茂吉ゆかりの地


茂吉歌碑

山 形

斎藤茂吉の歌

豊浦町文学碑公園(北海道虻田郡豊浦町)


白浪のとどろく磯にひとりしてメノコ居たるを見おろして過ぐ

青柳児童公園(岩手県北上市)


日は晴れて落葉のうへを照らしたる光寂けし北国にして

日和山公園(宮城県石巻市)


わたつみに北上川の入るさまのゆたけきを見てわが飽かなくに

鳴子温泉(宮城県大崎市)


おのずから硫黄の香するこの里に一夜のねむり覚めておもへる

仙台城(宮城県仙台市)


わがこころ和ぎつつゐたり川の瀬の音たえまなき君が家居に

桶 沼(福島県福島市)


五日ふりし雨はるるらし山腹の吾妻のさぎり立のぼりみゆ

勿来の関跡(福島県いわき市)


みちのく能勿来へ入らむ山かひに梅干ふくあれと阿がつま

レスト日塩(栃木県那須塩原市)


しほ原の湯の出でどころとめ来ればもみぢの赤き処なりけり

妙雲寺(栃木県那須塩原市)


とうとうと喇叭を吹けば塩はらの深染の山に馬車入りにけり

西の河原公園(群馬県吾妻郡中之条町)


いづこにも湯が噴きいでてながれゐる谷間を行けば身はあたたかし

三峯神社(埼玉県秩父郡大滝村)


二つ居りて啼くこえきけば相呼ばふ鳥が音かなし山の月夜に

三筋保育園(東京都台東区)


浅草の三筋町なるおもひでもうたかたの如や過ぎゆく光(かげ)の如や

青山脳病院跡(東京都港区)


あかあかと一本の道通りたり霊剋るわが命なりけり

強羅公園(神奈川県足柄下郡箱根町)


おのづから寂しくもあるかゆふぐれて雲は大きく谿に沈みぬ

湯田中温泉(長野県下高井郡山ノ内町)


湯田中の河原に立てば北側ははつかに白し妙高の山

津島神社(長野県諏訪郡下諏訪町)


高槻の木末にありて頬白のさへつる春となりにけるかも

富士見公園(長野県諏訪郡富士見町)


高原尓足乎留而目守良無加飛騨乃左加比乃雲比曽武山

上松小学校(長野県木曽郡上松町)


駒ヶ嶽見てそめけるを背後にし小さな汽車は峡に入りゆく

西福寺(新潟県長岡市)


みほとけの大きなげきのきはまりをとはにつたへてひゞきわたらむ

華厳寺(岐阜県揖斐郡揖斐川町)


谷汲はしづかなる寺くれなゐのうめ干ほしぬ日のくるる迄

細江町(山口県下関市)


雨雲のみだれ移るを車房よりわが見つつ居り関門の海

宝厳寺(愛媛県松山市)


あかあかと一本の道通りたり霊剋るわが命なりけり

片江風致公園(福岡県福岡市)


おのづから寂しくもあるかゆふぐれて雲は大きく谿に沈みぬ

渚館きむら(佐賀県唐津市)


肥前なる唐津の濱にやどりして唖のごとくに明け暮れむとす

唐津城(佐賀県唐津市)


松浦河月あかくして人の世のかなしみさへも隠さふべしや

古湯温泉(佐賀県佐賀市)


うつせみの病やしなふ寂しさは川上川のみなもとどころ



ほとほとにぬるき温泉(いでゆ)を浴(あ)むるまも君が情を忘れておもへや

祐徳稲荷神社(佐賀県鹿島市)


祐徳院稲荷にも吾等まうでたり遠く旅来しことを語りて

轟の滝公園(佐賀県嬉野市)


わが病やうやく癒えぬと思ふまで嬉野の山秋ふけむとす

彼杵神社(長崎県東彼杵郡東彼杵町)


旅にして彼杵神社の境内に遊楽相撲見ればたのしも

桜町公園(長崎県長崎市)


あさ明けて船より鳴れる太笛のこだまは長し並みよろふ山

興福寺(長崎県長崎市)


長崎の昼しづかなる唐寺や思ひいづれば白きさるすべりのはな

小浜温泉(長崎県雲仙市)


ここに来て落日を見るを常とせり海の落日も忘れざるべし

霧島神社(鹿児島県霧島市)


大きなるこのしづけさや高千穂の峯の総べたるあまつゆふぐれ

霧島高原(鹿児島県霧島市)


牧園へ太鼓踊を見に来よと便り来りぬ瓜を割るとき

宮の杜ふれあい公園(鹿児島県霧島市)


石體の神のやしろに小石つむこの縁さえ愛しかりけれ

上床公園(鹿児島県霧島市)


ひむがしの空にあきらけき高千穂の峰に直向ふみささぎぞこれ

指宿温泉(鹿児島県指宿市)


なぎさにも湧きいづる湯の音すれど潮満ちきたりかくろひゆくも

「玉の井」(鹿児島県指宿市)


玉の井に心恋しみ丘のへをのぼりてくだる泉は無しに

枚聞神社(鹿児島県指宿市)


たわやめの納めまつりし玉手筥そのただ香にしわが觸るごと

開聞岳登山口(鹿児島県指宿市)


開聞は圓かなる山とわたつみの中より直に天に聳えけれ

茂吉ゆかりの地に戻る