旅のあれこれ文 学


竹久夢二ゆかりの地

 明治17年(1884年)9月16日、岡山県邑久郡本庄村(現:岡山県瀬戸内市邑久町本庄)に生まれる。

 明治34年(1901年)、単身上京。

 明治35年(1902年)、早稲田実業学校に入学する。

 明治40年(1907年)、岸たまきと結婚。

 明治42年(1909年)、たまきと協議離婚。

 明治43年(1910年)、たまきと再び同棲。

 明治44年(1911年)3月、東山温泉に逗留。

 大正元年(1912年)、第一回夢二作品展覧会を京都府立図書館で開催。

 大正3年(1914年)、「港屋絵草紙店」を開く。

 大正4年(1915年)、たまきと離別。

 大正7年(1918年)、二回目の個展を開く。

 大正8年(1919年)、夢二は本郷菊富士ホテルでモデルのお葉(本名は永井カ子ヨ)を紹介される。

 大正8年(1919年)6月、初めて伊香保を訪れた。

 大正9年(1920年)1月、夢二の永遠の恋人彦乃は病床で夢二の名を呼びながら25歳の短い一生を終えた。夢二は37歳。

 大正10年(1921年)、お葉と渋谷に所帯を持つ。

 大正14年(1925年)、作家山田順子と交渉を持ち、お葉は去る。後、順子とも別れる。順子は秋聲の愛人となる。

徳田秋聲新妻門生等を携へて來るを見る。秋聲子の新夫人はもと画工の竹久夢二の妻にて淫蕩の噂かくれなき美人なり。秋聲子が繼妻を迎へし事は其作れる小説を見れば明なり。

『斷腸亭日乘』(大正15年11月6日)

 昭和5年(1930年)44月、群馬県の伊香保温泉に約1ヶ月滞在。

 昭和6年(1931年)5月、夢二渡米。望郷の念にかられ夢二は「青山河」を描き、ジャーナリスト坂井氏に送った。坂井氏は第二次大戦中の収容所生活で「青山河」を守り通した。やがて終戦を迎え、ある日、「青山河」が夢二会に届いた。

 昭和9年(1934年)9月1日、49歳で逝去。19日、雑司ヶ谷霊園に埋葬される。

 昭和56年(1981年)、伊香保に夢二記念館が開館。「青山河」は半世紀の長い旅を終えて、榛名山に帰ってきた。

浅虫温泉

(青森県青森市)

象 潟

(秋田県にかほ市)

東山温泉「新瀧夢千年」

(福島県会津若松市)

東山温泉「くつろぎ宿新滝」

東山温泉(福島県会津若松市)

福渡温泉「和泉屋旅館」

(栃木県那須郡塩原町)

竹久夢二伊香保記念館〜竹久夢二文学碑〜

(群馬県高崎市)

高根展望台〜竹久夢二の歌碑〜

(群馬県渋川市)

榛名湖〜竹久夢二の歌碑〜

(群馬県高崎市)

湖畔の宿記念公園〜竹久夢二のアトリエ〜A

(群馬県高崎市)

湖畔の宿記念公園〜竹久夢二のアトリエ〜

(群馬県高崎市)

草津温泉

(群馬県吾妻郡草津町)

法師温泉「長寿館」

(群馬県利根郡新治村)

田端文士村記念館

(東京都北区)

海水館の碑

(東京都中央区)

夢二港屋ゆかりの地

(東京都中央区)

竹久夢二を埋む

雑司ヶ谷霊園(東京都豊島区)

本郷菊富士ホテルの跡

(東京都文京区)

無縁坂

(東京都文京区)

上野恩賜公園

(東京都台東区)

「荒城の月」セノオ楽譜No.92

滝廉太郎居住地跡(東京都千代田区)

海鹿島

(千葉県銚子市)

犬吠埼

(千葉県銚子市)

大正橋〜竹久夢二の美人画〜

(長野県千曲市)

戸倉上山田温泉「笹屋ホテル」

(長野県千曲市)

酒造コレクション〜坂井銘醸〜

(長野県千曲市)

聖 湖

(長野県東筑摩郡麻績村)

宇奈月温泉

(富山県下新川郡宇奈月町)

和田の浜

(富山県滑川市)

湯涌温泉

(石川県金沢市)

JR邑久駅

(岡山県瀬戸内市)

夢二少年山荘公園

(岡山県瀬戸内市)

後楽園

(岡山県岡山市)

このページのトップに戻る

旅のあれこれ文 学に戻る