加舎白雄

『春秋稿』(第三篇)



天明3年(1783年)
7月8日、浅間山大噴火

10月27日、春秋庵は火災に遭う。

11月12日、『春秋稿』(第三篇)此君序文。

春秋稿三篇 

空癖やおばなが末のゐのこ雲
白雄

蝶のはむ薄鶏頭の浮根かな
眉尺

蔦うすく葛こきかぜの桂哉
  信戸倉簾雨

日のかげや蔦の葉ごみのから卵
古慊

鶏頭に連雀の尾の乱りかな
  八王子星布

   隠室薄酒興

はる雨やあとなくふりし網代杭
下総曽我野兎石

人は何と我はさびしき鶏頭花
  信戸倉鳥奴

赤犬の常山花の中に吠る哉
   嵯峨重厚

ひぐらしや盆も過たる墓の松
   蝶夢

差捨しまぶしに霧の雫かな
   相中柴居

いなづまや鞨鼓(かっこ)うつ家のさゝくろめ
 相州酒匂大梁

柿布着し男いくたりたのむの日
  武箕田文郷

 月

堪ずしも薄雲出るけふの月
   尾陽暁台

月かなしめくら歌よむ夜もすがら
   艸津鷺白

   雨塘翁隠棲午明楼上

月ひと夜出しほの森はわすれざる
白雄

白雲の月におくるゝこよひ哉
呉水

月の栄あまりてひとつ星光る
眉尺

   やくせしかひありてこよひの清光に白雄詞宗
   呉水坊を幽棲にまちほけしを

月せめてこよひばかりとおもひしに雨塘

   興つきず棲をくだつて江にのぞむ

みほ竹におもひぞとゞく江の月見
白雄

汐やみつ遠浅もどる月の人
   呉水

江の月や小舟の綱に浪きよる
   眉尺

脛かゆしたけかり山の艸かぶれ
   戸倉丈馬

ゆふ栄やおもひがけなきこぼれ栗
 相中田島蛙声

さなきだに秋ふかき秋を鳩ふきす
   戸倉可明

 秋風

海のうへなにをかるへに秋のかぜ
   仙台也寥

海ばたや浮木をひろふあきの風
   伊セ斗墨

声かなし暴風にたちしよるの鶏(鶴)
 信上穂町伯先

   春秋庵に武野行脚のるすをへて

むさし野や菊を心の日やり旅
春鴻

挟山越けんころもとふ月
白雄

冬ちかみしらふの鷹の餌に倦て
重厚

軒なる橿の雨をふくみし
呉水

蒸々と茶莚はこぶ門の朝
柴居

土竜のあげし土をふみふみ
斜月



白ぎくの日にうつろはで咲にけり
 相中中村馬門

うすたれやかさも紅葉も雨の音
   江都成美

露霜や甲斐の女馬の一つらに
   相中春鴻

   高麗郡を流るゝこま川と云ふあたりにて

しぐるゝやこまの桴のおくれ乗
春鴻

   春秋庵に借瓶してやゝ貧に慣たり

炭買いに瓢たゝきて出しかな
呉水

うづみ火やかりもてありく寮隣
文郷

   十月廿七日の夜半にや、丙丁童子のために
   ちかきわたり一掃してわざはひ池魚に及び
   ぬれば、その夜の霜の覆ひなんいと浅まし
   く、朝夕とひとぶらふ友どちが家らも時の
   間に灰燼とぞなれりける。わがいほりに松
   あり、時雨の楯と愛せしふるとしをおもひ
   めぐらして、先なみだを落しぬ。

霜の声ものいへば竹のこたふなり
   白雄

 雪

原之雪雪白砂に暮るゝ哉
  武吹上橋志

   二国橋上

朝の間や橋より川へ雪かきす
眉尺

隨身の落馬興ある雪見哉
   几董

荊棘なすながれのうへのつらゝ哉
 越出雲崎以南

くだら野や髪薙て行人にあふ
   喚之

   艸庵衾にかふる酒なし

薄ぶすま菊焚て客をとめてけり
   柴居

朝かぜや軒ちかき梅にわすれ弓
   眉尺

はまかぜや社のうめの先匂ふ
   植栗夜光

梅の中に紅梅見ゆるやしきかな
  奥松島丈芝

   人日

わかな野に三輪の酒売出そめけり
   暁台

風の柳やなぎも花のあるものを
   柴居

はるの月雉(カ)裂はくもりけり
   盛岡素郷

   淵明の五柳はしらず

青柳やたれのがれすむ村はづれ
  武吹上東阿

はるの柳瓶にいれてはものさびし
   江都巨計

春秋稿三篇 

ゆふすみれあゆみなれたる道のほど
   江都栄路

春の草むしらで門に蝶まけむ
   呉水

はかなくて世を経んよりはわらびうり
  武蓮沼似鳩

 はるの鳥に題す>

わするまじよ入江わするな帰る厂
   也蓼

巣のうちにあまる尾長の尾先哉
   厚木来之

玄鳥啼て夜蛇をうつ小家かな
   蕪村

古里や茶がらを捨る花のもと
橋志

桃咲て土居に酒うる女かな
   加賀一菊

折来しはさくらにあまるおもひかな
   江都松什

山吹や岩がね水の底あかり
  武飯能轍之

狭蓑ほす里のやすみや更衣
   文郷

ぬぐもつらし花にふれたる此ころも
雨后

衣さまさまほすを長女が卯木哉
乙艸

舟苫の雨はものかは勧農鳥
蛙声

かしらやむ夜もかたごゝろ杜宇(ほととぎす)
   呉水

蜀魂(ほととぎす)晦日より後夜の鐘聞し
   柴居

たそがれや市に印地のみだれうち
   柴居

苗の長道にちつきの雨晴ぬ
   眉尺

嵐つきて又わすれ啼夜のせみ
蛙声

   竹睡日

竹植る顔に葉わけの嵐かな
素輪

夜葛魚にかひある月の出しほ哉
馬門

束鮒の流れおよぎに日のあつき
馬門

むしぼしの衣に蝶飛春恋し
  曾我野民女

うき海松や舟の徳しる離れ岩
白雄

いけ鯛やうき木のごとき筌すゞし
呉水

   舟ゆくまゝの芙峰市街にかくれたるを

うしろすゞし筑波はかくす家もなし
白雄

ひやし瓜母も目覚る頃ならん
蛙声

しづかさや団扇にくるゝ九十九髪
   可明

朔日の入日を秋のはじめかな
   也寥

簾戸に秋たつけふの心哉
   橋志

杉の木は杉の香たてゝ秋たちぬ
   古慊

生のこる身もまぼろしのとうろ哉
   上田麦二

 追加四時混雑

雪解て隣の遠き山家かな
   江都百卉

わすれ音に啼妻猫や春のしも
   浪花二柳

馬のあとかれ野の野越いそがるゝ
白雄

江都本石三町目
前川権兵衛
書肆   京寺町松原上
辻井吉右衛門

加舎白雄に戻る