虚子句碑


星野立子句碑

立子の句

「玉藻俳話」 ・ 『句帖』 ・ 未刊句日記 ・ 『句日記』T ・ U

 明治36年(1903年)11月15日、東京府麹町区富士見町(現・東京都千代田区)に生まれる。高浜虚子の次女。高浜年尾の妹。

 大正14年(1925年)4月25日、鎌倉彫職人の星野吉人と結婚。

四月二十五日。二女立子、星野吉人に嫁す。

 ぼうたんや神二柱影さして


 大正15年(1926年)3月10日、最初の作句。

まゝ事の飯もおさいも土筆かな

『立子句集』

 昭和5年(1930年)2月、長女早子(のちの星野椿)誕生。

 昭和5年(1930年)6月、初の女性による主宰誌『玉藻』を創刊する。

 昭和7年(1932年)、妹の晴子を京都の旅に伴い、続いて松江へ。

 昭和8年(1933年)6月16日、高浜虚子は旭川俳句大会のため北海道へ。立子同行。

 昭和20年(1945年)3月末、早子を連れて小諸に疎開。

 昭和20年(1945年)4月14日、高浜虚子は立子と共に懐古園に遊ぶ。

 昭和21年(1946年)11月18日、高浜虚子は秋月を訪れる。年尾・立子同行。

 昭和23年(1948年)6月10日、高浜虚子は氷川丸に乗船。小樽へ。年尾・立子同行。

 昭和24年(1949年)10月18日、高浜虚子は四国・九州の旅に出る。立子同行。

 昭和26年(1951年)9月15日、高浜虚子は黄金丸に乗船。松山へ。年尾・立子同行。

 昭和27年(1952年)11月8日、城島高原に虚子親子句碑の除幕式。虚子は年尾・立子を伴って臨席した。

 昭和28年(1953年)10月6日、高浜虚子は立子と共に山中温泉へ。

 昭和30年(1955年)5月、「詫びの旅」

 昭和32年(1957年)10月4日、高浜虚子は敦賀市の招待を受けて星野立子と敦賀へ。高木晴子は金沢から敦賀へ。

 昭和34年(1959年)5月、虚子の跡を承けて、中村草田男 石田波郷と共に朝日新聞の俳壇選者となる。

 昭和40年(1965年)4月8日、『虚子一日一句』発行。

 昭和48年(1973年)11月30日、『句日記』T刊。

 昭和49年(1974年)2月20日、『句日記』U刊。

 昭和59年(1984年)3月3日、80歳で死去。

 昭和59年(1984年)、星野椿は『玉藻』主宰を継承。



そよりとも風はなけれど夜涼かな
   立子

千年の神燈絶えず去年今年
   椿

界隈のたらだら祭なる人出
   高士

芝大神宮(東京都港区)



春風にのり大天狗小天狗

高尾山薬王院(東京都八王子市)



大佛の冬日は山に移りけり

高徳院(神奈川県鎌倉市)



古さとに似し山河かな遍路くる

曩祖八幡宮(福岡県飯塚市)



虚子堂と名つけしことよ萩芒

佛心寺(福岡県太宰府市)



  こゝに見る由布の雄岳や蕨狩
   年尾

大夕立来るらし由布のかき曇り
 虚子

  これがこの由布といふ山小六月
   立子

城島高原パーク(大分県別府市)

高浜虚子・年尾・立子・汀子の句碑


大浪に静かな寺や夏炉守る
   立子

冬海や一隻の舟難航す
   虚子

夏炉守り寺守り雨の一日寒
   年尾

この浜に立ちし虚子あり蝦夷の夏
   汀子

真證寺(北海道白老郡白老町)

立子ゆかりの地

句碑除幕すぐに似合ひて蝶とべり

観音埼灯台(神奈川県横須賀市)

星野椿の句碑



春風や森羅万象瑞々し

高尾山薬王院(東京都八王子市)



逢坂の流れは清し初桜

関蝉丸神社(滋賀県大津市)

虚子句碑に戻る