2012年愛 媛

石手寺〜碑巡り〜
indexにもどる

松山市石手の国道317号沿いに石手寺(HP)という寺がある。


天平元年(729年)創建、行基の開基と伝えられる。

真言宗豊山派の寺である。

四国八十八箇所霊場の第51番札所。

参道の入り口に正岡子規の句碑があった。


南無大師石手の寺よ稲の花

 明治28年(1995年)9月20日、日清戦争から帰還療養中の子規が、友人柳原極堂とともに石手川に沿って石手寺を訪ねた。たんぼの稲の花もたわわなころの51番札所の石手寺での感懐。『散策集』中の句。

 昭和13年(1938年)遍路橋ほとりに自筆を拡大して建て、後ここにうつした。

松山市教育委員会

   俳句の里 道後コース14番

参道の右手に地蔵院がある。

地蔵院に山頭火の句碑があった。


うれしいこともかなしいことも草しげる

 昭和9年(1934年)7月1日、小郡の「其中庵」で詠まれた句。『其中日記(六)』に収録。

仁王門


国宝だそうだ。

仁王門を入ると、左手に与謝野晶子の歌碑があった。


伊予の秋石手の寺の香盤に海のいろして立つ煙かな

 昭和6年(1931年)11月3日、与謝野寛・晶子夫妻は石手寺に参拝している。

伊豫の秋石手の寺の香盤に海のいろして立つけむりかな

別るべき伊豫の港よ松山の古町(こまち)の雨にぬれつこぞこし

「緑階春雨」

昭和50年(1975年)11月、建立。

 昭和9年(1934年)、中村草田男は松山に帰郷。石手寺を訪れている。

   石手寺にて

夕風や乞食去りても遍路來る

『長子』

宝物館の手前にも子規の句碑があった。


身の上や御鬮を引けば秋の風

 明治28年(1995年)9月20日、日清戦争から帰還、二番町の愚陀仏庵で夏目漱石と同居、療養中に子規が柳原極堂とともに石手寺を散策した時の句。その時拾った御くじは「24番凶 病は長引く也」とあり、「わが身にひしひしとあたりたるも不思議なり」と『散策集』に当日の感懐を記している。

松山市教育委員会

   俳句の里 道後コース15番

『寒山落木』(巻四)に収録。

   石手寺

秋風や何堂彼堂彌勒堂

   石手寺

護摩堂にさきこむ秋の日あし哉

『寒山落木』(巻四)

三重塔


高さ25m。

国指定の重要文化財である。

三重塔の裏に「祭芭蕉翁塚」があった。


祭芭蕉翁塚(花入れ塚)

宇知与利テ波奈以礼佐久戻牟女津波几
(※「テ」は「氏」の下に「一」)
(打ち寄りて花入れ探れ梅椿)

出典は『句兄弟』

 松山藩主松平貞直の藩医青地彫棠が、元禄5年(1692年)12月20日(太陽暦2月25日)、芭蕉・其角・桃隣・黄山・銀杏を迎えて連句の会を催したとき、席上に梅椿いけてあるのを見て芭蕉の詠んだ発句である。「花器にいけた梅椿に春の訪れを探ろう」という意味の句で、これをこれを彫棠は門人の越智擲瓢(てきひょう)に伝え、その孫青梔(せいし)が明和7年(1770年)芭蕉没後77年に石手寺の境内に埋め「花入塚」を建てて、同名の俳書を刊行した。

松山市教育委員会

   俳句の里 道後コース16番

『諸国翁墳記』に「花入塚 伊豫松山石手寺在 鳳枝井連中建」とある。

鳳枝井は青梔の父、鳳枝井麦邑。

宝暦13年(1763年)春、没。

庭木に埋もれて「芭蕉翁」の碑があった。


花入塚を清浄し二百回忌をいとなむ

本堂


国指定の重要文化財。

本尊は薬師如来。

大師堂


 以前は夏目漱石や正岡子規等多くの名士が落書きして、一名落書堂とも言われていたそうだ。

2012年愛 媛〜に戻る