高浜虚子の旅

「肥前の國まで」

indexにもどる

 大正11年(1922年)3月15日、高浜虚子は九州に向け出発、途中京都駅下車。16日、岡山下車。17日、下関着。18日、門司へ。19日、長崎着。

3月16日

銀閣寺


此庭が相阿彌の作であると言ふ事は豫て聞き及んで居たが、其の庭作りの頭の中からこんな銀沙灘と言ふやうなものが生れて來た事は驚異に値する。それは庭一面に高い白沙の段を築き上げて、それに粗い箒目を筋かひにつけたものでその隣に椀を伏せたやうな小高い山が同じく白沙で出來て居る。何の爲と言ふ事はない、これは庭の景趣を増す爲に築き上げたものであらう。無中有を生ずる筆法でこれあるが爲に庭の趣は活氣に富んで變化の妙を極めて居る。

3月19日

 九時四十分頃山陽ホテルを出て、連絡の汽船に乘つて門司の驛につく。十時二分發の列車で長崎に向ふ。禅寺洞君も福岡迄同行する。連絡船までは杏冲、周一、麥村の三君の見送りを忝うし、門司の停車場には竹紫郎君が送つて呉れた。

 鳥栖より岐れる長崎線は始めてである。佐賀、早岐等の驛を過ぎて大村湾に沿うて走る。琵琶湖に沿うて走るのと同様に風光がいゝ。諫早も過ぎて段々長崎へ近づいて來る。

3月20日

大浦天主堂


 彦影君に導かれて直ぐ上の天主堂を見る。此天主堂は慶應に出來たものであつて、丁度此日儀式があつて信者の男や女達が來會して居つた。我等の行つた時は晝休みであつたが、なほ女の信者が二三人柱の下にうづくまつて居るのがあつた。額には豐臣氏時代にスピノザ以下三十餘人の日本の信者が磔になつて居る圖が油繪になつて懸つて居た。これは西洋人の描いた油繪であるといふ事であつた。此地方はキリシタンバテレンの信仰の力と、それを壓迫する政府との爭鬪の痕が到るところに見られる。

史跡料亭花月


長崎に入つて如何にも南國らしい暖かさを覺えたのは一夜ぎりであつて、今朝から非常な寒さを覺える。宿から著物を取りよせて重ね著る。こんな事は此地には珍しい事であるさうな。三時過に晝餐のを終つて一同再び丸山の花月に行く。此處で鶴の枕、山陽の書、去來の書、同じく文臺等を見て女將の懇篤な導きの下に裏の庭園までも見る。

高島秋帆旧宅


 散會後、茨花君の案内で高島秋帆の別業であつたといふ丸山の「たつみ」と言ふのに赴く。既に十時を過ぎて居たのであるが、折角の好意であるから赴くことにする。主人公茨花君を始めとして浅茅、庫輔、彦影、及び佐世保の紅々君が一座した。歌妓三四輩が席に侍した。秋帆の居間であつた梅の間といふのを見る。揮毫などして此家を辭したのが翌日午前一時半頃であつた。

3月21日

 此日の天候は風は凪いで居たが寒さはなほ強い。諫早で島原鐡道に乘り換へて愛野驛で下車。乘合自働車に乘つて小濱につく。小濱までの道は海岸づたひの峠を二三度越えるのである。千々石彎の風光がいゝ。

雲仙温泉「九州ホテル」


 小濱と言ふ所は温泉宿等もあつて相當賑かな所である。此處で乘合自働車を捨てゝ、貸切の自働車に乘つて温泉に行く。温泉までの道は悉く上り坂であつて、急角度をなして曲つて居る處も多い。それを運轉手は巧みに梶を取つて自働車を驅る。九州ホテルにつく。

 支配人の案内でゴルフ場になつて居る妙見ケ嶽の麓の芝原を上る。仁田まで上ると山の彼方も展望するといふ事であつたが、道の半ばで御免を蒙つた。併しその高きに上つて下の五萬坪許りのゴルフ場を見渡した光景は頗るいゝ。土地が乾いて空豁な所は普通の温泉場では見られぬ光景であつて、一寸經井澤などに似た趣がある。

清七地獄


 それから歸路矢嶽の麓の坂道を少し上つて九州ホテルの裏に出る。その下に見下す光景は異常な光景であつて、即ち噴火口に當る所であつて、噴烟は到る處に漲つて居る。而して我九州ホテルは丁度その中間に位して居る。元君が噴火口上に舞踏するといふのは丁度此事だと言ふ。温泉事務所も郵便局も其他數棟のホテルも皆此噴火口にあるのであつて、噴烟の中に包まれて居る。それから徐々とその噴烟の中を歩いて見る。何々地獄といふ土地から湯が噴出して居る所が何ケ所かある。道は其間にうねうねとついて居て可成危險な思ひをする。遂に九州ホテルに歸る。夕を食つて暫く雜談し温泉に這入る。温泉は硫黄泉だ。森閑とした山の中の宿は熟眠を貪るのに好適だ。三人各々別室の寢室の中に埋れて寢た。

3月26日

須磨寺


木下氏も共々須磨寺の境内を散歩する。敦盛の首塚、義經の腰掛松、敦盛の首を洗つたといふ池、若木の櫻等を見て、須磨寺に參詣し、其處で木下氏に別れて、須磨停車場へ急ぐ。

高浜虚子の旅に戻る