小林一茶ゆかりの地



浅間神社

 浅草寺から言問通りを越えて行くと、台東区立富士小学校の向かいに浅間神社がある。


浅間神社


「浅草のお富士さん」として知られ、江戸を代表する富士信仰の聖地であった。

文化2年(1805年)6月1日、小林一茶は浅間神社を参詣。

一日 晴 浅草不二詣

   背戸[の]不二青田の風を吹過る

『文化句帖』(文化2年6月)

6月1日は浅間神社の祭日。

一日 申八刻雨 寒 浅見参

   涼風はどこの余りかせどの不二

   不二の草さして涼しくなかりけり

   マタグ程の不二へも行かぬことし哉

   蟷螂が不二の麓にかゝる哉

『文化六年句日記』(文化6年6月)

   浅草や家尻の不二も鳴雲雀

『七番日記』(文化7年正月)

   わか艸や町(ママ)のせどのふじの山

『七番日記』(文化9年正月)

      浅草田圃にて

   夕立にうち任せたりせどの富士


   浅草の不二を踏へてなく蛙

『七番日記』(文化10年正月)

一茶は文化10年に江戸にいなかった。

富士の気で跨げば草も涼しいぞ

涼しさや五尺程でもお富士山

『七番日記』(文化11年5月)

文化11年5月にも一茶は江戸にいなかった。

   浅 草

涼しさや一またぎでも不二の山

『梅塵本八番日記』(文政4年)

 文化14年(1817年)7月4日、一茶は故郷の柏原に帰る。それ以来、江戸に出て来ることはなかった。

明ぬ間に不二十ばかり上りけり

三尺の不二浅間菩薩かな

『八番日記』(文政4年6月)

蝸牛ともども不二へ上る也

『文政句帖』(文政6年10月)

浅草や朝飯前の不二詣

浅草や犬も供して不二詣

『文政句帖』(文政7年6月)

小林一茶ゆかりの地に戻る