2010年長 野

聖 湖〜碑巡り〜
indexにもどる

長野県東筑摩郡麻績村に聖湖がある。


聖 湖


善光寺街道の猿ヶ馬場峠である。

湖畔に竹久夢二の歌碑があった。


番場峠の五月の花は枝は東に根は西へ

 夢二は、大正13年の春、当地(猿ヶ馬場峠)を訪れ、聖湖畔に咲く5月の花(山桜)の美しさを賞で、この句を残した。

聖湖から聖高原スキー場に向かうと、若山牧水の歌碑があった。


山に入り雪の中なる朴の木にから松に何とものを言ふべき

 第5歌集『死か芸術か』に「信濃より甲斐へ旅せし前後の歌、十六首。」として収録されている歌である。

明治45年(1912年)3月、牧水は歌会で信州麻績村を訪れた。

昭和39年(1964年)7月20日、建立。

喜志子書。

『牧水歌碑めぐり』(大悟法利雄著)によれば、43番目の牧水碑である。

2010年長 野〜に戻る