一茶の句



『文化句帖』

   文化元年1月

廿一日 雪

      帰雁見知ておれよ浮御堂

   文化元年2月

廿五日 晴 北風吹

巣兆ノ婦人例ならぬとて、乙二道彦とおなじく千住におもぶく。かへるさ穏(隠)坊の家をよ所に見なして、

      わか草や誰身の上の夕けぶり

      わか草と見るもつらしや夕けぶり

廿六日 晴 月船登東叡山

      棒突も餅をうりけり山桜

      御山はどこ上つても花の咲

   文化元年3月

十三日 晴 南吹 穀雨三月中未一刻ニ入

   中村二竹、古郷に赴けば、本郷追分迄おくる。

      霞み行や二親持し小すげ笠

卅日 晴

   文化元年4月

十一日 雨 午刻ヨリ晴

      行々しどこが葛西の行留り

   文化元年5月

十日 朝曇 晴 流山ニ入 夜雨

      刀禰川は寝ても見ゆるぞ夏木立

十六日 午下刻雨 南風

      小松菜の見事に生て蚊やり立

   文化元年7月

   二日 晴 富津ニ入

      秋立や身はならはしのよ所[の]窓

         大乗寺地獄画

      秋の風劔の山を来る風か

      秋の風我は(が)参るはどの地獄

   文化元年8月

廿七日 村雨 流山ニ入

      秋の夜や隣を始しらぬ人

廿八日 雨

      越後節蔵に聞へて秋の雨

   文化元年9月

一日 晴 亦洪水加三寸。根本といへる邑の圦樋より切込。

      蕣(あさがほ)やたぢろぎもせず刀根の水

二日 晴 亦洪水加六寸。水ハいよいよ増つゝ、川添の里人は手に汗を拳(にぎ)り、足を空にして立さハぐ。今切こミしほどの圦樋(いりひ)・彼堤とあはれ風聞に胸を冷して、家々のおどろき大方ならず。

      魚どもの遊びありくや菊の花

      夕月や流残りのきりぎりす

廿六日 雨 昼ヨリ晴

   祗兵とゝもに、相生町見に行かへるさ両国茶店にて、

      橋見へて暮かゝる也秋の空

廿九日 曇 元三大師御遷宮拝みに、祗兵同道して

      末枯(うらがれ)やむごひ(い)(値)踏の柱員(かず)

      蓮[の]葉[の]青きも見へ(え)て初時雨

   文化元年10月

十二日 晴 小金 翁会 布川二入

      芭蕉忌に先つゝがなし菊の花

廿日 晴 江戸入

廿一日 晴 家財流山ヨリ来

      見なじまぬ竹の夕やはつ時雨

      寝始る其夜を竹の時雨哉

廿五日 雨 与雨十浅草観音

      散木葉ことにゆふべや鳩の豆

      木がらしの吹留りけり鳩に人

         おく山茶店にて

      初紅葉どれも榎のうしろ也

         正統寺にて

      散紅葉流ぬ水は翌のためか

   文化元年11月

十四日 晴

      はつ雪や竹の夕を独寝て

廿七日 晴 随斎会出席

      はつ雪に白湯すゝりても我家哉

   文化元年12月

九日 晴 布川元貞来 其寛来ル

      来るも来るも下手鶯よ窓の梅

      窓あれば下手鶯も来たりけり

廿一日 晴 油 立川通御成

      梅がゝやどなたが来ても欠茶碗

廿五日 雨 野松来 夜丑刻雷 始雪

   文化2年1月

一日 晴 心可と佃島住吉の旭おがみに行く。

      年立や日の出を前の船の松

      欠鍋も旭さす也是も春

十日 晴 文国宿 梅屋敷

      只の木はのり出で立てり梅[の]花

十一日 晴 亀井天神宮

      御桜御梅の花松の月

   文化2年2月

三日 晴 道彦と上野へ登る 清水舞台にやすらふ

      春の日[を]背筋にあてることし哉

八日 晴 霜

      梅咲くや見るかげもなき己が家

      黒門の半分見へ(え)て春の雨

十日 晴 禁足

      梅咲くや見るかげもなき門に迄

廿九日 雨 其角百年忌

      春の風草にも酒を呑すべし

   文化2年5月

廿六日 晴

      五月雨におつぴしげたる住居哉

      宵々はきたない竹も螢哉

   文化2年6月

一日 晴 浅草不二
      背戸[の]不二青田の風を吹過る

   文化2年8月

十五日 酉ノ刻陰る 戌刻雨

      十五夜や田を三巡の神の雨

   文化2年閏8月

十日 晴 布川ニ入 問屋仁左衛門の祈事アリ

         鎌ヶ谷原

      先の人も何も諷(うた)はぬ秋の原

   文化2年10月

十二日 晴 馬橋ニ入

      ばせを忌や丸こんにやくの名所にて

十五日 晴 棒島の罪人

      其日流山ニ入

      ちとの間は我宿めかすおこり炭

      炭くだく手の淋しさよかぼそさよ

廿二日 雨

         小金原

      冬枯や親に放れし馬の顔

   文化3年1月

   廿三日 晴 徳満寺地蔵参詣

段々に朧よ月よこもり堂

   文化3年3月

十三日 むら雨 南風吹

         竹阿十七回忌 長応院に参る

      ○古き日を忘るゝなとや桜咲文化

   文化3年4月

二日 晴 双樹と深川ニ入

      かんこ鳥しなのゝ桜咲にけり

   文化3年5月

十九日 晴 勝山浄蓮寺ニ入

    鯨見物

      小盥(こだらい)も蓮(はちす)もひとつ夕べ哉

      痩梅(やせうめ)のなりどしもなき我身哉

廿一日 晴

      わざわざに蝶も来て舞ふ夏花(げばな)

   文化3年6月

一日 晴 浦賀ニ渡 白毛黒クナル藥クルミヲスリツブシ毛ノ穴ニ入

      涼風もけふ一日の御不二哉

二日 晴 夜雨

      夕立の祈らぬ里にかかるなり

   文化3年7月

      蕣(あさがお)の下谷せましと咲にけり

      朝顔や再生と秋を咲

廿四 晴 送野逸

      大桜さらに風まけなかりけり

   文化3年8月

十二日 大雨

      気に入らぬ家も三とせの月よ哉

   文化3年9月

9日 九 晴 与野逸金町

      杭に来て鷺秋と思ふ哉

   文化3年10月

      赤子からうけならはすや夜の露

   文化4年1月

一日 晴

      はつ春やけぶり立るも世間むき

      元日も爰(ここ)らは江戸の田舎哉

      沙汰なしに春は立けり草屋敷

二日 晴

      鶯にかさい訛はなかりけり

   文化4年3月

一日 晴 曇 此日花御堂作るとて道に童ども銭をとる 流山ニ入

         小金原

      雉なくやきのふ焼れし千代の松

      よるハとしや野べは鳥鳴桜咲

廿一日 晴 双樹と方々遊参。湯島円満寺木食寺也。補陀殿ト有。イゝ蔵横丁天満宮、牛天神、波切不動、法化(華)山伏、小石川伝通院

      藪の蜂来ん世も我にあやかるな

   文化4年5月

廿七日 晴 成美会止ム 於十時庵恒丸会有

      此月に扇かぶつて寝たりけり

   文化4年10月

十二日 晴 小金ニ入

      ばせを忌や時雨所の御コンニヤク

   文化5年4月

八日 晴 松井と灌仏参

      藤棚もけふに逢けり花御堂

十八日 晴

      蚊の出て空うつくしき夜也けり

      古わらぢ螢[と]ならば角田川

『文化五・六年句日記』

   文化5年6月

十四日、晴 熱田明神の祭有、千住秋香庵中飯。小菅村水戸橋ふしん、舟渡し。新宿より高須村といふ所に堤有、去卯六月三日洪水に破れて、新堤によし簀引はりて餅など売有。足を休。

      六月や草も時めくわらじ(ぢ)茶屋

   文化5年12月

十五[日] 晴 板橋山城屋

      雪雹(ひさめ)うしろ追うれて六十里

『文化六年句日記』

   文化6年1月

一日 寅刻ヨリ辰刻迄晴天 不二南吹 巳刻霰 午刻晴大風

   思旧巣

梅さくや寝馴し春も丸五年

   文化6年2月

五[日] 晴

      死下手の此身にかゝる桜哉

   文化6年5月

十四日 晴

      身の上の鐘と志りつつ夕涼

   文化6年5月

一日 申八刻雨 寒 浅見参

      涼風はどこの余りかせどの不二

      不二の草さして涼しくなかりけり

      マタグ程の不二へも行かぬことし哉

      蟷螂が不二の麓にかゝる哉

『文化三―八年句日記写』

文化3年

 九月九日、空寒からず熱からず、すゝむ足おのづから軽く、心の霧も晴るゝ心ちして先小梅堤にかゝる。刈れる小田有、いまだ刈らざる有。作らぬ菊も折しり顔にさきて、さすがに暮秋のおぼぶきを残す。

      風吹いてそれから雁の鳴にけり

 同行もおなじ優婆塞にて八十の叟なれば、物のわきまへも一かたならず。秋の草木のあはれをもたゞにや見過すべき。我は常々行かふ道にしあれど、けふは格別の風情を添ふ

      たやすくも菊の咲たる川辺哉

 午刻ばかりに金町に至る。爰の祭りは必ことざまのてぶりもやあらんと、久しくより心にかけて、漸ことし見る日を得るはけふ也けりと、老ほこりにほこり来ぬるに、さはなくて世間にありふるゝ操狂言といふものにぞありける。二人は興ざめて、ふたゝび見るべくもあらず。只松の小陰によりて、痩脛の疲れをさする。

      草花に汁鍋けぶる祭哉

 秋の日の袖に傾けば、かへる期のせかれて、もと来し道をいそぐ。

      日短かは蜻蛉の身にも有にけり

      又人にかけ抜れけり秋の暮

 灯のとぼる家、とぼらざる家のあちこち見ゆる比(ころ)、庵にかへる。

      雁下りてついと夜に入る小家哉

   文化4年8月

 渋村、わく(たカ)や市左衛門に舎る。かねて約束なれば、先、湖光、完枝に逢て歌仙などす。

         即興

      せい出して山湯のけぶる野分哉

      小男鹿の水鼻ぬぐふ紅葉哉

   文化6年1月

 夜酉の刻の比(ころ)、火もとは左内町とかや、折から風はげしく、烟(けぶり)四方にひろがりて、三ヶ日のはれに改たる蔀畳のたぐひ、千代をこめて餝(かざり)なせる松竹にいたる迄、皆一時の灰塵(燼)とはなれりけり。されば人に家取られしおのれも、火に栖焼れし人も、ともにこの世の有さまなるべし。

      元日や我のみならぬ巣なし鳥

      礎や元日しまの巣なし鳥

      家なしの此実も春に逢ふ日哉

         随斎のもとにありて乞食客 一茶述

   文化6年2月

   二月八日 於葛斎

正月はくやしく過ぬ春の風
   一茶

     猫鳥鳴ておぼろ始る
   恒丸

   文化6年3月

         東岸寺藤勧進

      藤棚やうしろ明りの草の花

一茶の句に戻る