旅のあれこれ文 学


吉井勇ゆかりの地

『五足の靴』 ・ 吉井勇の歌碑 ・ 吉井勇の歌

 明治19年(1886年)10月8日、東京芝区高輪に生まれる。

 明治33年(1900年)4月、東京府第一中学正則科に入学。

 明治35年(1902年)4月、進級の際に落第。攻玉社中学校に転校、4年に編入された。

 明治38年(1905年)、吉井勇は新詩社に入社。

 明治40年(1907年)7月28日から8月27日まで、与謝野寛北原白秋木下杢太郎、吉井勇、平野万里の5人で九州西部を中心に約1ヶ月の旅した。

 明治41年(1908年)4月27日、石川啄木上京。5月2日、石川啄木は与謝野鉄幹に連れられて観潮楼歌会に出席。初めて吉井勇と逢う。

 明治41年(1908年)10年29日、石川啄木は吉井勇と共に北原白秋を訪ねる。

 明治41年(1908年)12月、新詩社を脱会し、北原白秋木下杢太郎、石井柏亭らと「パンの会」を結成。

 大正2年(1913年)10月、吉井勇は「海水館」に寄宿した。この頃久保田万太郎を知る。

 大正11年(1922年)10月4日、永井荷風は吉井勇と島原の角屋で飲む。

午後吉井君と島原の角屋に飲む。夜九時半の汽車にて歸京の途につく。此夜月またよし。


 昭和4年(1929年)12月、九条武子三回忌の記念として『白孔雀』(吉井勇編)出版。

 昭和5年(1930年)、渋民村を訪れる。

 昭和6年(1931年)5月、初めて土佐に遊び、伊野部恒吉を知る。

 昭和8年(1933年)、伊予を経て土佐に入り、韮生の山峽猪野野の里に帯留。

 昭和9年(1934年)4月、吉井勇は再び韮生の山峽猪野野の里を訪れる。

 昭和8年(1933年)、吉井勇は妻と離別。

 昭和9年(1934年)4月、吉井勇は再び韮生の山峽猪野野の里を訪れる。

 昭和9年(1934年)11月、土佐に入り猪野々(香北町)に廬(渓鬼荘)を結んで隠棲。

 昭和10年(1935年)3月、久々に東京へ帰る。

 昭和11年(1936年)4月11日、渓鬼荘を発ち四国路を歩く。琴平、多度津、丸亀、高松などに遊んだ。

 昭和11年(1936年)5月2日、高浜から瀬戸内海の島を巡る。大三島、伯方島、生名島(いきなじま)因島を経て、5月13日、尾道に着く。

 昭和11年(1936年)5月24日、広島ではからずも小杉放庵に邂逅、一緒に比治山広島城などを見る。

 昭和11年(1936年)6月8日、下関から門司に渡る。10日、高浜虚子が欧州旅行の帰途、関門海峡を通過する。

 昭和12年(1937年)6月、今治から伯方島を訪れ有津(あろうず)の宿に滞在。

 昭和12年(1937年)10月、高知市築屋敷に住む。国松孝子を迎え、新婚生活に入った。

 昭和13年(1938年)10月、土佐から京都に移る。

 昭和20年(1945年)2月、富山の八尾町に疎開。

 昭和25年(1950年)4月、吉井勇は久保田万太郎等と伊勢路の旅をする。

 昭和27年(1952年)5月28日、吉井勇は孝子夫人と共に天草を訪れる。

 昭和30年(1955年)6月、札幌市の丸善で個展を開催することになり北海道に旅をした。

 昭和31年(1956年)5月、阿蘇に遊ぶ。

 昭和32年(1957年)5月25日、京都を出発、高知に向かう。

 昭和34年(1959年)3月、長崎を訪れる。

 昭和34年(1959年)6月、吉井勇は土佐に赴き、伊野部邸の歌碑を見る。宇和島、道後を巡って帰京。

 昭和34年(1959年)、吉井勇夫妻は播磨路を巡る。

 昭和34年(1959年)12月3日、博多に赴き、稲佐山の歌碑除幕式に出席。

 昭和35年(1960年)11月19日、74歳で没。

   京都祇園建仁寺にて、吉井勇告別式

案のごとくしぐるゝ京となりにけり

『流寓抄以後』

渋民公園

(岩手県盛岡市)

文学の散歩道

桜土手公園(千葉県市川市)

鞍馬寺

(京都府京都市)

二尊院

(京都府京都市)

角 屋

(京都府京都市)

広島城

(広島県広島市)

吉井勇の歌碑巡り

猪野々(高知県香美市)

門司港

(福岡県北九州市)

旅のあれこれ文 学に戻る