黒岩鷺白

『古今綾嚢』



文化6年(1809年)、刊。自序。道彦跋。

鷺白は草津温泉望雲七代目黒岩忠右衛門。雲嶺庵。芳草舎。

   脇起百員(殷)

六月やいたる処に温泉の流
   闌更

 氷室のさくら山ほとゝぎす
   鷺白



柴人や蝶ともならで鼾かく
   鷺白
  八木沼
霧は地をおしはしりてや朝の月
   一魚
  生方
梅お(を)れば我袖てらす月夜かな
   詠帰
  高崎
後の月遅ざくらよりあはれなる
   雨什
  前橋
さしもなき物にかれ野のむら烏
   素輪
  妻沼
三月や黄鳥籠に日のあたる
   五渡

星逢の夜をかくれたる鼓かな
   可良久

はつ日影いひふるしても筑波山
   五翁
  本庄
江にうつる雲のはづれに啼蛙
   一馬

しらなみをはなるゝいろや秋の月
   みつ女

夜をふかく岩ふむうへの火串かな
   双烏
  深谷
秋来しや風にこゝろのひるがへる
   素山

雨の芒簔着しなりに暮にけり
   丹鳳
  川田谷
修理小屋の昼めしくらしわか楓
   菜英
  八王子
宮守のあさ寝わらはん神の留守
   星布

梅に月へだてなき夜となりにたり
   喚之

松に月をたゝき出したる碪かな
   可麿
  下総松戸
涼しさや芦の動かす浮御堂
   斗囿
  曽我野
児の寝るに時はきらはず小春空
   雨塘
  江戸
蝶舞や薪三把も門ふさげ
   成美

雪の人見る見る我も転びけり
   宗讃

蝶の凍(いて)菜虫の春にかへらずも
   柴居

正月がへる夜々の霞かな
   一茶

はつ秋の老母草(おもと)にかゝる手水(てうづ)かな
   恒丸

焼栗の飛で暦を焦しけり
   兀雨

月の秋見事に雨のやむ夜かな
   春蟻

春の雁ふたゝび遠き雲と水
   烏明

冬はたゞ山べの庵や手柴お(を)
   みち彦

直にこの席に寝たし庭すゞみ
   竹二

高瀬から焚さし貰ふ寒かな
   午心

梅をのみ白しとおもふ春辺かな
   完来

春雨や奈良の鹿には紅葉笠
   荘丹
  吹上
白砂や何に秋たつはま蓬
   喬駟
  竜が崎
口笛で人の出て来る袷かな
   翠兄
  甲陽
ひとたびは散てまた咲花もあれ
   蟹守
  信諏方
こがらしの見すへ(ゑ)てむかふ榎かな
   素檗

もろこしへ雲吹はらへ十三夜
   自徳

松風のいたづらするやほとゝぎす
   若人
  伊奈
かざし行扇のうへや峰の月
   鸞岡

早稲の香に君が代の月詠めけり
   伯先

はつ雪のいやがうへふるみさか哉
   壺伯

声癖の鶯はなつくもりかな
   蕉雨
  上田
雉子啼や山をはなれし夜の雲
   雲帯

とりいれぬ染木ふるびんやよ時雨
   麦二

客あるじしてしぐるゝひと夜ふた夜かな
   井々

夜ざくらとなれど戻らず釣の人
   如毛
  さかき
魚筥の底たゝきけりうめの花
   鉄舟
  戸倉
梅が香や昼はこゝろのさは(わ)がしき
   虎杖

花鳥と春はよみしを羽ぬけ鳥
   丈馬

ときどきはもゆる様子の火串かな
   蕉山

野はさらに園の梅さく日和かな
   鳳秋女
  松代
柴の戸やさやかに露の朝ぼらけ
   三圭

仲麿が魂まつりせん春の月
   蕪村

沙鶏(ぎす)売にきけば嵯峨野は糸芒
   似鳩

名月のあけがたゆかし人通り
   蝶夢

山鳥のさは(わ)ぐは鹿のわたる哉
   几董

さし向ひ居るや川洲の秋烏
   丈左

水鳥の羽風に破るあらしかな
   重厚
  大坂
枯芦や水の日南(ひなた)のさゞれ魚
   二柳

八陳の桜出べき門戸なし
   大江丸
  三州
きさらぎや花に煤はくよし野山
   卓池

曙や紙帳にかゝる竹の露
   木朶
  尾州
寒空やたゞあかつきの峰の松
   暁台

芦の穂にかゝへ込たる月夜かな
   松兄

月によし茶によし水の山路来て
   岳輅

遠里や花の余波(なごり)を鳩が啼
   士朗
  信善光寺
海見ればむかふ高なり雪の暮
   柳荘
  麻野
さめざめとはつ日の前の都鳥
   竜卜
  
淡雪や杉まだらなる南やま
   春耕

花桐の陰くむ水のふかきかな
   兎園
  越後
金風や吹透したる釣樟原
   甘井
  十日町
おぼろにはおよばぬ物よ三日の月
   桃路
  奥白石
鹿はらめおのがすむ野の木瓜を見て
   乙二
  本宮
老て行長者に子なき寒かな
   冥々
  仙台
春の雨宮守なんどおもふ日に
   丈芝
  南部
黄檗へ児つれて行枯野かな
   素郷
  羽秋田
浚ひ井の水に鰥を活(いか)しけり
   五明
  甲斐
なでしこの咲とおもへばさかりかな
   嵐外
  摂津
雉子啼や狗背(ぜんまい)蕨野は眠き
   一草
  加賀
暮行ばやしほにあかき春の影
   斗入

声は人の家ごしにたてゝ浮寝鳥
   鹿古
  チリフ
散雲の時雨は遠し冬の月
   祖風
  駿沼津
雪空や決して黒き物ふらん
   官鼠

うちかへしむすぶや葛の下清水
   春鴻

小手まりの花に着そむる袷かな
   雉啄
  伊勢
消もせん有明月の浜ちどり
   樗良

蓬莱や父にかしづく長ばかま
   宗居

   当山引杖寄温泉人々
  出羽
行夏や草をほりても温泉の匂ひ
   長翠
  尾張
夏の日を晒して出湯の滝津波
   羅城
  甲斐
名残あり月の草津の霧時雨
   可都里

温泉の山や木履ふみかく秋の風
   寥松

湯車の米にもなれて今朝の秋
   巣兆

たゞたのめ草の露まで薬なる
   空阿

もらはやな草津の草に夏氷
   葛三

秋こゝに双なき山の露さへよ
   白雄
  玉村
長き夜や杉の雫の地を穿つ
   勇水

黒岩鷺白に戻る