河東碧梧桐

碧梧桐の句


   『新俳句』

明治29年(1896年)

赤い椿白い椿と落ちにけり

   『春夏秋冬』

明治34年(1901年)

闇中に山ぞ峙つ鵜川かな

   『新傾向以前』

明治36年(1903年)

   元日

元日の雪降る城の景色かな

   『続春夏秋冬』

明治38年(1905年)

門構へ小城下ながら足袋屋かな

   『新傾向句集』

明治39年(1906年)

   即 景

静かさや燈台の灯と天の川

   水戸好文亭

沓の跡芙蓉の下に印すらん

   勿来関趾

松の外女郎花咲く山にして

   弥五郎坂を越ゆ

坂を下りて左右に藪あり栗落つる

   雲巌寺

冷やかに十境三井の名所かな

   安達が原にて

宝物の鬼気も蝕む秋の風

   会津熱塩温泉即景

遊園に囲ひし山の芒かな

水菊の花や慈覚の露の降る

   峩々温泉主人の句を乞ふまゝに

菊の日を雪に忘れずの温泉(ゆ)となりぬ

   芭蕉蓑塚

蓑ぬぎし晴れを思ふや帰り花

   中尊寺

苔青き踏むあたりにも霜柱

明治40年(1907年)

   陸奥浅虫温泉にて

立春大吉と堂々と書して送りけり

   道山沿ひとになりて足下に平館海峡を見る

風立てば霞の奥も波白し

   平舘に砲台の跡存す

構へたる並松もあり春の水

   尾花沢

尾花沢沢潟沢の後の名か

   清川上陸

遽か雨も冬の近さや西風も

   本合海即景

鍬形の流れに星座紅葉かな

   古口といふ子規子がむさき宿と記せし所なり

宿帳に大字落々と記す秋

   酒田本間氏別墅

木もなくてしぐるゝをかし外廓

   羽黒山南谷にて

朴落葉俳諧の一者残らまし

明治42年(1909年)

岩を割く樹もある宮居躑躅かな

   昇仙橋即詠の内一句

滝に景は尽きたれど躑躅奥ありて

   戸隠奥社即時

飯綱より雲飛ぶ橡の若葉かな

   親不知

蝉鳴かず空なる浪に親しめず

   浪化上人の真蹟を拝して

御筆の御年の程も涼しけれ

明治43年(1910年)

   島原城跡

一揆潰れ思ふ汐干の山多し

   伊予松山にて

銀杏寺をたよるや御船納涼の日

明治44年(1911年)

   谷汲観音

門前の走り水花桐に来て

大正3年(1914年)

   弔鳴雪翁

梅ばかり十枝あまりをまゐらせん

   『八年間』

大正5年(1916年)

水鳥群るゝ石山の大津の煙

大正6年(1917年)

山を焼く相談の酒になる哉

   肘折温泉

枝豆の葉のまゝの値づけやすく

枝豆を買ふ朝毎の山なぞへ見る

枝豆を買ふ熱閙の夕明りなる哉

   『碧』

大正13年(1924年)

桜活けた花屑の中から一枝拾ふ

時鳥川上へ鳴きうつる窓あけてをる

   『三昧』

大正14年(1925年)

瀬戸に咲く桃の明方の明日の船待つ

桜活けた十日あまりのけさの花のある

名残りの土筆つむ松三本のよりて立つかげ

鮎の初漁の日橋のそこらまで出でぬ

   栗林公園即時

水べの石夕明りして渡る橋の一つを

大正15年(1926年)

温泉まはりして戻りし部屋に桃の活けてある

明るくて桃の花に菜種挿しそふる

昭和2年(1927年)

島に住めば柑子沢山な正月日和

昭和3年(1928年)

汐のよい船脚を瀬戸の鴎は鴎づれ

   伊予川之江

釣舟見れば鱚のつりたく波足洗ふ

このページのトップに戻る

河東碧梧桐に戻る