下 町台東区
indexにもどる

正燈寺〜もみじ寺〜

台東区竜泉に正燈寺というお寺がある。


東陽山正燈寺


竜泉寺町にあり。妙心寺派の禅刹にして、承応三年に愚堂和尚草創す。(和尚は大円宝鑑国師と諡号(おくりな)す。天性明敏にして大いに禅海の浩濤を皷起す。宝鑑国師の語録につまびらかなり。)当寺の後園楓樹多し。(その先山城高雄山の楓樹の苗を栽ゆると云ふ。)晩秋の頃は、詞人吟客こゝに群遊しその紅艶を賞す。


臨済宗妙心寺派のお寺である。



江戸の紅葉の名所と言えば、下谷の正燈寺と品川の海晏寺

 正燈寺は京都の高雄からもみじを移植し、名所図会に「もみじ寺」として登場する程の景勝地であった。

加舎白雄は正燈寺の紅葉を句に詠んでいる。

   正灯寺

門に入て紅葉かざゝぬ人ぞなき


 文化元年(1804年)10月25日、小林一茶も正燈寺の紅葉を句に詠んでいる。

   正統寺にて

散紅葉流ぬ水は翌のためか

『文化句帖』(文化元年10月)

下 町台東区に戻る