与謝蕪村

蕪村の句

indexにもどる

擂鉢のみそみめくりや寺の霜


うかれ越セ鎌倉山を夕千鳥


順礼の目鼻書行ふくべかな


不二ひとつ埋づみのこして若葉かな

   もろこしの詩客は一刻の霄をおし
   み、我朝の哥人はむらさきのあけ
   ぼのを賞せり。

春の夜や霄あけぼのゝ其中に

苗代や鞍馬の桜ちりにけり

牡丹散て打かさなりぬ二三片


落あふて音なくなりし清水哉

『宿の日記』(初稿)

春の水山無き国を流れけり


   雲裡叟武府の中橋にやとりして一壺の酒を蔵し
   一斗の粟をたくはへたゝひたこもりに篭りて一夏
   の発句おこたらしとのもふけなりしも遠き昔の俤
   にたちて

なつかしき夏書の墨の匂ひかな


ちりてのちもおもかげにたつ牡丹かな


うぐひすに老のひがみゝなかりけり


袷着て身は世にありのすさひ哉

折くるゝ心こほさし梅もとき

いはりせし蒲団ほしたり須广の里


玄鳥啼て夜蛇をうつ小家かな


   祖翁百回大會

空にふるはみよしのゝ櫻嵯峨の花

『風羅念仏』(法会の巻)

春雨やゆるひ下駄借奈良の宿

西ふけば東にたまる落葉哉


西吹けは東にたまる落葉かな


   離 落

鴬のあちこちするや小家がち

(たがやす)や鳥さへ啼ぬ山かげに

行春や撰者をうらむ哥の主

郭公待や都の空だのめ

わかたけや橋本の遊女ありやなし

ひたと犬の鳴町過て踊(おどり)かな

負まじき角力を寐物がたり哉

物焚て花火に遠きかゝり舟

   良夜訪ふ方もなく、訪来る人もな
   ければ

中々に独なればぞ月を友

憂我にきぬたうて今は又止

我頭巾うき世のさまに似ずも哉(がな)

はつ雪や消ればぞ又艸の露

磯ちどり足をぬらして遊びけり

西吹ばひがしにたまる落葉哉

乾鮭や琴(きん)に斧うつ響あり

とし守夜老は尊く見られけり


  月こよひ主の翁舞いてよ

負ましき相撲を寝物語かな


狐啼てなの花寒き夕辺哉


去年見し鵜匠ハ今年見へぬ哉


みしか夜や芒生そう垣のひま


かへる雁田ごとの月の曇る夜に

木曾路行ていざ年よらむ秋獨り

名月や兎の渡る諏方(訪)のうみ


春の海終日のたりのたりかな



負まじき角力を寝ものがたり哉

大[と]この糞ひりおはすかれの哉


春の海日終のたりのたりかな


仲麿が魂まつりせん春の月


   弁慶画

花すゝき一夜はなびけむさし坊


名月に犬ころ捨る下部かな


千葉殿の仮家ひけたりかれ尾花


寒月や枯木の中の竹三竿


与謝蕪村に戻る