旅のあれこれ文 学


伊藤柏翠ゆかりの地

 明治44年(1911年)5月15日、東京に生まれる。本名は勇。

 昭和14年(1939年)、療養所で同じく結核を患っていた森田愛子と会う。

 昭和17年(1942年)、愛子を追って三国を訪れ同居。

 昭和18年(1943年)11月15日、高浜虚子は三国を訪れる。

十一月十五日。昨夜八時五十分上野より乗車、金沢を過ぎて金津
駅下車。柏翠・愛子・美佐尾の出迎を受け、それより三国に到る。
愛子居。

 里人の時雨姿の中にあり

 米倉は空しく干鱈少し積み


 昭和24年(1949年)4月26日、高浜虚子は和倉温泉加賀屋に泊まる。柏翠同行。

 昭和28年(1953年)10月7日、山中温泉に高浜虚子の句碑を建立。伊藤柏翠撰文。



秋水の音高まりて人を想ふ

 昭和28年(1953年)10月7日、虚子は柏翠夫妻の案内で明達寺に非無和尚を見舞う。

稲の道車を駆りて故人訪ふ

      十月七日 非無和尚を明達寺に見舞ふ。立子、柏翠夫妻と共
      に。


 昭和28年(1953年)10月8日、柏翠新婚披露。

人の世の虹物語うすれつゝ

      十月八日 三国虹屋にて。柏翠新婚披露。永諦の寺にて句会。


世移り蘆の中洲はもとのまゝ

      十月八日。三國虹屋にて。柏翠新婚披露。永諦の寺にて句會。

『七百五十句時代』

 昭和31年(1956年)6月5日、高浜虚子は羽黒山に登り、芭蕉の跡を訪ねた「最上川」。途中から伊藤柏翠も同行した。

 昭和32年(1957年)10月4日、高浜虚子は敦賀を訪れる。伊藤柏翠も同行。

 昭和56年(1981年)より毎年来萩。萩花鳥句会を指導。

 昭和60年(1985年)5月、福野花鳥俳句會は高浜虚子の句碑を建立。伊藤柏翠書。



立山の其連峰の雪解水

 昭和62年(1987年)11月、福井県花鳥俳句会・福井県ホトトギス会は伊藤柏翠喜寿に当たり虚子・柏翠・愛子の句碑を建立。



落葉踏み又斯る日のありやなし
   柏翠

迎へ傘三国時雨に逢ひにけり
   虚子

啄木鳥や山門までの杉襖
   愛子

 平成3年(1991年)7月7日、水見悠々子の句碑を建立。伊藤柏翠撰文。

平成11年(1999年)9月1日、没。

平成15年(2003年)、樫鳥会は伊藤柏翠の句碑を建立。



僧留守の仏を蟇のしかと守る

柏翠の句碑



摩周湖は凉し太古の色のまゝ

温泉民宿森の家(北海道川上郡弟子屈町)



荒俣の紅葉の月の光そむ

荒俣峡(石川県小松市)



日本海秋潮となる頃淋し

東尋坊(福井県坂井市)



雪深く仏も耐えて在しけり

永平寺(福井県吉田郡永平寺町)



虚子独り銀河と共に西に行く
   虚子

   この潮騒は念佛の声
   柏翠

法雲寺(福井県福井市)



百株の牡丹百の菩薩ども

国清禅寺(兵庫県南あわじ市)



この花の松陰を生み志士を生む

吉田松陰誕生地(山口県萩市)

旅のあれこれ文 学に戻る