2004年下 町

上野恩賜公園〜黒 門〜
indexにもどる

JR上野駅公園口を出て、上野恩賜公園へ。


上野恩賜公園大噴水


正面に東京国立博物館が見える。

設計者は旧岩崎邸と同じく、イギリスのジョサイア・コンドル。

大正4年(1915年)12月6日、竹久夢二は博物館で笠井彦乃と逢う。

12月6日

江戸の花やかな歓楽の血をうけた古い人形よ。娘よ。
私は淋しい。
博物館の裏庭のあたゝかいベンチでしづかにしづかに話した。
生徒ではなかつた。自分は好いお友達として。

『夢二日記』(大正4年)

東京国立博物館屋外展示の1つに黒門がある。

黒 門


国指定の重要文化財である。

 黒門は旧因州池田屋敷表門。旧丸の内大名小路(現在の丸の内3丁目)にあった鳥取藩池田家江戸上屋敷の正門。明治時代、当時の東宮御所正門として移された後、高松宮邸に引き継がれ、さらに昭和29年(1954年)東京国立博物館に移築された。大名屋敷表門では東京大学の赤門と並び称されるもの。

2004年下 町〜に戻る