(奈良県奈良市)

額田女王の歌碑



茜さす紫野の行き標野(しめの)行き野守は見ずや君が袖振ふる



防人に行くは誰が夫(せ)と問ふ人を見るが羨(とも)しさ物思(もひ)もせず

千里南公園(大阪府吹田市)



熟田津尓舩乗世武登月待者潮毛可奈比沼今者許藝乞菜

愛媛縣護國神社(愛媛県松山市)



熟田津爾舩乗世武登月待者潮毛可奈比沼今者許可藝乞菜

松山梅田町郵便局(愛媛県松山市)



熟田津尓舩乗世武登月待者潮毛可奈比沼今者許藝乞菜

久枝神社(愛媛県松山市)

山部赤人の歌碑


   


玉津島神社(和歌山県和歌山市)



紀伊の海の名高の浦に寄する波音高きかも逢はぬ子ゆゑに

海南駅高架下(和歌山県海南市)



藤白のみ坂を越ゆと白たへのわが衣手はぬれにけるかも

有間皇子神社(和歌山県海南市)



家有者笥尓盛飯乎草枕旅尓之有者椎之葉尓盛

有間皇子史跡(和歌山県海南市)



かくのみにありけるものを猪名川のおくをふかめてわが思へりける

猪名川河川敷緑地(兵庫県伊丹市)



吾妹児ニ猪名野者令見都名次山角松原何時可将示

ふるさと小径(兵庫県伊丹市)



明石潟汐干の道を明日よりは下咲(したゑ)ましけむ家近づけば

明石川左岸(兵庫県明石市)



風ふけば波かたゝむとさもらひに都多のほそ江に浦かくりをり

津田天満神社御旅所(兵庫県姫路市)



海原を八十島がくり来ぬれども奈良の都は忘れかねつも

つれしおの石ぶみ(広島県尾道市)



ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬともぐれどもわれは忘れじ志賀の皇神(すめかみ)

大汝(おほなむち)少彦名の神こそは名付けそめけめ名のみを

名児山(なごやま)と負ひてわが恋の千重の一重も慰めなくに

宗像大社(福岡県宗像市)



ちはやぶる鐘の岬を過ぎぬともわれは忘れじ

志賀海神社(福岡県福岡市)



かしふ江にたづ鳴き渡る志賀の浦に沖つ白波立ちしくらし毛

志賀中学校(福岡県福岡市)



志賀の浦にいざりする海人家人のまちこふらむに明かしつる魚

志賀小学校(福岡県福岡市)



大船に小船引きそへかづくとも志賀の荒雄にかづきあはめやも

休暇村志賀島(福岡県福岡市)



志賀の海人は藻刈り塩焼きいとまなみ髪梳の小櫛取りも見なくに

下馬ヶ浜(福岡県福岡市)



やすみしし我が大君の食(を)す国は大和もここも同じとぞ思ふ



世の中は空しきものと知る時しいよよますます悲しかりけり



あをによし寧楽(なら)の京師(みやこ)は咲く花の薫(にほ)ふがごとく今さかりなり

大宰府跡(福岡県太宰府市)



遠つ人松浦佐用姫徒ま恋に領巾振里しより負へる山乃名



行く船を振り留(とど)みかね如何ばかり恋しくありけむ松浦佐用姫

鏡山展望台(佐賀県唐津市)



麻都良我多佐欲比賣能故何
比例布利斯夜麻能名乃尾夜
伎々都々遠良武

鏡山神社(佐賀県唐津市)



恋ひつつも居らむとすれど遊布麻山(ゆふまやま)隠れし君を思ひかねつも

湯布院駅(大分県由布市)



明日よりは我れは恋ひむな名欲山岩踏み平し君が越え去なば



命をしま幸くもがも名欲山岩踏み平しまたまたも来む

権現山公園(大分県竹田市)

歌 碑に戻る