2013年兵 庫

禅昌寺〜碑巡り〜
indexにもどる

神戸市須磨区禅昌寺町に禅昌寺という寺がある。


禅昌寺参道


明治元年(1868年)5月23日、伊藤博文は初代兵庫県知事に赴任。

参道を上ると右手に伊藤博文の詩碑があった。


聞通老僧移錫処   延文遺跡尚存留

満山紅葉無人稀   風色蕭々古寺秋

昭和26年(1951年)3月、建立。

明治初年、伊藤博文が若くして初代兵庫県知事のころ、秋の一日この禅昌寺に観楓に来たときの作です。

禅昌寺山門


山門を過ぎると、「芭蕉」の句碑があった。


友まつと見えず紅葉に一人かな

出典は不詳

禅昌寺本堂


臨済宗南禅寺派の寺である。

本堂の左手に瓢水の句碑があった。


本尊ハ釈迦か阿弥陀か紅葉かな

延宝6年(1678年)、滝瓢水は播磨国別府に生まれる。

宝暦11年(1761年)5月、大坂で没。享年78。

大阪の持明院に墓碑がある。

本堂の向かいに露城の句碑があった。


濃きうすきもみぢはいづれ寺の塵

嘉永4年(1851年)、瀬川露城は播磨姫路に生まれる。

明治40年(1907年)、無名庵十五世となる。

昭和3年(1928年)5月8日、78歳で没。

大正11年(1922年)3月26日、高浜虚子は禅昌寺で俳句会。

正午から板宿の禅昌寺に於て俳句会。会者約百名。

兼題「春風」のうち。

 ひろびろと丘の道なり春の風


2013年兵 庫〜に戻る