旅のあれこれ文 学


西条八十ゆかりの地

 昭和13年(1938年)9月、陸軍の要請により音楽部隊の隊長として中支戦線に従軍。隊員に古関裕而がいた。

 昭和14年(1939年)11月、西条八十は皇紀2600年を前に神武天皇ゆかりの宮崎神宮高千穂峡美々津港等を訪れる。

 昭和18年(1943年)6月、古関裕而等と霞ヶ浦へ出張。

 昭和19年(1944年)1月26日、下館に疎開。

 昭和21年(1946年)6月5日、下館音頭を作詞。

 昭和26年(1951年)4月、小奴の経営する角大旅館に立ち寄る。

 昭和26年(1951年)4月、啄木の墓を訪れ、即興詩を作る。

 昭和35年(1960年)3月26日、下田に西条八十の歌碑建立。

 昭和36年(1961年)11月、「王将」発売。

 昭和37年(1962年)、「岩惣」に泊まる。

 昭和44年(1969年)、川越小唄の碑建立。

 昭和45年(1970年)8月12日、逝去。


西条八十が啄木に捧げた自筆の歌碑

啄木小公園(北海道函館市)

石川啄木一族の墓

(北海道函館市)

羽黒山

(山形県鶴岡市)

「若鷲の歌」の歌碑

陸上自衛隊武器学校(茨城県稲敷郡阿見町)

下館音頭の像

(茨城県筑西市)

草津温泉

(群馬県吾妻郡草津町)

霧積温泉「きりづみ館」

(群馬県安中市)

川越小唄の碑

時の鐘(埼玉県川越市)

西条八十の歌碑

まどが浜海遊公園(静岡県下田市)

「友情の石ふみ」

(山梨県甲州市)

別所温泉「臨泉楼柏屋別荘」

(長野県上田市)

酒造コレクション〜坂井銘醸〜

(長野県千曲市)

まりと殿さまの歌碑

和歌山城(和歌山県和歌山市)

西條八十の掛軸

みやじまの宿岩惣(広島県廿日市市)

西条八十の詩碑

船木神社(愛媛県新居浜市)

神武天皇御舟出の地

美々津(宮崎県日向市)

旅のあれこれ文 学に戻る