2008年福 井

永平寺〜句碑巡り〜
indexにもどる

福井と言ったら、永平寺であろう。


寛元2年(1244年)、永平寺創建。開基は道元禅師。

曹洞宗大本山の寺院である。

 元禄2年(1689年)8月11日、芭蕉は天龍寺から永平寺を訪れている。

 五十丁山に入て、永平寺を礼す。道元禅師の御寺也。邦機千里を避て、かゝる山陰に跡をのこし給ふも、貴きゆへ有とかや。

『奥の細道』

種田山頭火の句碑があった。


てふてふひらひらいらかをこえた

水音のたえずして御仏とあり

生死の中の雪降りしきる

平成2年(1990年)7月9日、永平寺山頭火句碑奉賛会建立。

勅使門(唐門)


 享保6年(1721年)、露川は門人燕説を伴い永平寺に参詣している。

  吉祥山永平寺に詣

諫鼓鳥山は千衆を入れながら
   無外


永平寺川に架かる橋


 明治42年(1909年)10月10日、河東碧梧桐は永平寺を訪ねた。

 座禅堂、開山堂、仏殿を始め、庫院の前に吊り下げられた、黒塗りにした丈余の擂粉木(すりこぎ)までを拝観して、最後に山門の楼上に昇った。楼の欄干に凭ってふと仰ぐと、庫院の裏庇の方に、繩からげにした芋胡茎が、ずらりと吊るし干しにしてある。胡茎の外に、蕎麦のような物も並べて掛けてあった。七堂伽藍の棟割りの整然とした、タタキの廻廊まで履物を許されぬ掃除の行届いた、この永平寺の境内に入ってから、頭もキチンと四角張るように思うていたが、その胡茎の繩からげを見ると同時に、今まで引締っていた箍(※「竹」+「輪」)が急にゆるんだような心持がした。かほど隅々にまで清浄の気が満ちておるようでも、やはりお寺はお寺じゃと思うて、山門を下りた。

『続三千里』(永平寺まで)

 大正14年(1925年)9月1日、荻原井泉水は永平寺に泊まっている。

松の木の影の深い山を越えると、夕日の色のうっすりとさしている麓の小さな部落に出た。そこが永平寺の門前だった。門前にも宿の看板をあげた小さな家があるけれども、私達は寺にとめて貰うこととして門を入った。大きな松の木に蜩がすずしく鳴いている境内には、数多い堂や衆寮が段々に高みをなし、又右に左に列って、それ等が悉く廻廊を以てつなげられていた。

『随筆芭蕉』(永平寺まで)

玲瓏の滝


 昭和2年(1927年)8月1日、斎藤茂吉は東京を立って、永平寺のアララギ安居會に出席した。

   第四回安居會 自八月二日至八月六日於永平寺

あかつきに群れ鳴く蝉のこゑ聞けば山のみ寺に父ぞ戀(こほ)しき

『ともしび』

 昭和2年(1927年)10月、小杉未醒は「奥の細道」を歩いて、永平寺を訪ねた。

 越前福井より輕鐵で永平寺に行く、お寺は立派なお寺、参詣の人々の爲に、玄關に俗の5、6人も机をひかへ、今普請で中々のにぎはひ、よく新聞で、管長争ひの騒ぎを見るほどの、富有熱閙寺、杉の木立の間に、唐風の建築、山門前の晝食に蕎麥をしたゝめ、又福井へ取つてかへす、


傘松閣の天井画


 昭和6年(1931年)1月7日、与謝野晶子は永平寺を訪れている。

永平寺法のみやこの石橋をくぐれる水のうつくしきかな

山法師追ひ給はねど日の入りてひと時のちの永平寺出づ

「深林の香」

階段状の回廊


 昭和11年(1936年)7月4日、 種田山頭火は永平寺を訪れ、参籠している。

 昭和18年(1943年)11月16日、高浜虚子は永平寺を訪れている。

滝風は木々の落葉を近寄せず

廻廊を登るにつれて時雨冷え

木々紅葉せねばやまざる御法かな

今も尚承陽殿に紅葉見る

      十一月十六日 越前永平寺。


通用門を出ると、高濱虚子・熊澤泰禅・伊藤柏翠の句碑があった。


殊にこの御法の梅の早きかな
   熊澤泰禅

今も尚承陽殿に紅葉見る
   高濱虚子

雪深く仏も耐えて在しけり
   伊藤柏翠

熊澤泰禅は永平寺第七十三世貫首。

福井の俳人伊藤柏翠を通じて高濱虚子と親交を結んだそうだ。

昭和55年(1980)11月、熊沢禅師十三回忌を記念して句碑建立。

 昭和29年(1954年)9月27日、水原秋桜子は永平寺を訪れている。

   二十七日、永平寺にて

蕎麦咲けり雲水峡(かい)をいできたる

大野分すぎて法堂(はつとう)揺らぐなし

『玄魚』

 昭和35年(1960年)5月、山口誓子は永平寺を訪れている。

   永平寺

禪の天藤房暗く懸りたり

萬緑に藥石板を打ち減らす

『青銅』

 昭和36年(1961年)、高野素十は永平寺へ。

   夏行、永平寺 三句

門前のたうもろこしの小家かな

雨のふるたうもろこしの小家かな

婆のゐるたうもろこしの小家かな

『芹』

 昭和47年(1972年)、山口誓子は永平寺を訪れている。

   永平寺

大雪を冠りて木々も低頭す

大雪が押す禪堂の雪圍ひ

禪堂の屋根落ちし雪砦なす

雪の七堂雪の棟雪の棟

『不動』

2008年福 井〜に戻る